栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

神経

論文:RCT 神経障害軽度の軽症虚血性脳卒中患者の機能予後に対するアルテプラーゼ vs アスピリン -PRISMS trial-

t-PA時間に来院したけど、NIHSS軽度だった〜という状況はまあまあありますよね。で、結局t-PAやらない〜となるわけですが、もしかして軽症でもt-PAやったら良いことあるんじゃ無いの?というのが今回のresearch questionです。 そもそも、当初のt-PAのエビデ…

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー 何かが水の中に 他

ミネルバです!タイトルが怖い。夏のホラーみたいになってますね。ひとまず今回は①地下水中のリチウム②Glasgow coma scale③高血圧治療の合剤④閉経と認知機能⑤ジフテリア/破傷風/百日咳ワクチン⑥生物製剤と授乳

症例:JGIM 51歳女性 頭痛

case reportご紹介ですこいつは常に考えておくべき疾患の一つではありますね。なかなか早々出会うわけではないですが・・・ 症例:51歳女性 頭痛J Gen Intern Med. 2017 Mar; 32(3): 363–364. 51歳アフリカ系アメリカ人の女性が、6か月前から左前頭部の激し…

ACPJC:治療 救急外来を受診した片頭痛患者に対する静注プロクロルペラジン+ヒフェンヒドラミンは静注水溶性モルヒネより疼痛緩和効果が高い

ACPJC紹介です。片頭痛治療のオプションが増えるのは良いことです。楽しみ楽しみ。 Friedman BW, Irizarry E, Solorzano C, et al. Randomized study of IV prochlorperazine plus diphenhydramine vs IV hydromorphone for migraine. Neurology. 2017;89:20…

論文:Procohort 通常診療における急性期脳梗塞に対する血管内治療

近年の血管内治療のエビデンスはかなり蓄積されています。2015年に血管内治療界の黒い三連星こと、MR CLEAN・EXTEND-IA・ESCAPEの3論文がかのNEJMに立て続けに報告され、血管内治療すげーってなりました。さらに、8時間でも大丈夫というREVASCAT・t-PA単独…

ACPJC:治療 atraumatic針は通常針と比べて腰椎穿刺後頭痛を減らす

ACPJC紹介です。これはかなりしっかりとした追試ですね。感度100%は凄いなあ。 Nath S, Koziarz A, Badhiwala JH, et al. Atraumatic versus conventional lumbar puncture needles: a systematic review and meta- analysis. Lancet. 2017. [Epub ahead of …

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー 腱をたたく 他

今回もなかなか興味深いです。とりあえずアキレス腱のたたき方は試してみようかなと思います。皆様も是非!①アキレス腱反射②脳と血圧③肺癌スクリーニング④高齢者向けコミュニティグループ⑤胎動

論文:RetroCohort CKD合併高齢者に対して新規に抗凝固を開始した患者の脳梗塞・脳出血・全死亡:英国プライマリケアの人口ベース研究

CKD合併高齢者に対して新規に抗凝固を開始した患者の脳梗塞・脳出血・全死亡:英国プライマリケアの人口ベース研究Ischaemic stroke, haemorrhage, and mortality in older patients with chronic kidney disease newly started on anticoagulation for atri…

ACPJC:治療 急性脳卒中における晩期血栓除去術は神経障害と梗塞容積が一致しない脳梗塞患者の後遺障害を減少させる

ACPJC紹介です。脳卒中は4.5時間だけじゃないですよね。この辺りの院内体制の構築やらないとなあ。 Nogueira RG, Jadhav AP, Haussen DC, et al; DAWN Trial Investigators. Thrombectomy 6 to 24 hours after stroke with a mismatch between deficit and i…

ACPJC:治療 原因不明の脳梗塞患者において、抗血小板薬治療にPFO閉鎖を追加すると脳梗塞再発が減る

ACPJC紹介。さてPFOについては右に左に振れておりますが、さてどうなることやら。 Acute kidney injury after computed tomography: a meta-analysis. Aycock RD, Westafer LM, Boxen JL, et al. Ann Emerg Med. 2017 Aug 12. [Epub ahead of print]. 臨床疑…

論文:RetroCohort 日本の単一施設において急性虚血性脳卒中で入院した患者の経時的な神経所見記載の変化

日本の単一施設において急性虚血性脳卒中で入院した患者の経時的な神経所見記載の変化 Research Temporal changes in the documentation of neurological findings among patients with acute ischaemic stroke in a single centre in Japan: a retrospectiv…

身体所見:Kernig徴候

身体所見シリーズ。今週は"K"で行ってみます。マニアックなやつだけじゃなくて、比較的メジャーなものの秘話的なものも探してみますね。 Kernig sign ケルニッヒ徴候 【方法】 患者を仰臥位にし、股関節と膝関節を90度に屈曲させ、その後膝を押さえながら他…

今週のカンファ:初発てんかんの入院適応/インスリンでリンが下がる/肝腫瘤の生検適応

カンファまとめですとりあえず色々まとめておきます! 初発てんかんの入院適応 Indications for hospitalization of first seizure in adults てんかんのバリエーションや診断確定の難しさもあり、少し学びがおろそかになっていたなと反省しております。さて…

身体所見:Gowers's sign ガワース徴候

さて、身体所見シリーズ。今週は"G"いってみます!比較的メジャーどころです。 Gowers's sign ガワース徴候 【方法】四つん這いの状態から立ち上がってもらう。【判定法】立ち上がるときに、膝に手をつき、自分の身体をよじ登るようにして立位をとれば陽性と…

身体所見:Froment'sign Froment徴候

さて、身体所見シリーズ。今週は"F"いってみます! Froment's sign フローマン徴候 【方法】両手の母指と示指で紙をつまみ、反対方向に引っ張る。【判定法】引っ張る際に患側の母指の第一関節が曲がれば陽性。陽性であれば尺骨神経麻痺を疑う所見。母指内転…

