読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

在宅

NEJM Knowledge+:85歳女性 急性期治療後の話し合い

NEJMのKnowledge+です。 今週は良いペース。あとは原稿じゃ! 症例:85歳女性 急性期治療後の話し合い 85歳女性で重症COPD・高血圧・脳卒中既往・中等度認知症患者がCOPD増悪で入院した。年4回目の入院だった。自宅では、50歳の娘と45歳の息子に介護してもら…

デスカンファ:看取りは目的ではない

Tです。 先月末も怒濤のカンファレンス、学習会ラッシュでした。学習会では、隣接県で在宅医療に力を入れている医師の話を聞く機会があり、私達の地域での実践とも通じる部分がとても多く、学びの多い講演でした。 その中でも「看取りは(在宅医療の)目的では…

LESS IS MORE: 家に帰ろう、死ぬために・・・ Perspective

良い研修してるなあと。そして感性が素晴らしいです。沖縄中部病院の研修医?の先生の投稿を見つけて嬉しくなりました。意訳ですが載せさせて頂きます。

Review:BMJ 高齢者の転倒予防

Cです。今回は高齢者の転倒予防についてです。 こういったレビューっていいですね。CGAという概念がありますが正直自分は実臨床に応用出来ていません。でも高齢者を見るという事は特殊な知識と能力が必要なんですよね。他職種と連携するノウハウとコミュニケ…

論文:RCT 転倒している高齢者に対する自宅太極拳と下肢筋力トレーニングの効果

転倒している高齢者に対する自宅太極拳と下肢筋力トレーニングの効果Effects of Home-based Tai Chi and lower extremity training and self-practice on falls and functional outcomes in older fallers from the emergency department −A randomized cont…

Review:BMJ 転移性脊椎圧迫症候群

オンコロジー・エマージェンシーの一つですね。 緩和領域でも一般内科診療や救急診療と同様、病歴と身体診察が重要です。 特に「体が動かない」という訴えは見落とすべからざる落とし穴があります。 そのうちの一つです。ご覧下さい。 ※途中で日本発の予後予…

Review:NEJM 閉経後女性の骨粗鬆症

Cです。骨粗鬆症です。この通りに治療すると相当数の人にビス剤を投与する事になるんですが実際はそこまでは・・・。でも無治療の害をunder-estiamteしている気もするし… 皆様実臨床ではどうされているのでしょうか。

デスカンファ:死に目に会うこと

デスカンファも定期開催しています。 今回はグループホームでの看取り症例を、施設職員と診療所職員と振り返りました。この会もだいぶ定着してきました。 (※一部プライバシーの観点から内容を変更しています。) 90代女性。10年来のAlzheimer型認知症の患者…

論文抄読会:BMJ & Lancet ガイドライン推奨薬への併存疾患の影響/妊娠中の飲酒/自宅看取りがベストか?/ピロリ菌ワクチン/治療抵抗性高血圧にスピロノラクトン追加

■BMJ■ ガイドライン推奨薬への併存疾患の影響 Association between guideline recommended drugs and death in older adults with multiple chronic conditions population based cohort study*1 multimorbidityにどの様に対応していくかというテーマの論文…

論文抄読会:BMJ & Lancet 日本の在宅ポリファーマシー実態/試験問題の再現/肝性脳症レビュー/GBD2013結果/ステント狭窄への最適な治療

■BMJ■ 日本の在宅ポリファーマシー実態 Identification and prevalence of adverse drug events caused by potentially inappropriate medication in homebound elderly patients: a retrospective study using a nationwide survey in Japan*1 ポリファーマ…

今週のカンファ:HATCH score/濃厚流動食高い・・・/3連痰

今週のカンファまとめです〜今週はネタ満載だったので少しストックしておきます(笑)。 HATCH score HATCH score 恥ずかしながら今回初めて知りました。病院で働いていると心房細動を除細動するか迷うシチュエーションは結構ありますが、その後結局また心房…

論文抄読会:JAMA & NEJM 2型糖尿病への第一選択薬/食事に関するガイドライン/末期認知症ケア/肝性脳症での眼球所見/医学的事実と価値

■JAMA■ 2型糖尿病への第一選択薬 Metformin as initial oral therapy in type2 diabetes*1 この手のことが話題になるってこと自体が世界でさほど使われていないという証左な気もしますが。今回JAMA Intern Medに掲載された論文の紹介コーナーです。取り上げ…

