読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

症例:BMJ 54歳男性 胸部異常影

case report今回はBMJからです。実臨床っぽくて良いです。 症例:54歳男性 胸部異常影 BMJ 2017;356:j1188 doi: 10.1136/bmj.j1188 20PEの喫煙歴がある54歳男性が、6週間前からの発熱、食欲低下、悪化する咳嗽、呼吸困難感で受診された。既往歴はCABG施行歴…

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー 手術の意志決定共有

ミネルヴァ結構良いです。さらっとジャーナリングするのに最適。興味があれば、是非本文を。 さて、今週は締め切り三つですね。

論文:RCT 急性および慢性の坐骨神経痛に対するプレガバリン

急性および慢性の坐骨神経痛に対するプレガバリンTrial of Pregabalin for Acute and Chronic Sciatica N Engl J Med 2017;376:1111-20. 【背景】 坐骨神経痛は日常生活に障害をもたらす疾患である一方、薬物治療に関するエビデンスは限られている。プレガバ…

お勧めMV:「Can't stop」Red Hot Chili Peppers

お勧めMV久々に。とにかくレッチリにはまってた時代がありました。 お勧めMVは色々あるんですが今回はフルシアンテ全盛期の、「Can't stop」です。 この曲は音色ってこんなにシンプルにしてもいけるんだなあっていう驚きと、フルシアンテまじすげーという感…

NEJM Knowledge+:45歳男性 呼吸困難

NEJMのKnowledge+です。 羽田空港なう。テザリング頑張れ!という感じ笑 症例:45歳男性 呼吸困難 45歳男性が、4日前から悪化する呼吸困難を主訴に救急外来を受診された。妻曰く、数年前に歯科処置数日後に、間欠的な発熱があり3週間前から無気力状態だった…

ACPJC:Therapeutics α遮断薬は有害事象を増やさずに尿管結石の通過を促進する

ACPJCです。このテーマは決着着いてないですかねえ。個人的には現時点で積極的には使用していませんが・・・ Alpha blockers for treatment of ureteric stones: systematic review and meta-analysis. Hollingsworth JM, Canales BK, Rogers MA, et al. BMJ…

MKSAP:脊椎関節症/スタチンの副作用/夜間低血糖/紅皮症

1年が終わりますね。MKSAPも途切れることなく続けられました。4月からはいい加減MKSAP17になる予定です。 Q1 32歳男性。4ヶ月前から緩徐発症の腰痛。朝と夕方に強く、下肢、臀部への放散はない。夜間痛があり、休んでも軽快しない。アセトアミノフェン、ナプ…

症例:Lancet 84歳男性 膝関節腫脹・疼痛

case report今回はLancet infectious diseaseです。これも色々勉強になりました。 症例:84歳男性 膝関節腫脹・疼痛 Lancet Infect Dis 2016; 16: 506 2012年に、84歳の中国人男性が進行性・慢性経過・非外傷性の左膝関節腫張・疼痛を主訴に受診された。既往…

Review:Lancet 2型糖尿病

Cです。久しぶりの投稿です。 さすがLancet、コモンな疾患に切り込んで行きますね。にしても時間かかったなー。 薬剤はメトホルミンが第一、とゆーか予防と多方面からの介入が重要という至極尤もな内容。 新薬に飛びつく事も時には大事かもしれませんがこう…

論文:RetroCohort 救急医のオピオイド処方パターンと長期使用のリスク

救急医のオピオイド処方パターンと長期使用のリスクOpioid-Prescribing Patterns of Emergency Physicians and Risk of Long-Term Use N Engl J Med 2017;376:663-73. 【背景】 米国でオピオイドの過剰使用が増えている一因に、医師による処方があるだろう。…

お勧め漫画:月光条例

お勧め漫画ひさびさに。藤田和日郎作品はずっと読んでいて、古くは「うしおととら」なんですが、その後からくりサーカスも読みつつの月光条例でした。 正直絵はちょっと暑苦しかったりはするんですが、ストーリーや世界観の広がりがいつも感動します。この伏…

NEJM Knowledge+:34歳女性 右季肋部痛

NEJMのKnowledge+です。 年度末は色々忙しいですねえ。そして、当たり前ですけどネガティブフィードバックをもらうと凹みますね。まあ、できることを少しずつ。謙虚にやります。 症例:34歳女性 右季肋部痛 34歳女性が10時間前に発症した重度の右上腹部痛を…

ACPJC:Therapeutics 敗血症患者では持続的抗菌薬は間欠的抗菌薬と比較して病院死亡を減らす

ACPJCです。このテーマはまた微妙な所です。集中治療領域ではTDM導入して持続ってあるとも聞きますが・・・ Randomized clinical trial of observational versus antibiotic treatment for a first episode of CT-proven uncomplicated acute diverticulitis…

