栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

Review

Review:NEJM オピオイド使用による疾患の治療

Cです。国内ではあまり馴染みのない疾患ですがちょっと読んでみました。 日米のオピオイド処方事情の違いがよくわかる総説でした。 「メサドンクリニック」というオピオイド関連疾患治療のクリニックがあるそうな。 社会問題になる訳ですよね。 「薬物の離脱…

Review:NEJM クッシング症候群の診断と鑑別法

Cです。今回はクッシング症候群の診断についてです。同量のKさんが珍しく面白いレビューだったと褒めていましたが確かに面白かったです。 臨床症状と疾患のEtiology、Epidemiologyから行うべき検査の論理を展開して行くという、今までのレビューとは少し違っ…

Review:NEJM 急性脊髄圧迫

Cです。下肢麻痺は救急でも時折出会いますが根本的に内科だけではどうにもならない事が多いですよね。自分はちょっとだけ緩和にも手を出しているので転移性骨腫瘍による脊髄圧迫に出会う事がたまにあります。大規模な病院でもない限り地域のリソースをフル活…

Review:Lancet 甲状腺機能低下症

Cです。今回は甲状腺機能低下症です。普段接する頻度の高い疾患も結構知らない事が多く、勉強になります。勉強不足な自分に日々反省、でもあります。ではどうぞ。

Review:NEJM ベンゾジアセピン依存の治療

Cです。久しぶりの投稿で4月になってしまいました。月2回は投稿したいものですが・・・。 BZP依存は日本だけでなく世界各国で問題になっているようです。 後半の心理療法の部分は馴染みがないので訳していてもチンプンカンプンで…。 つたないところが沢山あ…

Review:NEJM 渡航感染症

Cです。栃木で診療をしていて渡航感染症を疑う人は殆どいないので知識の整理になりよかったです。渡航感染症に対する国際的な取り組みの上に我々の診療が成り立っているんですね。感動です。 感染症に拘らず日本も全国レベルの疾患把握や情報の蓄積と共有、…

Review:JAMA 2型糖尿病と心房細動とNOACと

Cです。JAMAがコモンな疾患のレビューを書いてくれました。 残念なのは費用という点からの記述がない事、NOAC間の比較情報がない事でしょうか。 どの分野でもそうですが「では我が国では何を根拠にどうすれば良いか」というのが必ずぶつかる壁ですね。 もう…

Review:Lancet 梅毒

Cです。梅毒のレビューが出ており早速読みました。 梅毒は忘れた頃にぽろっとやってきますよね。 以前MSMのレビューも読んだので個人的には待ち構えているつもりなんですが いざ実際に見つけると慌ててしまいます。 皆様の日常診療のお役に立てれば幸いです。…

Review:BMJ 軽症高血圧

Cです。最近ガス欠気味でしたが久しぶりの投稿です。脂質異常症と同様、高血圧もCVDリスクを勘案し治療するべきとの事です。白人はフラミンガムなどCVDリスクを計算するシステムが有りますが我々日本人はどうしたらいいでしょうか?NIPPONDATA80/90を元に前…

Review:BMJ 尿管結石の内科的治療

あけましておめでとうございます。Cです。 昨年読んだ総説を出すのを忘れていました。 尿管結石は当直の終盤にであう「明け方の病気」という印象でしたが 内科的疾患というか身体的な不安定さを表す疾患という見方が出来ると思いました。 塩分、動物性蛋白に…

Review:Lancet クローン病

クローン病の総説です。UCは外来にちらほらいますがCDは専門医にお願いしてしまっているので治療経験がなく興味を持って読めました。 ・・・やはり専門医に送るべき疾患だというのが読んだ率直な感想です。 医療過疎で通院困難な地域ではどうしているんでし…

Review:NEJM 急性膵炎

Cです。待ち人来ず@職場です。 先日急性膵炎の症例にあたったのですが直後に急性膵炎のレビューでました。ごっつあんです。 正直、壊死に対して侵襲的治療をするようなケースは殆ど見た事がないのであまり実感が湧かないのですが、きっと一昔前は開腹ドレナ…

Review:NEJM HFpEF

Cです。NEJMがまたCommon diseaseのレビューを出してきました。 超高齢化社会にあって心不全は避けて通れない疾患の一つですね。 大した治療法が今の所ないというのも人間の体の難しさを痛感させられます。 極論、老いに逆らう事はできないですもんね。 個人…

