栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

高齢者

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー 何かが水の中に 他

ミネルバです!タイトルが怖い。夏のホラーみたいになってますね。ひとまず今回は①地下水中のリチウム②Glasgow coma scale③高血圧治療の合剤④閉経と認知機能⑤ジフテリア/破傷風/百日咳ワクチン⑥生物製剤と授乳

論文:RCT 施設入所中の進行期認知症患者に対するACP(Advance Care Planning)ビデオ支援ツールの効果

ACPが流行ってますね。あ、アメリカ内科学会ではないですよ。ACPの光と影みたいなテーマの発表が某所であったとか無かったとか、色々ありますが、ひとまず国として、進めていく方針ではありますので、その方法論についても論ずる必要はあります。ACPの難しさ…

論文:RetroCohort 施設入所中の進行期認知症患者における股関節骨折患者への外科的治療と非外科的治療の臨床アウトカム

このテーマは在宅診療に携わっていると非常に悩むテーマの一つです。施設で転倒して、明らかに臨床的な骨折を認めている場合、でも一方で高度認知症があり、手術を本当にするのか?この悩み・葛藤は多いです。 個人的にも、手術をせずに最終的には疼痛もとれ…

ACPJC:治療 正常認知機能およびMCI成人では、薬物療法は認知機能の予防にも遅延にも関係しない

ACPJC紹介です。ここは、もちろん常識だとは思うのですが、正直これだけ様々な薬剤が評価されていたのだなあと感慨深かったです(遠い目)。 Fink HA, Jutkowitz E, McCarten JR, et al. Pharmacologic interventions to prevent cognitive decline, mild co…

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー 老人性難聴 他

ミネルバご紹介なり〜毎回勉強になりますが、意外な事実という感じが良いですね①老人性難聴②心房中隔欠損③高血圧を治療する時期を決める④抗菌薬耐性⑤本当にベストフレンドか?⑥二重に見える

ACPJC:治療 市中の高齢者ではカルシウムとビタミンDは併用でも単剤でも骨折を減らさない

ACPJC紹介です。これは以前からビタミンDは骨折を減らす!ってなってて、なんでやねん?って突っ込んでおりましたが、少なくとも通常の自宅で生活している高齢者では効果ないってことですかね。もともとは施設入所者のエビデンスだったので、それはまた次と…

LESS IS MORE:心不全患者の感覚障害 A teachable moment

LESS IS MOREですこの辺りはとても重要ですが確かに盲点になりやすいですね。もう少し、サポーティブな体制を作りたいなあ。

論文:RetroCohort 日本の単一医療機関の高齢外来患者における医療費免除とPIMsへの影響

日本の単一医療機関の高齢救急患者における医療費免除とPIMsへの影響Effect of total exemption from medical service co-payments on potentially inappropriate medication use among elderly ambulatory patients in a single center in Japan: a retrosp…

Review:胸膜疾患

Cです。胸膜疾患に関してです。宜しければどうぞ。 最近更新の速度が遅くなって来ています。1日が24時間では足りませんね。

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー 腱をたたく 他

今回もなかなか興味深いです。とりあえずアキレス腱のたたき方は試してみようかなと思います。皆様も是非!①アキレス腱反射②脳と血圧③肺癌スクリーニング④高齢者向けコミュニティグループ⑤胎動

論文:RCT 入院中に薬剤師が行う多面的介入の再入院リスクへの効果

入院中に薬剤師が行う多面的介入の再入院リスクへの効果Effect of an In-Hospital Multifaceted Clinical Pharmacist Intervention on the Risk of Readmission JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2017.8274 Published online January 29, 2018. …

勉強会:健康格差社会について

Cです。久しぶりの投稿です。総説ではないのですが健康格差の社会決定要因に関する資料をまとめてみました。元がPPT形式の資料なので一部分かりにくい所もあるかもしれませんが宜しければご覧下さい。ご意見等戴ければ幸いです。

論文:RetroCohort NHO栃木医療センターにおける高齢外来患者に対する総合感冒薬処方の特徴

NHO栃木医療センターにおける高齢外来患者に対する総合感冒薬処方の特徴Characteristics of the use of cold combination products among older ambulatory patients at the National Hospital Organization Tochigi Medical Center in Japan: a retrospecti…

論文:Retrocohort 亡くなる20年前からの血圧トラジェクトリー

亡くなる20年前からの血圧トラジェクトリーBlood Pressure Trajectories in the 20 Years Before Death JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2017.7023 Published online December 4, 2017. 【背景】 人生の終盤に血圧が安定化したり低下したりとい…

論文:SR 高齢者の転倒予防介入の比較

高齢者の転倒予防介入の比較Comparisons of Interventions for Preventing Falls in Older Adults JAMA. 2017;318(17):1687-1699. 【背景】 転倒は患者およびヘルスケアシステムにとって大きな負担となり、世界的な高齢化についれて転倒率も増加してきている…

