栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

患者教育

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー 脳卒中予後予測

前も取り上げていたBMJ MINERVAのおもしろ論文特集も復活させようと思います。改めてみると小ネタ満載で楽しいですね。興味のある方は是非是非チェックを!

ACPJC:Therapeutics EF低下心不全患者では看護師主導の心不全治療薬の調整が入院と死亡率を減らす

ACPJCです。なんか最近CPAPの副次効果は期待しないことにしております。 Nurse-led titration of angiotensin converting enzyme inhibitors, beta-adrenergic blocking agents, and angiotensin receptor blockers for people with heart failure with redu…

論文抄読会:BMJ & Lancet 食品サイズを小さくしよう/検査について患者に説明すべき事/股関節XpのOAへの診断精度/GBD2013での各リスク因子の死亡への影響/原発性胆汁性肝硬変レビュー

■BMJ■ 食品サイズを小さくしよう How smaller portion sizes might help tackle obesity*1 これもまあBMJらしい切り口ですが。この50年の間に食物・ジュースのサイズはだんだん大きくなっていると言われています。言われてみれば、ジュースの大きさも200ml缶…

論文抄読会:JAMA & NEJM 糖尿病性増殖性網膜症へのVEGF阻害剤/ハムストリング近位部損傷の治療/1型糖尿病への人工膵臓/エンパグリフロジンエディトリアル/高血圧治療の目標値

■JAMA■ 糖尿病性増殖性網膜症へのVEGF阻害剤 Panretinal photocoagulation vs intravitreous ranibizumab for proliferative diabetic retinopathy*1 1980年代の糖尿病性網膜症の研究でレーザー治療が増殖性網膜症の高度視力低下を50%減少させて以降、増殖性…

今週のカンファ:前頭葉梗塞と失語/脳梗塞と発熱/妊娠とレントゲン

今週のカンファまとめです〜今週は色々気付きを頂きました。 前頭葉梗塞と失語 Aphasia with frontal stroke 失語をきちんと診断できるようになるのは非常に難しく、しばしば誤診されていることも多い症状の一つです。一般的には言語運動野の障害による運動…

論文抄読会:BMJ & Lancet 糖に税は必要か?/手指衛生向上のための戦略/医療現場での針刺し事故/広島、長崎、福島/閉経後早期乳癌へのデノスマブによる骨折予防

■BMJ■ 糖に税は必要か? Could a sugar tax help combat obesity?*1 BMJで時々やっているディベート head to head。今回はsugar taxについての話題です。あまり聞き慣れない税金ですが、国によっては導入しているところもあるのだとか。ディベートなので、Y…

論文:うつ病再発予防にマインドフルネスに基づくグループ認知行動療法

うつ病再発予防にマインドフルネスに基づくグループ認知行動療法Effectiveness and cost-effectiveness of mindfulness-based cognitive therapy compared with maintenance antidepressant treatment in the prevention of depressive relapse or recurrenc…

論文抄読会:JAMA & NEJM 2型糖尿病への第一選択薬/食事に関するガイドライン/末期認知症ケア/肝性脳症での眼球所見/医学的事実と価値

■JAMA■ 2型糖尿病への第一選択薬 Metformin as initial oral therapy in type2 diabetes*1 この手のことが話題になるってこと自体が世界でさほど使われていないという証左な気もしますが。今回JAMA Intern Medに掲載された論文の紹介コーナーです。取り上げ…

今週のカンファ:真菌性副鼻腔炎/髄膜炎の髄液follow up/攻めるのか攻めぬのか

カンファは段々良い雰囲気になってきました。良い雰囲気のカンファが良いカンファかは分かりませんが・・・私の役割は呆けっぱなしか。 真菌性副鼻腔炎 Fungal rhinosinusitis 真菌性副鼻腔炎は、単なる現局性感染から急速に進行する致死的疾患まで幅広い疾…

