栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

ACPJC

ACPJC:Prognosis 心筋梗塞患者では新規発症の心房細動があると90日以内の心血管イベントリスクが増える

ACPJCまとめです。まあそうなんですね。心房細動が起こってしまうほどの心筋梗塞ということなんでしょうか・・・ All types of atrial fibrillation in the setting of myocardial infarction are associated with impaired outcome. Batra G, Svennblad B, …

ACPJC:Etiology 高齢者ではマクロライド系抗菌薬は心室性不整脈増加とは関連しない

ACPJCまとめです。このテーマはこれでほぼ決着で良い気がしますが・・・ Macrolide antibiotics and the risk of ventricular arrhythmia in older adults. Trac MH, McArthur E, Jandoc R, et CMAJ. 2016;188: E120-9. 臨床上の疑問: 高齢者では、マクロラ…

ACPJC:Clinical Prediction Guide ABC脳卒中リスクスコアはCHA2DS2-vascスコアよりも心房細動患者の脳卒中を予測する

ACPJCまとめです。恥ずかしながらこのスコアは初めて。ガチンコ対決か!?とりあえずSTABILITY研究の語呂がいかん! The ABC (age, biomarkers, clinical history) stroke risk score: a biomarker-based risk score for predicting stroke in atrial fibril…

ACPJC:Therapeutics 糖尿病患者では血圧を下げる効果はベースラインの血圧が140mmHg以上の場合期待できる

ACPJCまとめです。糖尿病の方の血圧コントロールの話題。是非是非ご参考に。 Effect of antihypertensive treatment at different blood pressure levels in patients with diabetes mellitus: systematic review and meta-analyses. Brunstrom M, Carlberg …

ACPJC:Therapeutics 急性痛風発作に対するプレドニゾロンはインドメタシンと同等の鎮痛効果

ACPJCまとめておきます。痛風に対するプレドニゾロンの効果。これは解釈によって異なりますね。 Oral prednisolone in the treatment of acute gout: a pragmatic, multicenter, double-blind, randomized trial. Rainer TH, Cheng CH, Janssens HJ, et al. …

ACPJC:Therapeutics CHESTが静脈血栓症に対する抗凝固薬投与についての20の強い推奨

ACPJCまとめておきます。CHESTのガイドラインは見ていませんでした。AVPJCの有り難いところは、ガイドラインのUpdateもまとめてくれているところですよね。 Antithrombotic therapy for VTE disease: CHEST guideline and expert panel report.Kearon C, Akl…

ACPJC:Therapeutics バレニクリン/ニコチン置換療法の組み合わせ/ニコチンパッチは6ヶ月後の禁煙率に差が無い

ACPJCです。禁煙も薬の効果は玉石混淆といったところでしょうか。今年から少しずつ禁煙外来の経験を積んでいますが、なかなか興味深いです。 Effects of nicotine patch vs varenicline vs combination nicotine replacement therapy on smoking cessation a…

ACPJC:Therapeutics 80歳以上のNSTEMIや不安定狭心症患者で、侵襲的な治療戦略は心血管アウトカムを改善する

ACPJCです。80歳以上のエビデンスが少しずつ出てきていますね。なんといってもこの研究グループの名前が「After Eighty study investigators」ですからねえ(笑) Invasive versus conservative strategy in patients aged 80 years or older with non-ST-el…

ACPJC:Therapeutics 移行期ケアとしてのテレモニタリングは心不全患者の再入院を減らすか

ACPJC5月分でました〜。今月も少しずつ紹介していきます! Effectiveness of remote patient monitoring after discharge of hospitalized patients with heart failure: the Better Effectiveness After Transition–Heart Failure (BEAT-HF) randomized cli…

ACPJC:Therapeutics 血管リスクの高い高齢者ではスタチンは、4.5〜5年間の認知症や認知機能低下を予防できない

ACPJCそろそろ4月分終わり。そろそろ5月分が公開されるので楽しみです。 Statins for the prevention of dementia. McGuinness B, Craig D, Bullock R, Passmore P. Cochrane Database Syst Rev. 2016;1: CD003160. 臨床上の疑問: 年齢や血管イベントなどで…