読んだ本:いのちの終わりにどうかかわるか

さて、書籍紹介。最近色々お世話になっている先生方とご一緒させて頂きました。これ、改めて目を通してみましたが、非常に実践的かつ意欲的な内容です。 序文で木澤先生が書かれていた、本書の唯一無二の部分として1)どのように緩和ケア、エンドオブライフ…

論文:観察研究 高齢者の持続的な疼痛は、記憶障害や認知症と関係する

色々思うところがあり、論文紹介スタイルを少し変えてみたいと思います。試行錯誤です、はい。高齢者関連の論文は色々交絡が多いですが、今回はこちらを取り上げてみます。 www.ncbi.nlm.nih.gov Association Between Persistent Pain and Memory Decline an…

Review:Lancet COPD

Cです。久しぶりの投稿です。COPDの総説です。 COPDという疾患はそのうち分類の変更などあるかもしれませんね。 肺気腫と慢性気管支炎でこれほどの差があるとは。 LABA・LAMA併用が治療の主流になりつつあるというのも勉強になりました。 どうぞお読みくださ…

症例:BMJ 高齢者の軽度嚥下障害と咽喉頭異常感

case reportなり〜。Globus sensationを球感覚と訳すか咽喉頭異常感と訳すかでしょうかねえ。それにしても初めて知った病気。 症例:72歳男性 軽度嚥下障害と咽喉頭異常感 BMJ 2017;357:j2106 72歳男性。3-4か月前から非進行性の嚥下障害と頸胸椎レベルの異…

論文:Retrocohort 外来高齢患者の引き継ぎにおいて、不要な薬剤が申し送られている頻度

外来高齢患者の引き継ぎにおいて、不要な薬剤の申し送られている頻度Prevalence of inadequately justified medications transferred during outpatient handoffs of elderly patients Geriatr Gerontol Int. 2017 Feb;17(2):355-357. doi: 10.1111/ggi.1287…

LESS IS MORE: 高齢者のポリファーマシー 〜良かれと思ったのに〜 A teachable moment

さてLESS IS MORE。ポリファーマシー登場です。でもまあ、普通のことでした。これが普通と思えるようなことをやっているのが大事な気もします。復習がてらご一読下さい。どちらかといえば病院目線の投稿です。

Review:Lancet 甲状腺機能低下症

Cです。今回は甲状腺機能低下症です。普段接する頻度の高い疾患も結構知らない事が多く、勉強になります。勉強不足な自分に日々反省、でもあります。ではどうぞ。

Review:JAMA 2型糖尿病と心房細動とNOACと

Cです。JAMAがコモンな疾患のレビューを書いてくれました。 残念なのは費用という点からの記述がない事、NOAC間の比較情報がない事でしょうか。 どの分野でもそうですが「では我が国では何を根拠にどうすれば良いか」というのが必ずぶつかる壁ですね。 もう…

論文:RCT 75歳以上の高齢者に対する厳格な降圧が歩行速度や移動制限に与える影響

Effect of Intensive Blood Pressure Control on Gait Speed and Mobility Limitation in Adults 75 Years or Older A Randomized Clinical Trial75歳以上の高齢者に対する厳格な降圧が歩行速度や移動制限に与える影響 JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamaint…

LESS IS MORE:"説明可能な"体重減少 A teachable moment

高齢者の体重減少は日常的に関わることが多いですが、これも日々感じていることです。検査の組み立て自体も、侵襲度や期待度など加味しながらやりますよね。

LESS IS MORE: Van HalenのM&Mチョコレート A teachable moment

このタイトルであーあれね!となった人はまあ、オタクです。ならなかった人も是非読んでみて頂けると嬉しいです。M&Mチョコレートは何かに気付かせてくれるんですよね。さて、こういった視点は決して医師だけに必要な視点ではないのです。高齢者診療に携わる…

論文:Cross-Sectional 日本人高齢者の社会的繋がりと血糖コントロール

Association between Social Relationship and Glycemic Control among Older Japanese: JAGES Cross-Sectional Study日本人高齢者の社会的繋がりと血糖コントロール PLOS ONE DOI:10.1371/journal.pone.0169904 January 6, 2017【目的】 本研究は、社会的サ…

2016年まとめ② 2016年論文ベスト5

2016年まとめ第二弾。独断と偏見で選ぶ今年の論文ベスト5です。 今年も一年間なんやかんやで多くの論文に目を通させて頂きました。偏りはあるかと思いますが、是非お付き合い下さいませ。ショートサマリーはつけますが、興味があれば是非本文までアクセスし…

論文:RCT 進行性認知症に対するケアのゴールを意識した介入効果

進行性認知症に対するケアのゴールを意識した介入効果Effect of the goals of care intervention for advanced dementia*1 JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2016.7031 Published online November 28, 2016. 【背景】 進行期認知症では、ケアのゴ…

LESS IS MORE: 高齢者への抗うつ薬処方 Antidepressant prescription in the geriatric populations A teachable moment

高齢者に絞って有害事象の多さを指摘しています。個人的にはこの悲嘆反応とうつ病の境界を見極めることの重要性を感じています。プライマリケア医はとかく小手先のテクニックに走りがちなので・・・