栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

論文

論文:Retrocohort 亡くなる20年前からの血圧トラジェクトリー

亡くなる20年前からの血圧トラジェクトリーBlood Pressure Trajectories in the 20 Years Before Death JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2017.7023 Published online December 4, 2017. 【背景】 人生の終盤に血圧が安定化したり低下したりとい…

ACPJC 治療:安定した心血管疾患患者では、リバロキサバン+アスピリンはアスピリン単独と比較して心血管イベントを減らすが出血を増やす

ACPJC紹介です。最近この雑誌とは疎遠だったのですが、ACPJCなら許してもらおう。 COMPASS Investigators. Rivaroxaban with or without aspirin in stable cardiovascular disease. Eikelboom JW, Connolly SJ, Bosch J, et al; N Engl J Med. 2017;377:131…

論文:RetroCohort エビデンスに基づいたケアプロセスが黄色ブドウ球菌菌血症の死亡率に与える影響 2003-2014年

Association of Evidence-Based Care Processes With Mortality in Staphylococcus aureus Bacteremia at Veterans Health Administration Hospitals, 2003-2014エビデンスに基づいたケアプロセスが黄色ブドウ球菌菌血症の死亡率に与える影響 2003-2014年 JA…

ACPJC 治療:蛋白尿のあるIgA腎症患者に対するステロイド効果は害で相殺される

ACPJC紹介です。名前変わりすぎてますが、まあIgA腎症ですね。 Effect of oral methylprednisolone on clinical outcomes in patients with IgA nephropathy: The TESTING randomized clinical trial. Lv J, Zhang H, Wong MG, et al; TESTING Study Group. …

症例:AJM 34歳女性 頚部痛

case reportです。診断したこと無いなあ。 症例:34歳女性 頚部痛 Am J Med. 2016 Nov;129(11):1166-1167. 34歳女性が、5か月間持続する運動で増悪する頚部痛を主訴に外来を受診した。この3ヶ月間は、喉の奥に物が詰まっている様な感覚も自覚していた。 口腔…

LESS IS MORE:急性腹症に対する適切な画像検査 A teachable moment

これは、結構良いアプローチかなと思います。医師の臨床判断の部分を言語化したり、共有化するのがなかなか難しいところですが・・・あとは時間を使うことはよく話していますね。

論文:SR 高齢者の転倒予防介入の比較

高齢者の転倒予防介入の比較Comparisons of Interventions for Preventing Falls in Older Adults JAMA. 2017;318(17):1687-1699. 【背景】 転倒は患者およびヘルスケアシステムにとって大きな負担となり、世界的な高齢化についれて転倒率も増加してきている…

ACPJC:治療 加齢性黄斑変性症患者では抗酸化マルチビタミンと亜鉛サプリメントはそれぞれ進行を抑制する

ACPJC紹介。今回はコクランですね。そしてこれはもう常識になってきましたね。 Antioxidant vitamin and mineral supplements for slowing the progression of age-related macular degeneration. Evans JR, Lawrenson JG. Cochrane Database Syst Rev. 2017…

症例:JAMA surg 50代男性 急性腹症

case reportです。レアものではありますが知っておくべし。 症例:50代男性 急性腹症 JAMA Surgery Published online September 20, 2017 喫煙歴と高血圧の既往のある50代男性が、36時間前からの上腹部痛、嘔気、嘔吐で入院した。過去の手術歴や外傷歴なし。…

論文:Prospective cohort 無症候性原発性アルドステロン症と高血圧発症リスク

The Spectrum of Subclinical Primary Aldosteronism and Incident Hypertension無症候性原発性アルドステロン症と高血圧発症リスク AnnInternMed. doi:10.7326/M17-0882 【背景】 原発性アルドステロン症は重度のレニン非依存性高アルドステロン血症によっ…

LESS IS MORE:画像検査のための禁飲食 A teachable moment

これも時折ありますね。胆嚢の超音波検査の結果は結構衝撃。でも、実際には見えにくいけどなあ・・・

ACPJC:治療 糖尿病治療では厳密血糖コントロールと通常血糖コントロールでは、終末期腎不全や死亡に差は無い

ACPJC紹介。今回はコクランですね。そしてこれはもう常識になってきましたね。 Glucose targets for preventing diabetic kidney disease and its progression. Ruospo M, Saglimbene VM, Palmer SC, et al. Cochrane Database Syst Rev. 2017;6:CD010137. …

論文:Prospective cohort 甲状腺機能と心血管疾患の有無による余命との関係

甲状腺機能と心血管疾患の有無による余命との関係 Association of Thyroid Function With Life Expectancy With and Without Cardiovascular Disease The Rotterdam Study JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2017.4836 Published online September…

LESS IS MORE:アルコール多飲の”目覚まし”を治療する A teachable moment

こうゆう英語のウィットに富んだ表現を日本語訳にすると微妙になるのは、致し方ないでしょうか笑日本ではアカンプロサート(レグテクトⓇ)が処方できるようになってきましたが、アルコール専門病院以外で処方しているプライマリケア医はいるものでしょうか?…

症例:JAMA ped 6歳男児 発熱・嘔吐・腹痛

case reportです。ちょっと昔の奴を引っ張り出してきました。 症例:6歳男児 発熱・嘔吐・腹痛 JAMA Pediatrics October 2015 Volume 169, Number 10 生来健康な6歳男児が、6日持続する発熱(最高40℃)、断続的嘔吐、4日前からのび漫性腹痛を認めた。身体診…