MKSAP:VZV予防/ポリポーシス/高山病/胃術後

年度末感出てきてますね。花粉症が辛いですね。今回はたかやまびょうがありますよ(笑) Q1 20歳男性。約2日前にVZV感染症になった親戚と会った。最近、急性骨髄性白血病の診断を受け、シタラビン、ダウノルビシンを標準量で1サイクル終了した。幼児期の水痘感…

症例:NEJM 67歳男性 頚部腫脹・嚥下障害

case report今回はNEJMです。もう目を通した人も多いかもしれませんが。結構衝撃でした〜 症例:67歳男性 頚部腫脹・嚥下障害 N Engl J Med 376;9 nejm.org March 2, 2017 67歳男性が、冠動脈造影を施行して数時間後に頚部腫脹、嚥下障害、嗄声が出現し救急…

論文:Prospective cohort HERDOO2ルールが女性の静脈血栓症の治療期間をガイドできるか?

HERDOO2ルールが女性の静脈血栓症の治療期間をガイドできるか?Validating the HERDOO2 rule to guide treatment duration for women with unprovoked venous thrombosis: multinational prospective cohort management study BMJ 2017;356:j1065 【背景】 H…

論文:RCT 栄養療法開始後の体重減少維持

栄養療法開始後の体重維持Maintenance of Weight Loss After Initiation of Nutrition Training A Randomized Trial Ann Intern Med. doi:10.7326/M16-2160 【背景】 体重減少介入が成功した後にリバウンドすることはよくあることである【目的】 肥満患者の…

今週のカンファ:深部脳刺激療法(DBS)/虫垂粘液腫/カニカマとカニアレルギー

カンファ内容は久々にアップ。あ、カンファレンスはもちろん真面目にやってますよ〜 深部脳刺激療法(DBS) Deep Brain Stimulation なんか略語はまあそのままですが・・・これって先日NEJMで本態性振戦に対するRCTで出ていたやつですかね?確認したところ、…

NEJM Knowledge+:30歳女性 術前に・・・

NEJMのKnowledge+です。 今週は遅々として進まず・・・ 症例:30歳女性 術前に・・・ 30歳女性がびらん性関節リウマチで外来通院中で、エタネルセプトとメソトレキサートで治療されている。高血圧既往もある。1週間以内に繰り返す胆石仙痛に対して、待機的胆…

ACPJC:Therapeutics  単純性の左室結腸憩室炎では経過観察でも抗菌薬と比較して回復は同等である

ACPJCです。このテーマは認識していますが、まだ実践とはいってません。これもそろそろ日常プラクティスに落とし込んでいかなくては・・・ Randomized clinical trial of observational versus antibiotic treatment for a first episode of CT-proven uncom…

MKSAP:糖尿病患者の皮膚/COPD患者の手術/肛門管癌の治療/HIV患者の肺病変

最近1時間で4問から5問へとスピードアップしました。N先生がいなくなると辛くなるか。そしてタイトルが長い。 Q1 34歳男性。頚部と腋窩の皮膚が分厚くなってきた。皮膚の変化は左右非対称で、美容的に心配になってきた。2型糖尿病、高血圧、脂質異常症の既往…

症例:BMJ 呼吸困難感とレントゲン異常

case report今回は再度BMJです。さて、レントゲン一発です。 症例:70歳男性 呼吸困難感 BMJ 2017;356:j986 70歳男性が数ヶ月前からの息切れを主訴に来院。胸部レントゲンは以下で、この場合の最も疑われる疾患は何か? (本文より引用) 質問. 診断は?

地域医療ジャーナル 3月号:届きにくい世界とそのかすかな声

3月号発行されました。今月のテーマは「届きにくい世界とそのかすかな声」です cmj.publishers.fm なかなか詩的かつ哲学的なタイトルがつきますねえ。私は相変わらず、マイペース連載を続けています笑 cmj.publishers.fm 興味のある方は是非ご購読ください…

論文:RCT リマインダーデバイスの服薬アドヒアランスへの効果

リマインダーデバイスの服薬アドヒアランスへの効果Effect of Reminder Devices on Medication Adherence The REMIND Randomized Clinical Trial JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2016.9627 Published online February 27, 2017. 【背景】 忘れ…

Dトレ(ポリファーマシー連載3月号):スタチンを始めるか否か!?