論文抄読会:JAMA & NEJM 潜在性甲状腺機能異常と股関節骨折/退院時説明/前立腺癌治療方針へ影響する因子/高齢者への帯状疱疹ワクチン/潜在性結核レビュー

■JAMA■ 潜在性甲状腺機能異常と股関節骨折 Subclinical thyroid dysfunction and fracture risk*1 潜在性甲状腺機能異常関連の疾患リスクは色々なstudyが出ていますが、今回は潜在性甲状腺機能亢進症の話題です。過去の研究から甲状腺機能亢進症と股関節骨折…

今週のカンファ:下垂体卒中/家族は最大の観察者/Kluver-Buci症候群

一週間お疲れ様です。日々学びです!学びまくりです! 下垂体卒中 Pituitary apoplexy どうでも良いですが、”アポる”ってapoplexyからきてるんでしょうねえ。語源はギリシャ語の様です。 下垂体卒中は下垂体の血流障害によって、突然の頭痛・視力障害・眼痛…

論文抄読会:BMJ & Lancet 高齢者での喫煙の影響/伝染性単核球症/S状結腸鏡検診の結果/股関節手術を老年科病棟管理/難治性高血圧への総腸骨動静脈吻合/乳癌検診の過剰診断パンフレット

■BMJ■ 高齢者での喫煙の影響 Impact of smoking and smoking cessation on cardiovascular events and mortality among older adults: meta-analysis of individual participant data from prospective cohort studies of the CHANCES consortium*1 60歳以上…

論文抄読会:JAMA & NEJM 患者のキーパーソン/AMIへの抗凝固療法/会話を録音されたら/急性皮疹と髄膜炎の鑑別/STEMIのPCI時ルーチン血栓吸引

■JAMA■ 患者のキーパーソンPatients with next-of-kin relationship outside the nuclear family*1 米国では多くの州で本人の意思決定能力が無い時の決定権が規定されているんだそうです。基本的に、デフォルトは①配偶者>②成人した子供>③両親>④兄弟。 た…

論文抄読会:JAMA & NEJM 手術前に外科医に聞くこと/重症外傷での輸血方法/無症候性高ビリルビン血症/消化管出血の原因は?/急性期脳卒中への病院前マグネシウム投与

■JAMA■ 手術前に外科医に聞くこと What ask your surgeon before an operation*1 JAMAの患者さんシリーズ。今回はAmerican college of surgeonsから、手術前に医者に聞くことと題してコメントがされています。手術はしばしば人生を変える大きなイベントだし…

論文抄読会:JAMA & NEJM 敗血症での乳酸値の解釈/頚動脈狭窄スクリーニング/地方都市でのCVD予防計画/多系統萎縮症レビュー/高カリウム血症治療の新時代

■JAMA■ 敗血症での乳酸値の解釈 Lactate in sepsis*1 恒例のJAMAのdiagnostic test interpretationです。毎回検査の解釈については大変勉強になります。いつも通り症例から。【症例】67歳男性、心疾患・高血圧・肝硬変既往あり。5日前から発熱・咳嗽・倦怠感…

論文抄読会:JAMA & NEJM 有痛性皮疹/旅行者下痢症/聴力検査異常/愛する人の喪失による悲しみ/心疾患の薬剤を内服する患者の気持ち

■JAMA■ 38歳有痛性皮疹 A 38-year-old man with extensor surface papules*1 さて、これはClinical challengeのコーナー。画像一発これなんだ?という世界。皮膚科ってまさにこのパターン認識の繰り返しですよね。 患者さんは、1ヶ月前から両手・肘・上腕・…

論文抄読会:JAMA & NEJM 内科専門医資格の永久化/教育におけるdebriefingの文化作りを/ERでの資源利用の研修医-指導医の違い/禁煙のためのシチシンとニコチンの比較/HDLコレステロール引き抜き能と心血管イベント

■JAMA■ 内科専門医資格の永久化 Association between physician time-unlimited vs time-limited internal medicine board certification and ambulatory patient care quality*1 専門医資格についての話題。こうゆうのをきちんとコホート試験にして検証する…

