栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

検査

LESS IS MORE:画像検査のための禁飲食 A teachable moment

これも時折ありますね。胆嚢の超音波検査の結果は結構衝撃。でも、実際には見えにくいけどなあ・・・

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー 中耳炎に対する抗菌薬 他

ひさびさにミネルバですテンポよくサクサクいきましょう。移動時間にできちゃうのはラクチンです。①抗菌薬が必要な中耳炎小児は誰?②小児期の溺水③スタチンと大腸癌④GCAの診断⑤タトゥー⑥前立腺癌と精管切除⑦12脳神経

今週のカンファ:フェンタニルによる呼吸困難への効果/小腸出血の鑑別/潰瘍性大腸炎とANCA

カンファまとめですまあ、備忘録兼ねてですね。メンバーへの裏メッセージも笑 フェンタニルによる呼吸困難への効果 Effect if Fentanyl for dyspnea カンファレンスで話題になっておりましたが、どんなもんかなともう一度確認しておきます。 一般的に終末期…

LESS IS MORE: 線維筋痛症患者の抗核抗体 A teachable moment

うむ・・・まあ、普通。ちなみに、例外はSS-AとJo-1ですかね。まあ、普通ですね・・・振り回されるなと。

LESS IS MORE: トロポニンカスケード A teachable moment

確かにその通りなんですが、代替案はちょっと弱いかなあ。現場で循環器医師とコラボしてその都度検証していく作業は重要だなあと改めて思いました。

LESS IS MORE: ビオチン誘発性Graves病 A teachable moment

まあ、タイトルがかなり皮肉ですねえ笑ビオチンの認識はあまり無かったです。臨床検査技師さん達にとっては常識なのかもしれませんね。それぞれの持っている知識が有機的に繋がるにはどうしたら良いか、やっぱり合同で行うカンファレンスなんでしょうか・・…

今週のカンファ:食道ウェブ/視床下部機能障害/蓄尿Cペプチドの有用性

カンファネタ年越ししましたが・・・元に戻してみますね。 食道ウェブ Esophageal web and esophageal ring 意外といる様ですね。今回初顔合わせ。相撲みたいですが・・・笑。日本ではあまりringという言い方はしないみたいで、多くの症例が食道webとされて…

今週のカンファ:鰆とアニサキス/成長ホルモンとTG/利尿剤投与中の胸水評価

カンファネタもう一つ。さあて、あとは年内原稿2本+プレゼン1つ。間に合うかなあ・・・年明けもたくさんですが・・・ 鰆とアニサキス Spanish mackerel and anisakis アニサキスと言えば生魚なわけですが、皆さんはどんな魚を想像しますでしょうか?サバ…

MKSAP:HbA1cの解釈/卵巣癌/大動脈解離/HP体とは

MKSAP全問正解が続いています。問題が簡単なのか読むのがうまくなったのか。では張り切って! HbA1cの解釈 How to HbA1c ❶症例 48歳女性。HbA1cが8.5%(予測平均血糖197)。2型糖尿病で過去3ヶ月の空腹時血糖の平均は132。また月経過多による鉄欠乏性貧血に対…

今週のカンファ:間欠的菌血症/肺炎球菌尿中抗原の偽陽性/髄膜炎合併症としての脳膿瘍

カンファねたは夏休みの突入中ではありますね。今週私も休む予定ですよ笑 間欠的菌血症 Intermittent bacteremia 血液培養が生えたり生えなかったりすることがあるわけですが、多くの菌血症は持続性ではなく間欠的なことが多いわけです。 菌血症は主に3つに…

LESS IS MORE: 出来る限りシンプルに・・・ Keeping it simple A teachable moment

LESS IS MOREです。まあ、この手の話題も常識にはなっていますが、一応おさらいということで・・・普通だよね〜という方は全く問題ありません(笑)

今週のカンファ:甲状腺機能は正常範囲でも注意/味覚障害の原因薬剤/慢性胆嚢炎

今週のカンファまとめ。色々勉強になりますなあ。毎回毎回。 甲状腺機能は正常範囲でも注意 Normal range of thyroid functions 今回も改めて実感したわけですが、「甲状腺機能はたとえ正常範囲内でも要注意」という原則です。そういえば後期研修中のオーベ…

LESS IS MORE: HIT検査の乱用 Indiscriminate testing for heparin-induced thrombocytopenia A teachable moment