ACPJC:Therapeutics 40歳以上の平均的なリスクの女性に対する乳癌スクリーニング

ACPJCです。ここら辺は今だいぶデリケートな部分ではありますが・・・。害の部分だけ切り抜いて検証するstudyがこんなにあるとは驚きです。 Harms of breast cancer screening: systematic review to update the 2009 U.S. Preventive Services Task Force r…

ACPJC:Therapeutics 院外心停止に対する機械CPRと用手CPRでは生存率も神経予後も変わらない

ACPJCです。機械のレベルは色々な分野で人間を超えようとしておりますね。 Manual cardiopulmonary resuscitation versus CPR including a mechanical chest compression device in out-of-hospital cardiac arrest: a comprehensive meta-analysis from ran…

ACPJC:Therapeutics EF低下心不全患者では看護師主導の心不全治療薬の調整が入院と死亡率を減らす

ACPJCです。なんか最近CPAPの副次効果は期待しないことにしております。 Nurse-led titration of angiotensin converting enzyme inhibitors, beta-adrenergic blocking agents, and angiotensin receptor blockers for people with heart failure with redu…

ACPJC:Therapeutics 睡眠時無呼吸症候群に対するCPAPとMADs

ACPJCです。なんか最近CPAPの副次効果は期待しないことにしております。 CPAP vs mandibular advancement devices and blood pressure in patients with obstructive sleep apnea: a systematic review and meta-analysis. Bratton DJ, Gaisl T, Wons AM, Ko…

ACPJC:Etiology 消化管出血後に抗血栓薬を再開することは心房細動患者の予後改善に繋がる

ACPJCです。このトピック重要ですね。実際出血した人に続けましょう!っていうの難しいですけどね。 Stroke and recurrent haemorrhage associated with antithrombotic treatment after gastrointestinal bleeding in patients with atrial fibrillation: n…

ACPJC:Review PCSK9阻害薬は全死亡を減らしたが神経認知イベントは増やした

ACPJCです。PCSK9は鳴り物入りだったけどここで暗雲ですね。まあなかなかうまくいかないって事だなあ・・・ The impact of proprotein convertase subtilisin-kexin type 9 serine protease inhibitors on lipid levels and outcomes in patients with prima…

ACPJC:Diagnosis 末梢体温は深部体温を正確に評価できるか?

ACPJCです。体温測定かあ。確かこれ読んだ気も。こういったものも検証大事ですね。 Accuracy of peripheral thermometers for estimating temperature: a systematic review and meta-analysis. Niven DJ, Gaudet JE, Laupland KB, et al. Ann Intern Med. 2…

ACPJC:Therapeutics ACRがRAに対する10の治療推奨を提示

ACPJCです。こんなん出てたんですねえ。原文読まんとな。 2015 American College of Rheumatology guideline for the treatment of rheumatoid arthritis. Singh JA, Saag KG, Bridges SL Jr, et al. Arthritis Rheumatol. 2016;68:1-26. 臨床上の疑問: 関…

ACPJC:Therapeutics リスクの高い患者ではニコチン酸アミド内服が新規の非悪性黒色腫性の皮膚がんを減らす

ACPJCのんびり行きます。そういえば昔ニコチン酸アミドを類天疱瘡の方に使ったことがありました。 A phase 3 randomized trial of nicotinamide for skin-cancer Chen AC, Martin AJ, Choy B, et al. N Engl J Med. 2015;373:1618-26. 臨床上の疑問: 皮膚癌…

ACPJC:Clinical Prediction Guide 心房細動患者ではCHADS2やCHADS2-vascよりもATRIAスコアが良い?