今週のカンファ:HbA1cと貧血/主訴を置き換えない/年齢とメトホルミン

寒い雨はなかなか辛いですねー。今週は嫁ダウンにつき少しだけ”イクメン”っぽい感じでした。カンファは出ましたが・・・あと、予演会おつかれさまー。 HbA1cと貧血 Glycated hemoglobin and anemia HbA1c値が赤血球寿命の影響を受けることは有名ですが、貧血…

論文抄読会:BMJ & Lancet STEMI後の心血管イベントに対するACE vs ARB/犯人拘束追跡中の警察官の突然死/電話トリアージの効果/全身性エリテマトーデス

■BMJ■ STEMI後の心血管イベントに対するACE vs ARB Angiotensin receptor blocker in patients with ST segment elevation myocardial infarction with preserved left ventricular systolic function: prospective cohort study*1 ACE-i vs ARB的なstudyは…

論文抄読会:JAMA & NEJM 紹介先の選定方法/梅毒の検査/梅毒の治療/人工関節ガス壊疽/患者の期待の影響

■JAMA■ 紹介先の選定方法 Selecting a specialist adding evidence to the clinical practice of making referrals*1 プライマリケア医の専門医紹介率は医師によって5倍も異なる事が過去の研究から明らかになっています。まあよく紹介する医者と紹介しない…

論文抄読会:BMJ & Lancet 医者のコミュニケーション技術の患者評価/認知症の精神症状への薬物療法/インフルエンザワクチン批判/非外傷性脾破裂/Apgarスコアは現代でも有用か?

■BMJ■ 医者のコミュニケーション技術の患者評価 Understanding high and low patient experience scores in primary care: analysis of patients' survey data for general practices and individual doctors*1 情報開示の時代に突入し、医療のパフォーマン…

論文抄読会:JAMA & NEJM アメリカ急性期病院での抗菌薬使用頻度/MRSAやVRE保菌者の隔離/重症中枢神経疾患の発熱と中枢熱/感情的な選択/早期敗血症性ショックへのEGDT

■JAMA■ アメリカ急性期病院での抗菌薬使用頻度 Prevalence of antimicrobial use in US acute care hospitals,May-September 2011*1 抗生剤適正使用は世界各国大きな課題です。今回アメリカの急性期病院での抗菌薬適正使用を行う為に、まずは現状の疫学を調…

論文抄読会:BMJ & Lancet 医療不確実性の許容/いつもと異なる頭痛/持続性咽頭症状へのPPI投与/2型糖尿病へのインクレチン製剤/デング熱ワクチン

■BMJ■ 医療不確実性の許容 Intolerance of error and culture of blame drive medical excess*1 BMJのtoo much medicine特集の一環です。多くの医者がovertest、overdiagnosisに走りがち。その理由として大きく2つ有るのではないか?と論理展開されています…

論文:安定型狭心症へのPCIの効果の患者認識 

安定型狭心症へのPCIの効果の患者認識 Varidation in patients' perceptions of elective percutaneous coronary intervention in stable coronary artery disease: cross sectional study BMJ 2014;349:g5309 doi: 10.1136/bmj.g5309 (Published 8 Septembe…

論文抄読会:JAMA & NEJM 患者との意思決定共有/エビデンスベースは画一的医療では無い/臨床的に重要な差/家族への医療を提供すべきか/難治性喘息へのIL-5阻害剤

■JAMA■ 患者との意思決定共有 The connection between evidence-based medicine and shared decision making*1 Shared decision making(SDM)って概念は最近ガイドラインなどでもよく触れられていますが、実は1997年頃から提唱されてたんだそうです。ただ、…

論文抄読会:BMJ & Lancet 複視/医師患者関係のインバランス/創部と水泳/糖尿病性筋壊死/看護師数と院内死亡

■BMJ■【複視症例 Sudden onset double vision】*1 83男性の突然発症の複視。症状は右方視時のみで左眼球内転障害あり。結論としては核間性眼筋麻痺(IOM)だったと。核間性眼筋麻痺はMLF障害による内転障害が主病態。MLFは第6脳神経核(外転を支配する外直筋…