LESS IS MOREシリーズ!今回は日本ではちょっと馴染んでない感じも。”安易に検査ができないこ”とは大事です。そういえば、プロカルシトニンが測れるようになった後もこんな感じですもんね。最近当科では全く見ない検査項目です。

今週のカンファ:横断性脊髄炎/脳梁膨大部病変/カンジダ食道炎

今週のカンファあげときます。なかなか勉強になりました。まだまだ勉強不足なり。 横断性脊髄炎 Transverse myelitis なかなか出会う機会がないのでこれを機会にお勉強。まずはDiagnostic criteriaがあるんですねえ。Uptodateからさらっと載せておきます。そ…

MKSAP:水疱性疾患の診断/正常血圧性虚血性急性腎障害の診断/巨細胞性血管炎の診断/不整脈検査のための適切なモニター選択

MKSAPまとめ@C先生コーナー。一週遅れ。すいません、まとめ遅くて・・・ 水疱性疾患の診断Diagnose blistering disorders ❶症例 79歳男性。3−4週間前から掻痒感を伴う水疱が胸・腹・下肢に広がっている。水疱は緊満し黄色の液体が流れ出し治癒する前に固ま…

論文抄読会:BMJクリスマス大特集① クリスマス精神の局在部位/医学部各科の教授における女性の数と口ヒゲ男の数の比較/脳型ケーキの作り方/血も凍るような映画で本当に血は固まるか?/AVERT研究での予期せぬ出産ラッシュ

■BMJ■ クリスマス精神の局在部位 Evidence of a Christmas spirit network in the brain:functional MRI study*1 デンマークのコペンハーゲン大学の先生達から。クリスマスについて考えると脳のどの部位が活性化するかをfunctional MRIを用いて評価するぜと…

論文抄読会:JAMA & NEJM レジデントの鬱症状の頻度/ハイバリューケアが提供できる医者に教育する方法/SPによる介入が無駄な検査を減らすか?/爪にできた扁平上皮癌/疥癬流行集団への疥癬集団治療の効果

■JAMA■ レジデントの鬱症状の頻度 Prevalence of depression and depressive symptoms among resident physicians*1 レジデントにはうつが多く、うつ状態にあるレジデントは医療過誤やエラーが多いことが知られています。ただ、実際にどの程度うつ病もしくは…

論文抄読会:BMJ & Lancet 2型糖尿病での過剰検査/鼓膜にセメント!/ゲスト著者問題/治療抵抗性高齢者うつ病へのアリピプラゾール/プラーク型のグロムス血管腫

■BMJ■ 2型糖尿病での過剰検査 HbA1c overtesting and overtreatment among US adults with controlled type 2 diabetes, 2001-13:observational popuation based cohort*1 ADAの推奨などを見ても、糖尿病患者のHbA1c測定間隔は3ヶ月毎、年4回程度といわれて…

MKSAP:肝細胞癌の診断/カルシフィラキシスの診断/急性頚部神経根症状の管理/MEN 1の診断

MKSAPまとめです。これはまた時間かかりますな。さて寝よう。 肝細胞癌の診断Diagnose hepatocellular carcinoma ❶症例 55歳男性が、代償性肝硬変の定期通院で受診。最近は症状は無く、既往歴では慢性B型肝炎感染と食道静脈瘤があった。内服薬はナドロールの…

ACPJC:Clinical Prediction Guide CKD-EPI法によるGFR予測値は他の推定法よりも、PCI後の有害事象を予測する

ACPJCです。ちょっとマニアックなところですが、皆さんはeGFRを使い分けていますか?という話。 Choice of estimated glomerular filtration rate equation impacts drug-dosing recommendations and risk stratification in patients with chronic kidney d…

論文抄読会:JAMA & NEJM 肥満若年1型糖尿病患者へのメトホルミン/予定帝王切開出産時の長期予後/アンモニアの不適切な測定/門脈炎合併の憩室炎の一例/2型糖尿病患者へのGLP-1阻害剤

■JAMA■ 肥満若年1型糖尿病患者へのメトホルミン Effect of metformin added to insulin on glycemic control among overweight/obese adolescents with type 1 diabetes*1 これは以前から知りたいと思っていたテーマです。1型糖尿病は昔はみんな痩せてたので…

論文抄読会:BMJ & Lancet 食品サイズを小さくしよう/検査について患者に説明すべき事/股関節XpのOAへの診断精度/GBD2013での各リスク因子の死亡への影響/原発性胆汁性肝硬変レビュー

