栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

身体所見

身体所見:Kernig徴候

身体所見シリーズ。今週は"K"で行ってみます。マニアックなやつだけじゃなくて、比較的メジャーなものの秘話的なものも探してみますね。 Kernig sign ケルニッヒ徴候 【方法】 患者を仰臥位にし、股関節と膝関節を90度に屈曲させ、その後膝を押さえながら他…

身体所見:Janeway病変

さて、身体所見シリーズ。今週は"I"行こうと思ったら診あたらず・・・どなたかIで始まる人名の身体診察所見があったら教えてくださいませ。ということで、人文字とぼして"J"いきます Janeway lesion ジェンウェイ病変 【方法】 手掌(特に母子球や小指球)…

身体所見:Hutchinson徴候

さて、身体所見シリーズ。今週は"H"です!これもメジャー。そしてHutchinson先生凄すぎです。 Hutchinson's sign ハッチンソン徴候 【方法】鼻を見る。【判定法】鼻の先端部に小水疱があるかを確認する。 (https://en.wikipedia.org/wiki/Gowers%27_sign#/m…

地域医療ジャーナル 11月号:あたたかさと医療

11月号発行です。今月は先月と一転、特集「あたたかさと医療」です。 cmj.publishers.fm 以下Editorialより引用します 秋から冬へ移りゆく季節。あたたかなぬくもりが恋しくなる時期です。 医療はあたたかさやぬくもりを与えられているのでしょうか。冷酷な…

身体所見:Gowers's sign ガワース徴候

さて、身体所見シリーズ。今週は"G"いってみます!比較的メジャーどころです。 Gowers's sign ガワース徴候 【方法】四つん這いの状態から立ち上がってもらう。【判定法】立ち上がるときに、膝に手をつき、自分の身体をよじ登るようにして立位をとれば陽性と…

身体所見:Froment'sign Froment徴候

さて、身体所見シリーズ。今週は"F"いってみます! Froment's sign フローマン徴候 【方法】両手の母指と示指で紙をつまみ、反対方向に引っ張る。【判定法】引っ張る際に患側の母指の第一関節が曲がれば陽性。陽性であれば尺骨神経麻痺を疑う所見。母指内転…

身体所見:Ewart'sign

さて、人の名前がついている身体所見シリーズ。今週は"E"いってみます!だいぶ伝わって来ましたでしょうか?笑 Ewart's sign エワート徴候 別名”Pin's syndrome” 【方法】左肩甲骨下角部分の打診および聴診、声音振盪の確認。【判定法】打診では濁音、山羊音…

身体所見:Dahl's sign

恒例の人の名前がついている身体所見シリーズ。今週は"D"いってみます! Dahl's sign ダール徴候 ”別名 Thinker's sign” 【方法】 大腿や膝・肘の皮膚を観察する。触診で皮膚硬化を確認する【判定法】 色素沈着や皮膚硬化があれば陽性 (http://www.cmaj.ca/…

身体所見:Cardarelli sign カルダレリ徴候

身体所見シリーズ。さあ、皆様に法則が伝わるでしょうか?笑 Cardarelli sign カルダレリ徴候 【方法】 甲状軟骨を左方に押して、大動脈の拍動の有無を確認する【判定法】 甲状軟骨部で拍動を触知できれば陽性 【疾患・病態】 大動脈弓の拡張や動脈瘤。圧迫…

身体所見:Bancroft's sign バンクロフト徴候

身体所見シリーズ。とりあえず、色々バリエーション交えます。最終的に辞書的になれば良いかと笑。 Bancroft's sign バンクロフト徴候(別名:Moses' sign) 【方法】 下腿を前後方向および左右方向に圧迫して疼痛の有無を見る【判定法】 前後方向で疼痛が誘…

身体所見:Abadie's sign

そろそろ新シリーズを立ち上げたいと思っておりまして・・・JPC2017に参加したし、やっぱフィジカル行こう!と思いました。 jpc2017.themedia.jp 特に人の名前がついてるやつで、その発見者や発見契機、有用性やエビデンスなども可能な範囲で調べていこうと…

