読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

Review:JAMA 2型糖尿病と心房細動とNOACと

Cです。JAMAがコモンな疾患のレビューを書いてくれました。 残念なのは費用という点からの記述がない事、NOAC間の比較情報がない事でしょうか。 どの分野でもそうですが「では我が国では何を根拠にどうすれば良いか」というのが必ずぶつかる壁ですね。 もう…

論文:RCT 75歳以上の高齢者に対する厳格な降圧が歩行速度や移動制限に与える影響

Effect of Intensive Blood Pressure Control on Gait Speed and Mobility Limitation in Adults 75 Years or Older A Randomized Clinical Trial75歳以上の高齢者に対する厳格な降圧が歩行速度や移動制限に与える影響 JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamaint…

LESS IS MORE:"説明可能な"体重減少 A teachable moment

高齢者の体重減少は日常的に関わることが多いですが、これも日々感じていることです。検査の組み立て自体も、侵襲度や期待度など加味しながらやりますよね。

LESS IS MORE: Van HalenのM&Mチョコレート A teachable moment

このタイトルであーあれね!となった人はまあ、オタクです。ならなかった人も是非読んでみて頂けると嬉しいです。M&Mチョコレートは何かに気付かせてくれるんですよね。さて、こういった視点は決して医師だけに必要な視点ではないのです。高齢者診療に携わる…

論文:Cross-Sectional 日本人高齢者の社会的繋がりと血糖コントロール

Association between Social Relationship and Glycemic Control among Older Japanese: JAGES Cross-Sectional Study日本人高齢者の社会的繋がりと血糖コントロール PLOS ONE DOI:10.1371/journal.pone.0169904 January 6, 2017【目的】 本研究は、社会的サ…

2016年まとめ② 2016年論文ベスト5

2016年まとめ第二弾。独断と偏見で選ぶ今年の論文ベスト5です。 今年も一年間なんやかんやで多くの論文に目を通させて頂きました。偏りはあるかと思いますが、是非お付き合い下さいませ。ショートサマリーはつけますが、興味があれば是非本文までアクセスし…

NEJM Knowledge+:78歳女性 認知機能低下

NEJMのKnowledge+です。冬になってきました・・・ 症例:78歳女性 認知機能低下 78歳女性で高血圧・脂質異常症の既往がある方が、クリニックに娘に連れられて来院した。患者は12か月前から、身の回りの出来事を推敲するのに時間がかかり、注意力が低下し、歩…

論文:RCT 進行性認知症に対するケアのゴールを意識した介入効果

進行性認知症に対するケアのゴールを意識した介入効果Effect of the goals of care intervention for advanced dementia*1 JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2016.7031 Published online November 28, 2016. 【背景】 進行期認知症では、ケアのゴ…

Review:NEJM HFpEF

Cです。NEJMがまたCommon diseaseのレビューを出してきました。 超高齢化社会にあって心不全は避けて通れない疾患の一つですね。 大した治療法が今の所ないというのも人間の体の難しさを痛感させられます。 極論、老いに逆らう事はできないですもんね。 個人…

LESS IS MORE: 高齢者への抗うつ薬処方 Antidepressant prescription in the geriatric populations A teachable moment

高齢者に絞って有害事象の多さを指摘しています。個人的にはこの悲嘆反応とうつ病の境界を見極めることの重要性を感じています。プライマリケア医はとかく小手先のテクニックに走りがちなので・・・

LESS IS MORE: 家に帰ろう、死ぬために・・・ Perspective

良い研修してるなあと。そして感性が素晴らしいです。沖縄中部病院の研修医?の先生の投稿を見つけて嬉しくなりました。意訳ですが載せさせて頂きます。

論文:Retrocohort 脆弱性骨折前後の薬剤処方パターン

脆弱性骨折前後の薬剤処方パターンPatterns of Prescription Drug Use Before and After Fragility Fracture JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2016.4814 Published online August 22, 2016. 【背景】 脆弱性骨折を起こした患者はその後の骨折リ…