Review:NEJM 肝性脳症

Cです。最近疲れ気味です。2週以内には1本読みたいのですが・・・。 今回は肝性脳症です。 そういえば昔、悪性腫瘍からの門脈腫瘍栓のための肝性脳症を診ました。非肝硬変でも肝性脳症になるのだと驚きました。 最近我々の病院では臨床判断をを重視するためC…

Review:NEJM 慢性咳嗽

Cです。 友人のSもとさんが「あんまりこれといった内容では」と言う様な事を言っていたのでつまらなかったらどうしようかと思いましたが後半はなかなか面白かったです。 概念自体が変わりつつあるんですね。国内のガイドラインを熟読していなくて知りません…

Review:NEJM インフルエンザワクチン

Cです。インフルが猛威を振い始めていますね。そんな時にワクチンの総説です。 効果に関する詳細な説明は自分的にはいまいちだったのですが、これはこれで面白かったです。 どうぞ!

Review:Lancet 脳卒中

Cです。ランセットが「脳卒中」という大きなテーマのレビューがありました。 こういうコモンな疾患のレビューには眼がないです。どうぞご一読ください。

Review:NEJM 細菌性副鼻腔炎

Cです。細菌性副鼻腔炎のレビューが出ました。 コモンな疾患のレビューは興味を持って読めるのでありがたいです。 いわゆる二峰性発熱というのは副鼻腔炎全般をさすのだと思っていたら細菌性副鼻腔炎を示唆する特徴なんですね。勘違いしていました。お恥ずか…

Review:NEJM 早期に発症するCOPD

病み上がりCです。子供から風邪を貰いダウンしていました。 今回はCOPDの総説です。以前から喘息とCOPDは切って分ける事の出来ない疾患だと思っていましたがこれ読んで納得でした。我々は生まれた瞬間から肺も含め全身臓器の老化と炎症に曝されてますが、特…

Review:NEJM 多系統萎縮症

Cです。今回は数ヶ月前に作ったものです。たまたま該当疾患を担当する機会があったため作ったのですがcommonな疾患ではないため出す機会がありませんでした。 諸々の症状が進行し身体機能を奪って行く。発症年齢が比較的若いうえに認知機能は基本的に保たれ…

NEJM review 肝硬変の治療

Cです。肝硬変のレビューです。こういう疾患単位の総説は楽しく読めます。β遮断薬、抗生剤予防投与、アルブミンなど日本の教科書ではあまり見かけない?けどup to dateには確かに書いてある…という、自分的にかゆい所に手が届く感じの総説で面白かったです。…

Review: NEJM レイノー現象 Raynaud phenomenon

Cです。最近文献を読むのが遅くなって来ています。やや育児疲れといったところでしょうか。 NEJMのレイノー現象のレビューです。病態と症候のところは結構面白いですね。治療に関しては未開拓かつエビデンスレスな領域なんですね。 それにしても膠原病を診断…

Review:BJU 遊走腎 Nephroptosis

たまには管理人もレビューを訳すかと。メジャージャーナルでなくて恐縮ですが、ちょっと必要に迫られたので。この疾患って歴史部分がおもしろかったです。ややNeglectedな経過を辿って今に至る感じなんですね。それから名称も、遊走腎だとFloating Kidneyで…

Review:BMJ 高齢者の転倒予防

Cです。今回は高齢者の転倒予防についてです。 こういったレビューっていいですね。CGAという概念がありますが正直自分は実臨床に応用出来ていません。でも高齢者を見るという事は特殊な知識と能力が必要なんですよね。他職種と連携するノウハウとコミュニケ…

Review: JAMA 遷延性下痢 Persistent diarrhea

C@当直中です 遷延性下痢(と訳しましたが)という概念があります。慢性下痢とは違う概念なんですね。てっきり慢性下痢と思って楽しみにしていたら違ってとほほですがこれはこれで勉強になりました。

Review:Lancet PE/DVT

Cです。 LancetのPE/DVTの総説です。過小評価も過大評価も防がねばならないという難しい疾患ですよね。奥が深いです。それにしても、心房細動にしろVTEにしろ第一選択はDOACの時代になってしまいました。個人的には「ワーファリンでいいじゃん」と思う事が多…

Review:NEJM CABG

Cです。今回はCABGのレビューです。 3年前に当院にも循環器内科の常勤医が来てくれて、Cも一般内科医だてらにPCIのお手伝いをさせて頂くという貴重な経験をさせて頂きました。今はあまり呼んでくれませんが…涙。未だに冠動脈の番号をちゃんと覚えていない(ご…