今週のカンファ:wheezeのJohnson分類/Todd麻痺は感覚障害がくるのか?/手が勝手にあがる・・・

カンファまとめです。jpca2017行ってる間にはまとめきらんかったですね。さて、まあ普通なものも含めて wheezeのJohnson分類 Johnson classiffication of wheeze これは最近レジデントがよく用いるので。比較的欧米の影響を受けている施設(?)で汎用されて…

症例:Clin Case Rep 右下腹部膨隆と臍偏位

case report紹介です。今回は千葉大学の鋪野紀好先生のご厚意で内科学会総会でも出ていた症例報告をご紹介します。一部クイズ風にアレンジ。 症例:75歳女性 右下腹部膨隆と臍偏位 Clin Case Rep. 2016 Apr; 4(4): 451–452. 75歳女性が右下腹部痛と発疹を訴…

症例:BMJ 56歳男性 習慣的な爪外傷の結果

case report今回もBMJから。あるあるなシチュエーション。何で画像とった?みたいな。 症例:56歳男性 習慣的な爪外傷の結果 BMJ 2017;356:j1200 doi: 10.1136/bmj.j1200 56歳の男性。10年前から母指を中心に、各爪の中央部位に比較的硬い横方向の隆起と爪上…

今週のカンファ:失語は話さないと気付かれない/Fitz-Hugh Kurtis症候群の画像所見/脂肪塞栓症

カンファ来年度はまた少し変わるかもな。自らの立ち位置があまり上になり過ぎないようにやりたいんだけどなあ。無理かなあ・・・ 失語は話さないと気付かれない No talking, No diagnose aphasia 最近続いたので・・・急性発症の失語に気付いてもらえるかど…

今週のカンファ:PFMTとは/HINTSが重要/腰椎穿刺後の安静

カンファネタです。なかなか追っつかないなあ。これもそろそろ外注かな・・・笑 PFMTとは? What's the PFMT? Pelvic Floor Muscle Training:PFMT=骨盤底筋トレーニングは、別名ケーゲル体操ともいいます。ケーゲル体操は、1940年代、アメリカ人医師のケ…

今週のカンファ:単純CTで見る脳動脈瘤/Flick sign/麻疹ワクチンの歴史

カンファネタです。画像のスペシャリストや身体所見好きレジデントがカンファにいると盛り上がりますね。あとはすごーく批判的な人々も重要です(笑) 単純CTで見る脳動脈瘤 Cerebral Aneurysm on Brain CT 一般的に頭部単純CTでは脳動脈瘤は同定できません…

論文:Prospective ベッド上自転車漕ぎ試験(bed cycling test)の評価

ベッド上自転車漕ぎ試験(bed cycling test)の評価Clinical evaluation of the bed cycling test*1 Brain and Behavior, 2016; 0(0), e00445【目的】 上腕の回内試験は軽度の上肢機能障害を同定するのに有用な検査だが、ベッド上自転車漕ぎ試験(bed cyclin…

今週のカンファ:聴診>レントゲン/トピナⓇと尿路結石/内視鏡呼び方

今週のカンファまとめておきます。個人的にはフィジカルに熱い後輩は大好きです! 聴診>レントゲン Ausculation > X-ray フィジカルに熱い病院から人が来ると色々ハッとさせられます!今回は聴診>レントゲンという話。胸部X線はもちろん肺炎診断において…

MKSAP:IgG4関連疾患/低カリウム血症の原因/みんな大好き爪/関節リウマチフォロー

MKSAP16まだまだ終わりが見えてきません!今回は皆さんが大好きなあれも登場しますよ! IgG4関連疾患IgG4-related disease ❶症例 81歳男性。2週間前から無痛性の黄疸、掻痒感で来院。体重減少、発熱、悪寒、嘔気なし。既往、内服なし。 体温36℃、血圧122/76…

今週のカンファ:Pemberton sign/腸球菌の感染性心内膜炎/心不全と腹痛

今週のカンファだいぶアップ遅れ。これもそろそろ外注かな(笑)。 Pemberton sign 恥ずかしながら今回初めて知りました。レジデントから教わるというのは嬉しいですね。やっぱりミクスチャー大事。色んなところから人が集まってくれるからこそです。お互い…

ACPJC:Diagnosis 末梢体温は深部体温を正確に評価できるか?