デスカンファ:最後までつきあえなかった「もやもや」

Tです。今回は看取りの経験が複数回あるグループホームに入居していた方で、最後を病院ですごし亡くなられた方の事をふりかえりました。いつもの通り、臨床倫理の4分割法を使って情報整理しました。 【医学的適応】認知症重度心不全、腎不全何回かの状態悪化…

LESS IS MORE: ティートーノス症候群 Tithonus syndrome

これは本当にそうだなあと思いながら読んでいました。共感する部分が多いです。人間が有する”健康という果てしない欲望”をどこまで追求すべきなのか、医療はそこにどう答えていくべきか。簡単な答えはない領域ですが、患者さんご家族も交えて対話を続けてい…

LESS IS MORE:嚥下機能評価でダメと言われたときに・・・

これで記事になるんだなあと。普段の実践そのものです。ある意味、どこでも同じなんだなとホッとした部分もあります。経鼻胃管は確かに比較的容易に入れるスタンスの先生に会うとあ〜と思いますね。後から考える系というところでしょうか。

論文:RCT 転倒している高齢者に対する自宅太極拳と下肢筋力トレーニングの効果

転倒している高齢者に対する自宅太極拳と下肢筋力トレーニングの効果Effects of Home-based Tai Chi and lower extremity training and self-practice on falls and functional outcomes in older fallers from the emergency department −A randomized cont…

論文抄読会:BMJ & Lancet 洞調律HFrEF患者へのβ拮抗薬効果の年齢影響/女性の偏頭痛と心血管リスク/プライマリケアへの抗菌薬適正介入/尿路結石へのジクロフェナクとアセトアミノフェン

論文のザックリまとめはマンスリーにします。これ、昔はよくやってたなあ。ちょっと今はキャパオーバーなので、これくらいで。 ■BMJ■ 洞調律HFrEF患者へのβ拮抗薬効果の年齢影響 Effect of age and sex on efficay and tolerability of β blockers in patien…

今週のカンファ:ぶどう膜炎の原因/鎖骨上リンパ節/せん妄の原因は?

今週のカンファまとめておきます。学びが多かったです。少しずつ精進していきます! ぶどう膜炎の原因 Etiology of uveitis ぶどう膜炎と聞くと、なんとなく膠原病を思い浮かべる方も多いでしょうが、実は原因としては多彩です。 カテゴリーとして感染症・眼…

ACPJC:Therapeutics 80歳以上のNSTEMIや不安定狭心症患者で、侵襲的な治療戦略は心血管アウトカムを改善する

ACPJCです。80歳以上のエビデンスが少しずつ出てきていますね。なんといってもこの研究グループの名前が「After Eighty study investigators」ですからねえ(笑) Invasive versus conservative strategy in patients aged 80 years or older with non-ST-el…

LESS IS MORE: トロミ剤の不適切使用 The horrible taste of nectar and honey-Inappropriate use of thickened liquids in dementia A teachable moment

だいぶ定着してきたLESS IS MOREです。今回のテーマも非常に興味深いテーマでした。もちろん一概にダメとは言えませんが、ルーチンケアに一石を投じると言う意味では考える価値はありそうです。あとはですねえ、みんなもっと違うものを食べたいんですよ、き…

LESS IS MORE:間違ったベッドアラーム False Bed Alarms A teachable moment

このシリーズも随時挙げていきます。ベッドアラームの利用についてもう一度考え直しても良いかなと思います

Review:NEJM 高齢男性の尿路感染症 Urinary tract infection in older men

C先生のreview特集です。ひとまずアップしておきます。まだアップの仕方が分からないらしい・・・

MKSAP:高齢者の失神/神経性潰瘍の診断/QRS幅広頻拍の診断/オピオイド誘発性便秘の管理

MKSAPまとめです〜さらっとですね。今回4問目はさらにゲストエディターでした。Y君お疲れ様。 高齢者の失神Manage syncope in an elderly patient ❶症例 78歳男性。失神を目撃され救急搬送。食事中に脈の飛ぶ感じがあり倒れたと。妻によると30秒ほど気を失っ…