連載第12回目です。さて、ようやく丸一年。ようやくです。薬局は痤瘡がメインテーマ。渋いですねえ。ポリファーマシーはついにスタチンが登場。その分厚いエビデンスにいどみます。 ご興味ある方は「治療」か「薬局」どちらかに掲載されておりますので是非本…

NEJM Knowledge+:8歳男児 運動ができない

NEJMのKnowledge+です。 クルズス終わってようやくブログ記事へ。週末は西日本へ旅立ち原稿は終わるのだろうか・・・ 症例:8歳男児 運動ができない 8歳男児が運動ができないとのことで受診。運動時の乾性咳嗽と胸部絞扼感あり。更に、運動開始早期に倦怠感…

ACPJC:Etiology 現在および過去のNSAIDs使用は心不全入院と関連する

ACPJCです。NSAIDs毎の比較は結構興味深いですね。セレコキシブは意外と心不全増やさないんだなあ・・・ Non-steroidal anti- inflammatory drugs and risk of heart failure in four European countries: nested case-control study. Arfe` A, Scotti L, Va…

Dトレ(ポリファーマシー連載2月号):血圧が高いのは心配です!

連載第11回目です。連載って本当に大変なんだなということを身に染みて感じています。というか最初に設定したフレームワークにやや無理がありました笑今月は生活習慣病に切り込んでいて、冬→高血圧→降圧薬!という感じです。高齢者の高血圧について整理して…

論文:RCT 夜間の筋クランプに対する酸化マグネシウムの効果 

夜間の筋クランプに対する酸化マグネシウムの効果Effect of Magnesium Oxide Supplementation on Nocturnal Leg Cramps JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2016.9261 Published online February 20, 2017. 【背景】 マグネシウム製剤は、夜間の筋…

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー 外傷画像検査における予期せぬ異常所見

ネタですね小ネタ特集ですが、興味のある方は是非元文献までどうぞ〜。まだまだ知らないことばっかり。

症例:Lancet 45歳男性 両手腫脹

case report今回はLancetから。両手腫脹の鑑別は!? 症例:65歳男性 両手腫脹 Lancet 2017; 389: 298 45歳男性が、両手の指近位部から手首にかけての腫脹がこの3か月で徐々に増悪傾向であるとのことでリウマチ科外来を受診された。 (本文より引用) 浮腫…

今週のカンファ:セファメジン+バンコマイシン/インフルエンザ後のTSS/院内レジオネラ

カンファは冬なので感染症が増えて来ましたねえ。色々思うところはありますね 笑 セファメジン+バンコマイシン Cefazolin and Vancomycin 血液培養でグラム陽性球菌が生えた〜という場合にどうゆうアクションを起こすか??多くの場合には、バンコマイシン…

NEJM Knowledge+:67歳男性 術前検査

NEJMのKnowledge+です。 今週は色々ありすぎて更新遅くなりました。少しずつですが、また明日も講演です・・・ 症例:67歳男性 術前検査 2型糖尿病既往のある67歳男性が新規発症の軽度の労作時呼吸困難感が数ヶ月前から出現したとのことで受診された。彼は関…

ACPJC:Therapeutics 70歳以上の高齢者では帯状疱疹ワクチンが帯状疱疹を減らす

ACPJCです。さて、日本でもそのうち打てるようになるでしょうか? Efficacy of the herpes zoster subunit vaccine in adults 70 years of age or older. Cunningham AL, Lal H, Kovac M, et al; ZOE-70 Study Group. N Engl J Med. 2016;375:1019-32. 臨床…

MKSAP:雷鳴頭痛/回転性めまい/ケロイド/血便

めまいの性状を聴取する意義は乏しいと教わりながらもタイトルに回転性と書いてしまう悲しい性。ではどうぞ。 Q1 56歳女性。突然発症の頭全体の痛みで救急外来を受診。36時間前に始まり、市販薬では軽快しない。高血圧の既往があり、生活習慣の改善で経過を…

論文:Cross sectional 一般診療の外来治療可能な疾患における診療継続性と病院入院率との関連

一般診療の外来治療可能な疾患における診療継続性と病院入院率との関連Association between continuity of care in general practice and hospital admissions for ambulatory care sensitive conditions: cross sectional study of routinely collected, pe…

Review:NEJM 渡航感染症

Cです。栃木で診療をしていて渡航感染症を疑う人は殆どいないので知識の整理になりよかったです。渡航感染症に対する国際的な取り組みの上に我々の診療が成り立っているんですね。感動です。 感染症に拘らず日本も全国レベルの疾患把握や情報の蓄積と共有、…

LESS IS MORE: ビオチン誘発性Graves病 A teachable moment

まあ、タイトルがかなり皮肉ですねえ笑ビオチンの認識はあまり無かったです。臨床検査技師さん達にとっては常識なのかもしれませんね。それぞれの持っている知識が有機的に繋がるにはどうしたら良いか、やっぱり合同で行うカンファレンスなんでしょうか・・…