ACPJC今月はちょっと不作。でもこれは興味深いです。 ATRIAスコアに要注目! Comparative performance of ATRIA, CHADS2, and CHA2DS2-VASc risk scores predicting stroke in patients with atrial fibrillation: results from a national primary care dat…

ACPJC:Etiology 高血圧患者で非心臓手術を予定している患者では、長期間のβ遮断薬治療が周術期の主要心血管イベント(MACE)や死亡を増やす

ACPJCです。β遮断薬と周術期という話題です。 β-blocker-associated risks in patients with uncomplicated hypertension undergoing noncardiac surgery. Jørgensen ME, Hlatky MA, Køber L, et al. JAMA Intern Med. 2015;175:1923-31. 臨床上の疑問: 高…

ACPJC:Therapeutics 心血管疾患を合併した2型糖尿病患者では、エンパグリフロジンが3.1年後に心血管イベントを減らす

ACPJCでも取り上げられていました。さてさて、どんな評価になりますことやら。 Empagliflozin, cardiovascular outcomes, and mortality in type 2 diabetes. Zinman B, Wanner C, Lachin JM, et al; EMPA-REG OUTCOME Investigators. N Engl J Med. 2015;37…

ACPJC:Therapeutics COPD患者ではチオトロピウムはイプラトロピウムと比較して肺機能を改善し副作用は少ない

ACPJCではCOPDに対するLAMAガチンコ比較でしょうか。そろそろネットワークメタか解析が必要でしょうか Tiotropium versus ipratropium bromide for chronic obstructive pulmonary disease. . Cheyne L, Irvin-Sellers MJ, White J. Cochrane Database Syst …

ACPJC:Therapeutics 変形性膝関節症患者では、人工膝関節置換が12ヶ月後の疼痛と機能を改善する

ACPJCでは以前もNEJMで取り上げたTKRの論文が出ていました。 A randomized, controlled trial of total knee replacement. Skou ST, Roos EM, Laursen MB, et al. N Engl J Med. 2015;373:1597-1606. 臨床上の疑問: 変形性膝関節症患者において、人工膝関節…

ACPJC:Clinical Prediction guide ORBIT出血スコアは心房細動患者の2年以内の主要な出血を予測する

ACPJCで出血リスク見積もりスコアの検証。ORBITスコアは初めて知りました。 The ORBIT bleeding score: a simple bedside score to assess bleeding risk in atrial fibrillation. O’Brien EC, Simon DN, Thomas LE, et al. Eur Heart J. 2015;36:3258-64. …

ACPJC:Therapeutics カルシウムサプリと50歳以上の骨折リスク

ACPJCで最近話題のカルシウムさん登場です。 Calcium intake and risk of fracture: systematic review. Bolland MJ, Leung W, Tai V, et al. BMJ. 2015;351:h4580.臨床上の疑問: 食事由来のカルシウムやカルシウムサプリメントが50歳以上の成人の骨折リス…

ACPJC:Prognosis 新規に痛風と診断された患者は化膿性関節炎のリスクがあがる

ACPJC。結晶沈着性関節炎と化膿性関節炎は単関節炎診療の永遠のテーマです。 Septic arthritis in gout patients: a population-based cohort study. Lim SY, Lu N, Choi HK. Rheumatology (Oxford). 2015;54:2095-9.臨床上の疑問: 新規に痛風と診断された…

ACPJC:Etiology 1年以上のオルメサルタン使用は消化管吸収不良による入院が増加する

ACPJCです。ARBの中でも特にオルメテックⓇで注意が必要なようです。 Severe intestinal malabsorption associated with olmesartan: a French nationwide observational cohort study. Basson M, Mezzarobba M, Weill A, et al. Gut. 2015 Aug 6.. 臨床上の…

ACPJC:Clinical Prediction Guide CKD-EPI法によるGFR予測値は他の推定法よりも、PCI後の有害事象を予測する

ACPJCです。ちょっとマニアックなところですが、皆さんはeGFRを使い分けていますか?という話。 Choice of estimated glomerular filtration rate equation impacts drug-dosing recommendations and risk stratification in patients with chronic kidney d…

ACPJC:Diagnosis RASSは救急外来でせん妄を予測できるか?