論文:Procohort 多くの潜在的な薬剤関連有害事象はSTOPP/STARTと関連しない

多くの潜在的な薬剤関連有害事象はSTOPP/STARTと関連しないMajority of drug-related problems identified during medication review are not associated with STOPP/START criteria*1 Eur J Clin Pharmacol (2015) 71:1255–1262 【目的】 STOPPとSTARTのク…

地域医療ジャーナル3月号

3月号発行されました。2シーズン目を迎えます!今月も皆様精力的な記事ですねえ。 cmj.publishers.fm 今回は非薬物療法第6回。少し本丸に近づきつつあります。今回は食事によるカルシウム摂取で骨折が防げるか?「強い骨を作ろう!」みたいなキーワードはあ…

論文:RCT 高齢男性に対するテストステロン治療の効果

高齢男性に対するテストステロン治療の効果Effects of testosterone treatment in older men*1 N Engl J Med 2016; 374:611-624 【背景】 男性の血清テストステロン値は加齢に伴って低下するが、テストステロン値を上昇させることが有効かどうかはよく分かっ…

論文抄読会:JAMA & NEJM 使用期限の切れた薬剤/結晶析出の潜伏現象/喫煙歴ありの患者での中枢気道虚脱の疫学/片山熱の症例報告/認知症発症率の経時的変化 

■JAMA■ 使用期限の切れた薬剤 Drugs past their expiration date*1 これは興味深いテーマです。よく患者さんから「1年前のやつって飲んで良いの?」って聞かれてますが、あまりそれに対する明確な回答はないなあと思いながら、「1年以内なら良いンじゃない…

論文抄読会:BMJ & Lancet ベンゾジアゼピンと認知症発症/運動不足高齢者への運動プログラム/糖尿病患者の降圧薬にRAS系阻害薬/NASHへのGLP-1アナログ製剤/USPSTFの妊娠うつ病スクリーニングへの意見

■BMJ■ ベンゾジアゼピンと認知症発症 Benzodiazepine use and risk of incident dementia or cognitive decline: prospective population based study*1 なんとなくこれまでの結果から、ベンゾ系薬剤と認知症の関係は確定的事実の様に感じてしまっていますが…

今週のカンファ:HAS-BLEDを下げる努力/この認知症の方は終末期なのか?/黄色爪症候群

今週のカンファ。木曜は地域のデスカンファの司会だったので早引き。ちなみに学生さん曰くもっと大人数のカンファを想像していた模様です。すいません、だいぶこぢんまりで・・・(笑) HAS-BLEDを下げる努力 Effort for HAS-BLED score HAS-BLEDスコアは知…

MKSAP:男性性腺機能低下の診断/重症患者での延命治療/便秘患者の警告症状/CKD関連貧血

MKSAPまとめです。もうC先生コーナーとします、これ(笑)。自分ももう一回解きながら勉強になりますねえ。 男性性腺機能低下の診断Diagnose male hypogonadism ❶症例 35歳男性、2ヶ月前からの性欲減退で受診。思春期経過は正常。家族歴に特記事項なし。週2…

論文抄読会:JAMA & NEJM 医者の高齢化/禁煙治療としてのニコチンパッチ vs バレニクリン vs 併用療法/反復する腹痛の原因は?/鉄欠乏性貧血レビュー/訴訟の疫学

■JAMA■ 医者の高齢化 The Graying of US physicians Implications for quality and the future supply of physicians*1 人口の高齢化に伴い医師も高齢化していると言われています。また、医師という職業に決まった定年がないことも一因です。医師はいったい…