■BMJ■ 食品サイズを小さくしよう How smaller portion sizes might help tackle obesity*1 これもまあBMJらしい切り口ですが。この50年の間に食物・ジュースのサイズはだんだん大きくなっていると言われています。言われてみれば、ジュースの大きさも200ml缶…

論文抄読会:JAMA & NEJM 終末期患者への外科的介入/象が癌になりにくい理由/無症候性顕微鏡的血尿の評価/安定狭心症へのPCIと内科治療/冠動脈疾患に対するエベロリムス溶出生体吸収性Scaffolds

■JAMA■ 終末期患者への外科的介入 Surgical intervention in terminal illness- doing everything*1 最近このJAMAのteachable momentがお気に入り。結構良いこと書いてあります。まずは症例から。 症例は、70代後半の男性。認知症があり、自分では意思決定が…

MKSAP:尿路結石疑い患者に対する腹部CT/肺の無症候性小結節の評価/後縦隔腫瘍の診断/痛風患者に対する尿酸降下薬

MKSAPまとめです。このまとめはちょい時間かかりますな。 尿路結石疑い患者に対する腹部CT Evaluate a patient with probable kidney stones using noncontrast abdominal helical CT ❶症例 51歳男性が、数日前から片側の側腹部痛と微熱があるとのことで外来…

論文抄読会:JAMA & NEJM 腹部に繰り返す有痛性皮疹/大腸癌検診便潜血1回法と2回法/CCP抗体陽性で関節炎なしの患者予後/口腔内外骨腫/侵襲性カンジダ症

■JAMA+α■ 腹部に繰り返す有痛性皮疹 Recurrent painful abdominal rash*1 JAMAのClinical challengeのコーナーです。いつもの通り症例から。 80歳女性で糖尿病、高血圧、胃潰瘍、腹腔動脈閉塞、TIA既往のある女性が2日前から持続する側腹部の有痛性皮疹を…

論文抄読会:JAMA & NEJM 小学生近視予防にアウトドア活動介入/血小板増加/リード無しペースメーカー挿入/心不全の中枢性睡眠時無呼吸症候群へのASV

■JAMA■ 小学生近視予防にアウトドア活動介入 Effect of time spent outdoors at school on the development of myopia among children in China*1 近視は主に遺伝要因と環境要因で起こると言われていて、世界的にも疫学が異なると言われています。例えばアメ…

論文抄読会:BMJ & Lancet 薬を中止したいんです・・・/ウィキペディアの記事修正を巡って/造影剤腎症の予測モデル/新生児糖尿病と遺伝子/多発性硬化症再発への経口ステロイド

■BMJ■ 薬を中止したいんです・・・ A patient request for some "deprescribing"*1 この”deprescribing”っていう言葉は定着しそうでしょうか。脱処方?みたいに訳すのかなあ。 症例は52歳男性。14年前から2型糖尿病、9年前から高血圧の既往あり。非喫煙者で…

今週のカンファ:マクロCK血症/門脈大静脈シャント/鉄欠乏性貧血で大球性貧血

今週のカンファまとめ忘れてました〜。今週は見学の先生も来てくれたのでいつも以上に盛り上がってしまったかな。 マクロCK血症 Macro creatinin kinase マクロアミラーゼ血症は有名ですが、マクロCK血症は初めて知りました。CKにはCKMMとCKMBとCKBBがあると…

論文抄読会:JAMA & NEJM 抗核抗体検査/前立腺癌スクリーニング/低活動高齢者に対する運動プログラムの認知機能への影響/手術時のワーファリン中断/前夜処置の手術成績への影響

■JAMA■ 抗核抗体検査 Clinical significance of a positive antinuclear antibody test*1 恒例のJAMAのDiagnostic test interpretationです。要は検査結果の解釈についてエビデンスベースで勉強させてくれるコーナーという感じ。まずは症例が出てきます。 症…

論文抄読会:BMJ & Lancet COPDの誤診/1型糖尿病患者へのインスリンポンプ療法/糖尿病研究の常連著者と研究頻度・特徴/白斑レビュー/急性期脳卒中超急性期リハビリの効果

■BMJ■ COPDの誤診 Chronic obstructive pulmonary disease: missed diagnosis versus misdiagnosis*1 COPDは世界的にも非常に多い疾患で、2004年の正解の死亡統計では第4位と言われています。そのうち約75%が喫煙が原因と言われ、診断は非可逆的気流制限を…