Review:Lancet 細菌性髄膜炎

Cです。 細菌性髄膜炎のレビューです。 確定診断が培養検査からPCR検査に取って代わりつつあるんですね。知りませんでした。実際に臨床で使用している施設の方がいらっしゃったらそのような検査手法なのかお聞きしてみたいです。 実は欧州・アフリカでは髄膜…

Review:BMJ 転移性脊椎圧迫症候群

オンコロジー・エマージェンシーの一つですね。 緩和領域でも一般内科診療や救急診療と同様、病歴と身体診察が重要です。 特に「体が動かない」という訴えは見落とすべからざる落とし穴があります。 そのうちの一つです。ご覧下さい。 ※途中で日本発の予後予…

Review:JAMA PMRとGCA

Cさん、コメントコメント! 放送事故になりますよー笑

Review:BMJ 敗血症の病態生理と対応

Cです。 BMJの敗血症のレビューです。この分量とクオリティ。2週間かかりました。恐るべし。以下、だらだらと感想+私見です。適当に読み飛ばしてください。 BLSやACLSも似ていると思うのですが、突き詰めて行くとAという薬やBという診断法、Cというデバイス…

Review:NEJM 出血性胃潰瘍

NEJM 出血性胃潰瘍のレビューです 噴出性出血でも3日間入院というのですからやはり米国は医療費にシビアな国ですよね。でも最近良く思うのですが日本は逆に見習うべき所があると思います。入院の適応・継続の判断が甘すぎる傾向がありますよね。 「湿布薬の…

Review:NEJM 閉経後女性の骨粗鬆症

Cです。骨粗鬆症です。この通りに治療すると相当数の人にビス剤を投与する事になるんですが実際はそこまでは・・・。でも無治療の害をunder-estiamteしている気もするし… 皆様実臨床ではどうされているのでしょうか。

Review:JAMA Graves病の管理

Cです。 コモンな疾患のreviewはテンション上がります。 抗甲状腺薬を減量しても中止しきれず困っている人ってきっといますよね? RAIはバセドウ眼症のリスクになるって…恥ずかしながら知りませんでした…。 日本発のKI療法も記載されております。 どうでもい…

Review:NEJM 原因不明の脳梗塞 cryptogenic stroke

脳梗塞を診療していると必ずぶつかるこの問題。丁度入院症例にもいたのでタイムリーに読めました。 皆さんの施設で30日間もモニター記録できる心電図ってありますか? 植え込み式ループレコーダーなるものもあると最近知って驚きでした。 Occult Afという概…

Review:NEJM ナルコレプシー Narcolepsy

Cです。こんな疾患出会わないだろうなあと思っていたらこれを読んだ矢先に出会いました。ストックした知識が役立つ瞬間というのは嬉しいですね。感染や自己免疫とも関連があるかもしれないという事も初めて知りました。

Review:Lancet 関節リウマチ reumatoid arthritis

Cです。 Lancet 関節リウマチのreviewです。 膠原病専門医不在の地域は日本中多数あると思いますが、RAはコモンな疾患なのである程度は診れるといいですよね。でも非専門医の自分が何処まで手を出していいかは常日頃悩むところでした。 我々非専門医としては…

Review: NEJM 子宮筋腫 Uterine Fibroids

今回もそっけないなあ(笑)次回は何かしらコメントしなさいね。ということで子宮筋腫reviewです。

Review:BMJ 急性冠症候群 Acute coronary syndrome

さてまたまたreview。今回は超ド本命。それにしても毎回よく訳しますな。C先生、おつです。

Review:BMJ 糖尿病性ケトアシドーシス Diabetic ketoacidosis in adults

今週はReview2件でした。どんどん訳すのが早くなっている気もしますが・・・皆様のご参考になれば。

Review:NEJM 糖尿病性神経障害 Diabetic sensory and motor neuropathy

Review今週は2件でしたのでこちらもあげておきます。あと論文まとめだなあ。なかなか盛りだくさんです。

Review:NEJM スタチン関連自己免疫性筋症 Statin-Associated autoimmune myopathy

C先生に代わってアップしときます。休み明け再度特訓だな(笑)

Review:NEJM 高齢男性の尿路感染症 Urinary tract infection in older men

C先生のreview特集です。ひとまずアップしておきます。まだアップの仕方が分からないらしい・・・

Review:NEJM 非心臓手術の心臓合併症

おい!って突っ込み入れたくなりましたが(笑)2016年度からこのブログも当院の複数メンバーで更新していこうと思っています。管理人の「さかなクン」だけでなく、マッチョな虚の「いわいわさん」にご登場頂こうと思って、よろしくね〜って頼んでおいたらこ…