論文抄読会:BMJ & Lancet ボクシングは禁止すべきか?/転倒予防介入プログラム/積極的降圧治療の効果/満期近い妊婦の陣痛前破水への陣痛誘発

■BMJ■ ボクシングは禁止すべきか? Should we ban boxing?*1 ボクシングの話題は結構あちこちで取りざたされておりますが、今回はディベート形式でボクシングの是非を問うています。もちろん、医療とか健康という尺度を絶対的な尺度とすれば禁止すべき理論…

論文抄読会:JAMA & NEJM 難治性CDIに対する凍結便注腸/ビタミンDと下肢機能/非心臓手術の周術期心臓合併症/一歩進んだShared decision making

■JAMA■ 難治性CDIに対する凍結便注腸 Frozen vs Fresh fecal microbiota transplantation and clinical resolution of diarrhea in patients with recurrent Clostridium diffiicile infection*1 これはあちこちで話題になっていましたが。一応こちらでも取…

論文抄読会:BMJ & Lancet 2型糖尿病での過剰検査/鼓膜にセメント!/ゲスト著者問題/治療抵抗性高齢者うつ病へのアリピプラゾール/プラーク型のグロムス血管腫

■BMJ■ 2型糖尿病での過剰検査 HbA1c overtesting and overtreatment among US adults with controlled type 2 diabetes, 2001-13:observational popuation based cohort*1 ADAの推奨などを見ても、糖尿病患者のHbA1c測定間隔は3ヶ月毎、年4回程度といわれて…

MKSAP:コントロール不良喘息の治療/IBD患者の大腸サーベイランス/収縮能低下心不全患者の難治性高血圧の治療/高齢者の薬物関連有害事象

MKSAPまとめです。これやっている場合ではないのかもしれないけど・・・。ポリの問題は若干詰めが甘いなあと思いつつ。 コントロール不良喘息の治療Treat inadequately controlled asthma ❶症例 55歳女性が、咳嗽や呼吸困難などの喘息症状が最近悪化してきた…

ACPJC:Diagnosis RASSは救急外来でせん妄を予測できるか?

ACPJCです。救急外来でせん妄を適格に診断できるようになったら、いらんルンバールを回避出来るのに・・・と高齢者の意識障害ばかり診ている医師は思うわけですが・・・ The diagnostic performance of the Richmond Agitation Sedation Scale for detecting…

論文抄読会:JAMA & NEJM 脂質異常症治療に医者と患者にインセンティブ/この胸痛患者にACSはあるか?/終末期患者への抗菌薬使用/積極的降圧vs 通常降圧/左冠動脈ステントの移動

■JAMA■ 脂質異常症治療に医者と患者にインセンティブ Effect of financial incentives to physicians, patients, or both on lipid levels*1 LDLを下げて心血管リスクを減らすにはスタチンが効果的である事は、議論を待たないところでしょうか。一方でLDLが…

ACPJC:Clinical Prediction Guide HOMRは入院患者の1年後死亡予測に有用

ACPJCアップです〜。HOMRというスコアは今回初めて知りました。まあ、スコアはスコアなんですが・・・ External validation of the Hospital-patient One-year Mortality Risk (HOMR) model for predicting death within 1 year after hospital admission.va…

論文抄読会:BMJ & AIM 脳出血患者の原因検索/慢性B型肝炎/認知症患者は非認知症患者と比べて亡くなる5年前に医療費を使う/急性単純性憩室炎ガイドライン

■BMJ■ 脳出血患者の原因検索 Diagnostic yield and accuracy of CT angiography, MR angiography, and digital subtraction angiography for detection of macrovascular causes of intracerebral haemorrhage:prospective, multicentre cohort study*1 脳出…

論文:認知症が癌診断や疼痛に与える影響

認知症が癌診断や疼痛に与える影響Impact of dementia on cancer discovery and pain*1 Psychogeriatrics 2011;11:6-13【背景】 認知症は癌性疼痛の頻度・訴えに影響することが知られている。ただ、この領域に関する包括的な報告は為されていない。本報告の…