今週のカンファ:失語は話さないと気付かれない/Fitz-Hugh Kurtis症候群の画像所見/脂肪塞栓症

カンファ来年度はまた少し変わるかもな。自らの立ち位置があまり上になり過ぎないようにやりたいんだけどなあ。無理かなあ・・・ 失語は話さないと気付かれない No talking, No diagnose aphasia 最近続いたので・・・急性発症の失語に気付いてもらえるかど…

NEJM Knowledge+:66歳男性 ワクチン相談

NEJMのKnowledge+です。 この手のものは日本と海外では全く変わってしまいますねえ・・・これ、2回目までは良いのですが、3回目は・・・とはいえ正解はできそうですが・・・ 症例:66歳男性 ワクチン相談 2型糖尿病と4年前からGOLD StageⅡのCOPDの既往があ…

ACPJC:Therapeutics 飛行機旅行中の乗客では弾性ストッキングが症候性DVTを減らす

ACPJCです。弾性ストッキングエビデンス再び!! Compression stockings for preventing deep vein thrombosis in airline passengers. Clarke MJ, Broderick C, Hopewell S, Juszczak E, Eisinga A. Cochrane Database Syst Rev. 2016;9:CD004002. 臨床上の…

MKSAP:脊椎関節炎/汎血球減少/不眠症/免疫不全者

答えがわからないようにタイトルつけると面白味が出ない。どうしたらよいものか。 Q1 38歳男性。3年前から腰部の痛みとこわばりを自覚。症状は朝強く、動くと軽快する。既往歴、家族歴はなし。時折アセトアミノフェンを内服し、痛みは少し和らぐ。バイタル正…

症例:BMJ 62歳女性 間欠的な血尿と側腹部痛

case report今回はBMJ。まあ、なんというかそのままなんですが・・・ 症例:62歳女性 間欠的な血尿と側腹部痛 BMJ 2017;356:i5391 6か月前から間欠的な血尿と左側腹部の疼痛があり受診。膀胱鏡および腎臓超音波検査では特記すべき異常所見を認めなかった。腹…

Review:JAMA 2型糖尿病と心房細動とNOACと

Cです。JAMAがコモンな疾患のレビューを書いてくれました。 残念なのは費用という点からの記述がない事、NOAC間の比較情報がない事でしょうか。 どの分野でもそうですが「では我が国では何を根拠にどうすれば良いか」というのが必ずぶつかる壁ですね。 もう…

論文:RCT 75歳以上の高齢者に対する厳格な降圧が歩行速度や移動制限に与える影響

Effect of Intensive Blood Pressure Control on Gait Speed and Mobility Limitation in Adults 75 Years or Older A Randomized Clinical Trial75歳以上の高齢者に対する厳格な降圧が歩行速度や移動制限に与える影響 JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamaint…

今週のカンファ:Kanavelの4徴/アスパラカリウムⓇとスローケーⓇ/骨折による出血量

カンファでの学びも相変わらず興味深いです。やっぱり症例シェアが重要ですね。知らないことたくさんだなあ。 Kanavelの4徴 Kanavel sign カンファで久々に名前を聞きました。 一応整理しておこうかと思います。Kanavel signは指の皮膚軟部組織感染症の際に…

NEJM Knowledge+:37歳女性 過多月経

NEJMのKnowledge+です。この時期の当直はなかなかきついっすね。 症例:37歳女性 過多月経 特に既往の無い37歳女性が、最近3年間、月経がひどくなり、疼痛も増しているとのことで外来を受診された。彼女の月経はもともと5日程度の持続期間だったが、 最近で…

ACPJC:Therapeutics 重症敗血症患者においてヒドロコルチゾンは敗血症性ショックへの進展を予防できない

ACPJCです。ステロイドの役割はやはり限定的ですね。 Effect of hydrocortisone on development of shock among patients with severe sepsis: the HYPRESS randomized clinical trial. Keh D, Trips E, Marx G, et al; SepNet-Critical Care Trials Group. …

MKSAP:抗MDRP薬/悪性症候群/高プロラクチン血症/アブレーション後

長らくお待たせしました。ややマニアックな問題でした。ではどうぞ! Q1 52歳男性。発熱、血圧低下でICUに入室。1年前に表面積のおよそ20%に及ぶ熱傷を負った。その後、皮膚移植のため頻繁に入院しており、1週間前にも左大腿部前面の移植をしている。最後に…

症例:Lancet 62歳女性 意識障害

case report今回はLancetからです。題名はネタバレですが、まあ気にしない。 症例:62歳女性 意識障害 Lancet 2016; 387: 2422 高血圧とコントロール良好な2型糖尿病の既往のある62歳女性が、家で床に倒れて反応がないところを家族に発見された。家族曰く、…