ACPJCです。救急外来でせん妄を適格に診断できるようになったら、いらんルンバールを回避出来るのに・・・と高齢者の意識障害ばかり診ている医師は思うわけですが・・・ The diagnostic performance of the Richmond Agitation Sedation Scale for detecting…

ACPJC:RCT Therapeutics コントロール不良の高血圧患者に対する薬剤師介入は6ヶ月後の血圧を低下させる

ACPJCアップします。やっぱり薬剤師介入は最近熱い感じでしょうか。コメンテーターはかなり慎重派。まあ処方権限を持たせている国ならではの視点ですが・・・ Randomized trial of the effect of pharmacist prescribing on improving blood pressure in the…

ACPJC:Clinical Prediction Guide HOMRは入院患者の1年後死亡予測に有用

ACPJCアップです〜。HOMRというスコアは今回初めて知りました。まあ、スコアはスコアなんですが・・・ External validation of the Hospital-patient One-year Mortality Risk (HOMR) model for predicting death within 1 year after hospital admission.va…

ACPJC:RCT Therapeutics 腹腔内感染症に対する抗菌薬投与期間

ACPJCアップです〜。これは以前NEJMの論文で読みましたが。 Trial of short-course antimicrobial therapy for intraabdominal infection.Sawyer RG, Claridge JA, Nathens AB, et al. N Engl J Med. 2015; 372:1996-2005. .臨床上の疑問: 複雑性腹腔内感染…

ACPJC:SR Diagnosis 認知症スクリーニング検査の感度特異度

ACPJCアップです〜。認知症のスコアってこんなにあるんだなあ。 Cognitive tests to detect dementia: a systematic review and meta-analysis. Tsoi KK, Chan JY, Hirai HW, Wong SY, Kwok TC. JAMA Intern Med. 2015;175:1450-8. 臨床上の疑問: 認知症の…

ACPJC:Therapeutics RCT 閉経後でアロマターゼ阻害薬治療中の乳癌患者さんに対するデノスマブは骨折を減らす

ACPJCアップです〜。デノスマブ確かに良いんですけど、高いよなあ・・・ Adjuvant denosumab in breast cancer (ABCSG-18): a multicentre, randomised, double-blind, placebo- controlled trial. Gnant M, Pfeiler G, Dubsky PC, et al; Austrian Breast a…

ACPJC:RCT Therapeutics 流産を繰り返す妊婦さんに対する低分子ヘパリン

ACPJCアップです〜。今回のテーマはあまり馴染みがないですね。 Low- molecular-weight heparin for women with unexplained recurrent pregnancy loss: a multicenter trial with a minimization randomization scheme. Schleussner E, Kamin G, Seliger G,…

ACPJC:etiology ダビガドランとリバロキサバンはワーファリンと比較して消化管出血を増やさない

ACPJCアップしておきます。今日は意外と早く終わりました。 Comparative risk of gastrointestinal bleeding with dabigatran, rivaroxaban, and warfarin: population based cohort study. Abraham NS, Singh S, Alexander GC, et al. BMJ. 2015;350:h1857.…

ACPJC:Prognosis 閉塞性睡眠時無呼吸症候群は死亡率と合併症に関連する

ACPJCアップしまーす。そしてこれから診療所へ〜。 Association of incident obstructive sleep apnoea with outcomes in a large cohort of US veterans. Molnar MZ, Mucsi I, Novak M, et al.Thorax. 2015;Jun 2. Epub ahead of print. .臨床上の疑問:・…

ACPJC:SR COPD増悪を予防する方法はインフルエンザワクチンと吸入療法

ACPJCアップします。ブログオンタイム目指していきます! Prevention of acute exacerbations of COPD: American College of Chest Physicians and Canadian Thoracic Society Guideline. Criner GJ, Bourbeau J, Diekemper RL, et al. Chest. 2015;147:894-…