ACPJC:治療 症候性頚動脈狭窄に対しては、内膜剥離術の方がステントよりもリスクが少ない

ACPJC紹介。ここの領域もまただいぶ蓄積されてきてますね。 Early endarterectomy carries a lower procedural risk than early stenting in patients with symptomatic stenosis of the internal carotid artery: results from 4 randomized controlled tri…

症例:BMJ  69歳女性 背部皮疹

case reportです。この間初めて経験しました。もっといるはずなんでしょうけどね・・・ 症例:69歳女性 背部皮疹 BMJ 2017;359:j4839 2型糖尿病の69歳女性が、9か月前から持続する背部と臀部の掻痒感を伴う皮疹を主訴に皮膚科外来を受診された。経過中に開業…

論文:Prospective cohort 授乳歴と子宮内膜症リスク

授乳歴と子宮内膜症リスクHistory of breast feeding and risk of incident endometriosis: prospective cohort study BMJ 2017;358:j3778 【目的】 生涯における授乳歴や完全母乳、産後無月経と子宮内膜症との関係を調査する【デザイン】 前向き観察研究【…

LESS IS MORE:甲状腺機能異常の評価時の不要な甲状腺超音波検査 A teachable moment

甲状腺の話題はますます微妙ですね。確かにルーチンで超音波あてるの微妙ですね。基本は触知するような腫大がある場合でしょうか。この人腫大はあるんだが・・・

ACPJC:治療 単純性蜂窩織炎の治療としてセファレキシンにST合剤を追加しても治癒率は改善せず

ACPJC紹介なり。諸外国ではCA-MRSAも多くなっている様なので更に悩ましい所ですね。 Effect of cephalexin plus trimethoprim–sulfamethoxazole vs cephalexin alone on clinical cure of uncomplicated cellulitis: a randomized clinical trial. Moran GJ,…

論文:Retrocohort 大腸内視鏡検査と虫垂炎リスク

大腸内視鏡と虫垂炎リスクAssociation of Colonoscopy With Risk of Appendicitis Basson MD, et al. JAMA Surg. 2017. 【背景】 大腸内視鏡検査後に虫垂炎を起こすことはあるが、どちらも一般的な事象でありその関係は明らかになっていない。今回、大腸内視…

ACPJC:治療 重症インフルエンザ感染症の入院患者では、オセルタミビル単剤より3剤併用療法の方が死亡率を下げる

ACPJC紹介です。さて、これをどう適用するかだなあ3剤とは、クラリスロマイシン・ナプロキセン・オセルタミビルとのこと。 Efficacy of clarithromycin– naproxen–oseltamivir combination in the treatment of patients hospitalized for influenza A(H3N2…

論文:Procohort 妊娠糖尿病歴と長期の心血管疾患リスク ー米国女性の大規模前向き観察研究ー

長期の心血管疾患リスク ー米国女性の大規模前向き観察研究Association of History of Gestational Diabetes With Long-term Cardiovascular Disease Risk in a Large Prospective Cohort of US Women JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2017.2790…

ACPJC:治療 軽症から中等症の成人急性膵炎入院患者では、早期栄養摂取が入院期間を減らすかもしれない

ACPJC紹介です。膵炎について。こうなってくると禁食っているの?って話になってきますね。 Early versus delayed feeding in patients with acute pancreatitis: a systematic review. Vaughn VM, Shuster D, Rogers MAM, et al. Ann Intern Med. 2017;166:…

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー 中耳炎に対する抗菌薬 他

ひさびさにミネルバですテンポよくサクサクいきましょう。移動時間にできちゃうのはラクチンです。①抗菌薬が必要な中耳炎小児は誰?②小児期の溺水③スタチンと大腸癌④GCAの診断⑤タトゥー⑥前立腺癌と精管切除⑦12脳神経

論文:RCT 介護施設での不適切処方の中止介入

介護施設での不適切処方の中止介入Discontinuing Inappropriate Medication Use in Nursing Home Residents Ann Intern Med. doi:10.7326/M16-2729 【背景】 介護施設における不適切処方は臨床的な問題を引き起こすことはよく知られているが、介護施設におい…

2017年10月 ACP Diabetes monthly HIGHLIGHT/MKSAP QUIZ/KEEPING TABS

以前から気になっていたDiabetes monthlyからの情報提供です。糖尿病ケアはプライマリケア医にとって重要なタスクの一つです。まあ、情報は何やら薬剤情報に偏っている気もしないでもないですが・・・ 【HIGHLIGHT】①2型糖尿病患者における週1エキセナチド…

ACPJC:臨床予測式 初回のunprovoked VTE患者において、抗凝固療法5-12ヶ月後のHERDOO2スコアは再発低リスク女性の同定に有用

ACPJC紹介です。以前からチラ見していたHERDOO2スコアについて也。タイトル分かりにく! Validating the HERDOO2 rule to guide treatment duration for women with unprovoked venous thrombosis: multinational prospective cohort management study. Rodg…

症例:BMJ 64歳男性 皮疹

case reportです。さて、この皮膚は?? 症例:64歳男性 皮疹 BMJ 2017;359:j4338 64歳男性が,重度の紅斑性水疱性発疹を発症し入院が必要と判断された。病変は顔面・首・前腕・下肢に及んだ。 (本文より引用) 皮膚症状はスペインに休暇のため出かけ、スペ…

論文:Retrocohort 米国の大規模病院における医療ミス後の説明と謝罪プログラムの効果

米国大規模病院における医療ミス後の説明と謝罪プログラムの効果Outcomes In Two Massachusetts Hospital Systems Give Reason For Optimism About Communication-And-Resolution Programs Health Aff (Millwood). 2017 Oct 1;36(10):1795-1803. 【背景】 医…