論文抄読会:BMJ & Lancet 訃報 David Sackett/死亡1年前のADL障害度の経時的変化のパターン/重症MRSA感染症へのST合剤高用量/2型糖尿病への持効型GLP-1阻害剤/2型糖尿病かつACSへのアログリプチン

■BMJ■ 訃報 David Sackett*1 EBMの父David Sackett先生が亡くなりました。もちろん、私は直接面識はありませんが、多くのEBMerに多大な影響を与えた偉大なカナダの先生です。1967-1994年までカナダのオンタリオ州にあるMcMaster大学の臨床疫学の教授をしてい…

論文抄読会:JAMA & NEJM 過敏性腸症候群のレビュー/シフト勤務の睡眠障害への薬物療法/ホームレスへの住宅提供/大気汚染と子供の呼吸機能の成長/陰茎骨折

■JAMA■ 過敏性腸症候群のレビュー Irritable bowel syndrome A clinical review*1 普段なかなかNeglectiveな扱いを受けているIBS。IBS得意です!っていうお医者さんにはあまり出会ったことが無いかなあ。系統だって教わった記憶もあまりないかもしれない。今…

今週のカンファ:風呂に入りたい!/化膿性肉芽腫/非定型抗精神病薬とDKA

す今週はようやく一山超えた感じ。久々にがっちりカンファ参加です。雰囲気を和ませるために、小ネタを交えますが後輩に絡みにくいと言われる(笑)。本調子が出てきました・・・ 風呂に入りたい! I wanna take a bath! これは、結構鉄板のネタでしょうか。…

論文抄読会:BMJ & Lancet 勤務時間の長さと飲酒習慣/HCVスクリーニングの是非/改築による転倒外傷予防/伝統的な白内障突き落とし術後合併症としての急性眼内炎

■BMJ■ 勤務時間の長さと飲酒習慣 Long working hours and alcohol use: systematic review and meta-analysis of published studies and unpublished individual participant data*1 リスクの高い飲酒習慣はロシアで有名ですが(笑)、先進国でも危険飲酒群…

デスカンファ:デイサービスの役割は?

ちょっと前に参加したデスカンファは結構もやもやでした。なかなか消化不良でアウトプット出来る感じでは無かったのですが、少し時間が出来たので振り返ってみたいと思います。 70代女性。認知症もありつつ慢性閉塞性肺疾患/繰り返す誤嚥性肺炎などで、入退…

読んだ本:地域包括ケアシステム構築のためのマネジメント戦略-integrated careの理論とその応用-

地域包括ケア病床が始まって必要に迫られていくつか書籍を読んでいます。ネットでも調べると、この筒井先生の資料が複数出てきてかなり参考になりました。この本は、概論的な話や海外で取り組まれているintegrated careについて詳細に記載があって勉強になり…

論文抄読会:BMJ & Lancet ミネルバ/自傷行為の精神疾患リスク/食道裂孔ヘルニア review/ホームレスの疫学/精神科EBMの父 John Geddes

■BMJ■ ミネルバおもしろ論文紹介 MINERVA*1 ミネルバさんは今回は循環器・自転車にフォーカスしてましたねえ。24歳の自転車で転倒して左半身を強打した男性。左下肢の跛行、重い感じ、冷感を自覚していたのですが、診察上は正常色調、正常温でしたが動脈触知…

デスカンファ:「あきらめる」と「あきらめない」

恒例のデスカンファでした。私見ですが振り返ってみます。 都内で老人ホームに入所していた90歳代の方でした。慢性心不全、誤嚥性肺炎で長期入院後経口摂取が出来ず。中心静脈栄養・尿道カテーテル留置され、積極的栄養投与について相談。胃瘻等の人工栄養は…

読んだ本:たのしい緩和ケア・面白すぎる在宅ケア

週末で読んでみました。まずはサクサク読める分量が良いです。何より、宮森先生のお人柄が伝わってきます。(お会いした事はありませんが)いくつか印象的な言葉を本文より抜粋。 ”緩和ケアで患者の笑いが取れたら大成功” ”明日を生きる希望はなくとも、今日…