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー 中耳炎に対する抗菌薬 他

ひさびさにミネルバですテンポよくサクサクいきましょう。移動時間にできちゃうのはラクチンです。①抗菌薬が必要な中耳炎小児は誰?②小児期の溺水③スタチンと大腸癌④GCAの診断⑤タトゥー⑥前立腺癌と精管切除⑦12脳神経

今週のカンファ:椎体炎の治療期間/SSAP/椎骨脳底動脈循環不全

カンファまとめですとりあえずあるあるを。 椎体炎の治療期間 EDuration of treatment for vertebral osteomyelitis ひとまず、今の医療機関に来てからというもの化膿性椎体炎がものすごく多い印象です。まあ、もちろん治療期間が長期化するので、ずっと話題…

症例:IJCMI 意識障害

case reportです。興味深いサイトにたどり着きました。 症例:81歳男性 意識障害 ISSN : 2376-0249 Vol 4 • Iss 5• 1000562 May, 2017 DOI: 10.4172/2376-0249.1000562 81歳男性で2型糖尿病がありインスリン治療中の患者。アドヒアランス不良だったが、いつ…

ACG question:29歳女性 短腸症候群患者の振戦・筋硬直

さてどんどん行きます!消化器疾患に強くなろうシリーズ。ACG Questionです。今回は鑑別診断の問題です〜。 Q. 29歳女性 短腸症候群患者の振戦・筋硬直 29歳女性。炎症性腸疾患による複数の腸管切除歴から短腸症候群の既往がある。現在は8年前から中心静脈…

症例:BMJ 失語の原因は?

case reportです。届いてないなあ、そのネーミング笑 症例:93歳男性 失語症 BMJ 2017;357:j2792 doi: 10.1136/bmj.j2792 (Published 2017 June 29) 93歳の男性で扁平上皮癌の破壊性頭蓋骨転移のある方が、突然発症の失語で来院された。神経学的には他に異常…

ACPJC:Etiology 心房細動合併の脳出血罹患後にワーファリンを継続すると死亡が減る

ACPJC紹介です〜。これって1回紹介したかなあ。 Outcomes associated with resuming warfarin treatment after hemorrhagic stroke or traumatic intracranial hemorrhage in patients with atrial fibrillation. Nielsen PB, Larsen TB, Skjoth F, Lip GY.…

今週のカンファ:wheezeのJohnson分類/Todd麻痺は感覚障害がくるのか?/手が勝手にあがる・・・

カンファまとめです。jpca2017行ってる間にはまとめきらんかったですね。さて、まあ普通なものも含めて wheezeのJohnson分類 Johnson classiffication of wheeze これは最近レジデントがよく用いるので。比較的欧米の影響を受けている施設(?)で汎用されて…

今週のカンファ:静脈洞血栓症/閉塞解除後利尿/野菜ジュースのアドバイス

カンファ内容です〜。ちょっと2週分まとめてタイムマシーンの様に振り返り。 静脈洞血栓症 Cerebral venous sinus thrombosis 毎回そうですが、忘れた頃にやってくる疾患です。illness scriptとしては、 ”比較的若年で、頭痛を伴う脳卒中症状があるのに、典…

今週のカンファ:深部脳刺激療法(DBS)/虫垂粘液腫/カニカマとカニアレルギー

カンファ内容は久々にアップ。あ、カンファレンスはもちろん真面目にやってますよ〜 深部脳刺激療法(DBS) Deep Brain Stimulation なんか略語はまあそのままですが・・・これって先日NEJMで本態性振戦に対するRCTで出ていたやつですかね?確認したところ、…

今週のカンファ:失語は話さないと気付かれない/Fitz-Hugh Kurtis症候群の画像所見/脂肪塞栓症

カンファ来年度はまた少し変わるかもな。自らの立ち位置があまり上になり過ぎないようにやりたいんだけどなあ。無理かなあ・・・ 失語は話さないと気付かれない No talking, No diagnose aphasia 最近続いたので・・・急性発症の失語に気付いてもらえるかど…

症例:Lancet 62歳女性 意識障害

case report今回はLancetからです。題名はネタバレですが、まあ気にしない。 症例:62歳女性 意識障害 Lancet 2016; 387: 2422 高血圧とコントロール良好な2型糖尿病の既往のある62歳女性が、家で床に倒れて反応がないところを家族に発見された。家族曰く、…

今週のカンファ:漆喰腎/腸内細菌とビタミンK/線条体内包梗塞

カンファ今年もゆるりとやってきます。少しずつ知識を増やしていきたいですね!まだまだ不十分な事が多いですが・・・ 漆喰腎 Motar kidney みなさん、言葉は知っていますでしょうか?初めての方はこちらをご覧下さい。 (http://xn--o1qq22cjlllou16giuj.jp…

LESS IS MORE:人工肛門を越えてゆけ! A teachable moment

ちょっと流行り物にかけてみました。結果としての診断は稀ですが、類似のことは起こりうるよなあと思って読みました。なかなか興味深い!

今週のカンファ:PFMTとは/HINTSが重要/腰椎穿刺後の安静

カンファネタです。なかなか追っつかないなあ。これもそろそろ外注かな・・・笑 PFMTとは? What's the PFMT? Pelvic Floor Muscle Training:PFMT=骨盤底筋トレーニングは、別名ケーゲル体操ともいいます。ケーゲル体操は、1940年代、アメリカ人医師のケ…

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー 脳卒中予後予測

前も取り上げていたBMJ MINERVAのおもしろ論文特集も復活させようと思います。改めてみると小ネタ満載で楽しいですね。興味のある方は是非是非チェックを!