ACPJCです。体温測定かあ。確かこれ読んだ気も。こういったものも検証大事ですね。 Accuracy of peripheral thermometers for estimating temperature: a systematic review and meta-analysis. Niven DJ, Gaudet JE, Laupland KB, et al. Ann Intern Med. 2…

今週のカンファ:鑑別診断の吟味/肺動静脈瘻/心臓再同期療法の適応

今週のカンファ。ちょっとアップ遅れ。大物原稿10000文字に週末をもってかれました(笑)今週末も一個はやらないとなああ。 鑑別診断の吟味 Scrutiny of differential diagnosis 様々な場面で鑑別診断をあげることが多いと思います。当院でworking diagnosis…

今週のカンファ:HAS-BLEDを下げる努力/この認知症の方は終末期なのか?/黄色爪症候群

今週のカンファ。木曜は地域のデスカンファの司会だったので早引き。ちなみに学生さん曰くもっと大人数のカンファを想像していた模様です。すいません、だいぶこぢんまりで・・・(笑) HAS-BLEDを下げる努力 Effort for HAS-BLED score HAS-BLEDスコアは知…

論文抄読会:BMJ & Lancet じゃがいもを食べ過ぎると妊娠糖尿病が増える/爪の異常/メトホルミンは本当に2型糖尿病の第一選択薬なのか?/パーキンソン病の歴史/腹部大動脈瘤スクリーニングをめぐって

■BMJ■ じゃがいもを食べ過ぎると妊娠糖尿病が増える Pre-pregnancy potate consumption and risk of gestational diabetes mellitus: prospective cohort study*1 じゃがいも好きにはなかなか辛い研究です。子供の頃、畑でとれたのを食べてたのが原因ではな…

今週のカンファ:Carnett徴候/腹壁痛の鑑別/後壁心筋梗塞とR波

今週のカンファまとめておきます! Carnett sign Carnett's sign Carnett徴候は腹壁由来の疼痛を検出するのに有効な身体所見です。一応ご存じの方も多いとは思いますが、一応まとめておきます。【方法】①仰臥位で両腕を胸にクロスさせる。②一番強い圧痛部位…

論文抄読会:AIM & Lancet 末梢体温測定の精度/GDM患者が授乳するとDM発症率が低下する/橈骨動脈アプローチの被曝量/難治性高血圧

■AIM■ 末梢体温測定の精度 Accuracy of peripheral thermometers for estimating temperature*1 体温測定についてのシステマティックレビュー。前から読まなきゃ〜と思いつつ放っておいたらK先生が紹介してくれました。体温測定自体は非常に重要ですが、その…

今週のカンファ:前頭葉梗塞と失語/脳梗塞と発熱/妊娠とレントゲン

今週のカンファまとめです〜今週は色々気付きを頂きました。 前頭葉梗塞と失語 Aphasia with frontal stroke 失語をきちんと診断できるようになるのは非常に難しく、しばしば誤診されていることも多い症状の一つです。一般的には言語運動野の障害による運動…

今週のカンファ:ハンターになろう!/臍ヘルニア嵌頓/悪性腫瘍によるうつ

一週間お疲れ様です。今週末はACP Japan@京都です。どなたかお会い出来ますでしょうか? ハンターになろう! Be a hunter! 診断のプロセスには色々あると思いますが、臨床推論を積み重ねていくパターンもあれば、snap diagnosis的にスパッと診断するパター…

今週のカンファ:黄色ブドウ球菌のcontamination/梅毒感染のもやもや/難治性口腔内アフタ

さて、まとめまとめ。今日はゲストも来てなかなか楽しかったですね。 黄色ブドウ球菌のcontamination PContamination of Staphylococcus aureus in blood culture 黄色ブドウ球菌が血液培養から検出された場合には1セットでも真の菌血症と考え治療しましょ…