栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

症例:46歳女性 顔貌変化

case reportこれは分からなかったなあ。
実際にこんな主訴でいらっしゃったらどう考えるか?
勉強になります。

症例:46歳女性 顔貌変化

BMJ 2018;360:j5605 doi: 10.1136/bmj.j5605 (Published 11 January 2018)

 46歳の女性が血算異常で紹介となった。血算は白血球 20000/L(正常 4000-10000/L)、Hb 6.8g/dL、血小板 7.9万/L(14-45万/L)だった。
 病歴を確認すると、6か月前から徐々に顔面の変形が見られる様になり、それによって社会的に孤立してしまったとのことだった。貧血によって疲労感が強く傾眠状態となったため病院を受診された。

f:id:tyabu7973:20180113155843j:plain

(本文より引用)

質問. 診断は

続きを読む

論文:SR 肥満患者に対する体重減少介入の効果:死亡率・心血管イベント・悪性腫瘍

肥満患者に対する体重減少介入の効果:死亡率・心血管イベント・悪性腫瘍
Effects of weight loss interventions for adults who are obese on mortality, cardiovascular disease, and cancer: systematic review and meta-analysis

BMJ 2017;359:j4849

【目的】
 成人の肥満患者に対する体重減少介入効果が全死亡・心血管・癌死亡、心血管イベント・悪性腫瘍・体重変化に与える影響を評価する
【デザイン】
 ランダムエフェクトモデル、リスク比の見積もり、平均差、Cochran Q・I2検定を用いた異質性評価ランダムを用いてランダム化比較試験のシステマティックレビューとメタ解析を行った。エビデンスの質はGRADEで評価された。
【データ元】
 MEDLINE・Embase・Cochrane Central Register of Controlled Trialsで全文見ることが可能なデータベースを検索し、筆者にも未発表データについて問い合わせた。
【組み入れ基準】
 成人肥満患者に対する体重減少を目標とした食事療法のRCTで、1年以上のフォローアップ期間があり、運動療法の併用の有無は問わない。
【結果】
 54のRCT、3万206人の患者が組み入れられた。1つの研究以外では低脂肪の減量食の研究だった。質の高いエビデンスを元にした解析では、全死亡減少は、34研究/658イベント/RR 0.82:0.71-0.95で有意であり、1000人あたり6人(95%CI:2-10人)の死亡を減らす効果だった。

f:id:tyabu7973:20180113154946j:plain

(本文より引用)
 エビデンスレベルが中等度のデータからは、心血管死亡減少は8研究/134イベント/RR 0.93:0.67-1.31と有意ではなく、エビデンスレベルが非常に低いデータからは、がん死亡減少は、8研究/34イベント/RR 0.58:0.30-1.11と有意差は認めなかった。
 心血管イベントは24研究/1043イベント/RR 0.93:0.83-1.04と有意差なく、エビデンスレベルがとても低いデータによる新規の癌発症は19研究/103イベント/RR 0.92:0.63-1.36と有意ではなかった。
【結論】
 成人肥満患者に対する低脂肪食などの体重減少を目的とした食事療法は、運動療法の有無にかかわらず全死亡を減らすかもしれない。

【批判的吟味】
・成人肥満は全死亡・心血管死亡・癌・糖尿病などのリスクを上げることは知られていますが、それに対する食事療法が臨床アウトカムを減らす効果があるかは十分分かっていません
・更には体重減少によって有害事象が起こったという報告もあります。
・正直なところ、食事療法のRCTではその介入内容の遵守率の問題が大きいと思います。
・また、システマティックレビューでまとめてはいるものの、その介入内容の異質性も大きく関連すると思います。
・実際の体重減少効果は、1年で-3.42kg、2年で-2.51kgと経時的に効果が減弱する結果でした。
【個人的な意見】
 体重減少介入のランダム化比較試験の結果を見ると、いつも思うのが「人間だもの」ということでしょうか。介入そのものが重要と言うよりも、介入した人が行動変容を起こしたことが重要なのではないかと思います。そういった意味では、正直なかなか結果が出なくても仕方ないかあと思います。
 1000人介入して6人の死亡を減らす介入と言われた時にどう考えるかは悩ましい所ですねえ。とはいえ、体重減らしましょうとは言いますけどね・・・