デスカンファ:視点が違う

デスカンファは徐々に参加者の深みが増しています。T先生との掛け合いもなかなか良い感じになってきました。今回は、病院と施設との関わりでのお看取りのケースです。 80代の認知症のある高齢男性。繰り返す誤嚥性肺炎で入院。入院後肺炎は改善するも嚥下機…

ACPJC:SR Diagnosis 認知症スクリーニング検査の感度特異度

ACPJCアップです〜。認知症のスコアってこんなにあるんだなあ。 Cognitive tests to detect dementia: a systematic review and meta-analysis. Tsoi KK, Chan JY, Hirai HW, Wong SY, Kwok TC. JAMA Intern Med. 2015;175:1450-8. 臨床上の疑問: 認知症の…

論文抄読会:JAMA & NEJM 最近発症の腰背部痛への早期運動療法/脂質異常症に対するPCSK9阻害薬/サプリメントによる副作用受診の頻度/年1回の検診をやめよう/不眠症レビュー

■JAMA■ 最近発症の腰背部痛への早期運動療法 Early physical therapy vs usual care in patients with recent-onset low back pain*1 腰背部痛(low back pain)はコモンな主訴の一つです。オピオイド使用や早期にMRIを取ることは予後不良と関連しているとの…

論文抄読会:BMJ & Lancet ガイドライン推奨薬への併存疾患の影響/妊娠中の飲酒/自宅看取りがベストか?/ピロリ菌ワクチン/治療抵抗性高血圧にスピロノラクトン追加

■BMJ■ ガイドライン推奨薬への併存疾患の影響 Association between guideline recommended drugs and death in older adults with multiple chronic conditions population based cohort study*1 multimorbidityにどの様に対応していくかというテーマの論文…

論文:高齢者高血圧での降圧薬中止と認知機能

高齢者高血圧での降圧薬中止と認知機能Effect of discontinuation of antihypertensive treatment in elderly people on cognitive functioning - the DANTE study leiden*1 JAMA Intern Med.2015;175(10):1622-1630【背景】 観察研究の結果では血圧が低いこ…

デスカンファ:関係性の中での看取り

久しぶりにデスカンファエントリー。デスカンファを毎月行っています。今は病院・診療所・施設それぞれの場で行う事があり、それぞれの場で気付きが違います。今回は施設でお看取りした患者さんのデスカンファを施設で行いました。 90代女性。夫と死別し子供…

論文抄読会:JAMA & NEJM 虚血性心疾患患者へのメール介入/院内CPAでのROSC後予後とDNARオーダー/高齢者糖尿病の血糖管理/CV挿入部位による合併症頻度の違い/Asthma-COPD overlap syndrome

■JAMA■ 虚血性心疾患患者へのメール介入 Effect of lifestyle-focused text messaging on risk factor modification in patients with coronary heart disease*1 これもなかなか興味深い研究です。虚血性心疾患既往のある患者さんに対して効果のある介入とい…

論文抄読会:JAMA & NEJM 抗核抗体検査/前立腺癌スクリーニング/低活動高齢者に対する運動プログラムの認知機能への影響/手術時のワーファリン中断/前夜処置の手術成績への影響

■JAMA■ 抗核抗体検査 Clinical significance of a positive antinuclear antibody test*1 恒例のJAMAのDiagnostic test interpretationです。要は検査結果の解釈についてエビデンスベースで勉強させてくれるコーナーという感じ。まずは症例が出てきます。 症…

ACPJC:RCT 終末期患者におけるスタチン中止の影響

ACPJCのこのテーマは個人的には結構好きです。こうゆうの大事だよなあ。思考停止にばしっとメスを。 Safety and benefit of discontinuing statin therapy in the setting of advanced, life-limiting illness: a randomized clinical trial. Kutner JS, Bla…

論文:転倒リスクのある高齢女性への運動プログラム

転倒リスクのある高齢女性への運動プログラムEffectiveness of two year balance training programme on prevention of fall induced injuries in at risk women aged 75-85 living in community : Ossebo randomised controlled trial BMJ 2015;101h;3;2 【…