ACPJC:初発痙攣に抗けいれん薬をすぐ入れるか、再発まで待つか

ACPJCアップします。ちょっとブログ更新遅れ気味。最近、スケジュール管理やばいのと実は少し風邪気味。 Evidence-based guideline: management of an unprovoked first seizure in adults: report of the guideline development subcommittee of the Americ…

ACPJC:健常人に対する2型糖尿病スクリーニングは全死亡・心血管死亡を減らさない

ACPJCアップしときます。世間はシルバーウィークですねえ。 Screening for type 2 diabetes mellitus: a systematic review for the U.S. Preventive Services Task Force. Selph S, Dana T, Blazina I, et al. Ann Intern Med. 2015;162:765-76. 臨床上の疑…

ACPJC:RCT follow 重症大動脈弁狭窄症に対するTAVRは通常ケアより死亡率を下げる

ACPJC。最近は本当に技術革新がものすごいですね。TAVRはその最たる部分でしょうか。あとは費用対効果や医療格差の問題をどうするか。 5-year outcomes of transcatheter aortic valve replacement compared with standard treatment for patients with inop…

ACPJC:SR ラクナ梗塞患者では単剤抗血小板薬投与が脳卒中再発を予防する

ACPJC。こんな王道のテーマでも条件絞るとこれくらいしか根拠ないんだなあと改めて。 Efficacy of antiplatelet therapy in secondary prevention following lacunar stroke: pooled analysis of randomized trials. Kwok CS, Shoamanesh A, Copley HC, et a…

ACPJC:RCT 終末期患者におけるスタチン中止の影響

ACPJCのこのテーマは個人的には結構好きです。こうゆうの大事だよなあ。思考停止にばしっとメスを。 Safety and benefit of discontinuing statin therapy in the setting of advanced, life-limiting illness: a randomized clinical trial. Kutner JS, Bla…

ACPJC:SR ABPMは心血管イベント発生を予測する

夏休み明け復活です。といっても既に更新が遅れるという・・・ACPJCまとめをとりあえず挙げときます。 Diagnostic and predictive ac- curacy of blood pressure screening methods with consideration of rescreening intervals: a systematic review for t…

ACPJC:SR 乾癬と炎症性腸疾患に対するMTX使用と肺病変

ACPJCまとめですMTX肺炎は実在するのか?という問いはナンセンスかもしれませんが、これを診るとそれほど多くないのでは?RAの肺病変と混同されているのでは?と思ってしまいますね。 Methotrexate use and risk of lung disease in psoriasis, psoriatic ar…

ACPJC:RCT 合併症の無い皮膚軟部組織感染に対するクリンダマイシンはST合剤と同等の効果

ACPJCです〜。今回は選択ミス。以前読んでました。4大ジャーナル以外を取り上げようとしているんだけど・・・ Clindamycin versus trimethoprim-sulfamethoxazole for uncomplicated skin infections. Miller LG, Daum RS, Creech CB, et al; DMID 07-0051 T…

ACPJC:SR 入院患者に対する多角的非薬物療法はせん妄を減らす

ACPJCまとめですせん妄は高齢者の入院診療を提供している施設にとっては病棟全体で取り組むべき重要課題の一つですよね。 Effectiveness of multicomponent non- pharmacological delirium interventions: a meta-analysis. Hshieh TT, Yue J, Oh E, et al. …

ACPJC:ICUでの勤務時間が過剰になっても患者有害事象は増えなかった

ACPJCです〜。北米では研修医の研修時間の制限が厳しい模様ですね。研修医も必死です。 Patient safety, resident well-being and continuity of care with different resident duty schedules in the intensive care unit: a randomized trial. Parshuram C…

ACPJC:RCT 開放隅角緑内障の視野保持にラタノプロスト点眼は有効である

ACPJCです〜。ポリファーマシーに取り組むに辺り眼科点眼薬のエビデンスも重要です。 Latanoprost for open- angle glaucoma (UKGTS): a randomised, multicentre, placebo- controlled trial. Garway-Heath DF, Crabb DP, Bunce C, et al. Lancet. 2015;385…