栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

LESS IS MORE:心不全患者の感覚障害 A teachable moment

LESS IS MOREですこの辺りはとても重要ですが確かに盲点になりやすいですね。もう少し、サポーティブな体制を作りたいなあ。

症例:JGIM 70歳女性 全身の多発皮下結節

case reportご紹介ですこれも興味深いです。既往歴が重要になりますが、それにしても全身にでるとは・・・ 症例:70歳女性 全身の多発皮下結節J Gen Intern Med 32(1):131–2 70歳女性で1988年にシリコンインプラントによる豊胸手術を受けていた。受診6日前に…

ACPJC:治療 救急外来を受診した片頭痛患者に対する静注プロクロルペラジン+ヒフェンヒドラミンは静注水溶性モルヒネより疼痛緩和効果が高い

ACPJC紹介です。片頭痛治療のオプションが増えるのは良いことです。楽しみ楽しみ。 Friedman BW, Irizarry E, Solorzano C, et al. Randomized study of IV prochlorperazine plus diphenhydramine vs IV hydromorphone for migraine. Neurology. 2017;89:20…

症例:BMJ 70歳女性 皮膚が硬いです

case reportご紹介ですこれも興味深いですねえ。薬剤ってホントに分からないもンです。そして、日本の千歳市民病院から。ここはNEJMのImageにも常連ですね。すごい! 症例:70歳女性 皮膚が硬いですBMJ 2018;361:k1326 doi: 10.1136/bmj.k1326 70歳女性が、…

論文:Cross sectional 米国成人の副鼻腔炎に対する抗菌薬治療期間

副鼻腔炎で抗菌薬が必要な状況自体がだいぶ少ないなあという印象はありますが、その治療期間についての研究が出ています。一方で米国では副鼻腔炎が外来で最も抗菌薬が処方される症状なのだそうです。抗菌薬stewardshipの取組は、抗菌薬を処方するかどうかや…

LESS IS MORE: 予防可能な失明 A teachable moment

GCA診療の幅を解説してくれています。コモンな疾患の非典型的所見の扱い方が重要になりますねとはいえ思った以上に眼科合併症少ない印象ですけどね。

CQ:腹水の培養は血液培養ボトルで取った方が良いですか?

日常診療で持った疑問を解決していくシリーズ。レジデントが研修を開始して色々質問が来るので大変勉強させていただいています。今回の臨床疑問は、CQ:腹水の培養は血液培養ボトルで取った方が良いか? Background(疑問が生まれた背景): SBPも鑑別に考え…

症例:JGIM 43歳男性 臍の膿

case reportご紹介ですJGIMも読み出したら千葉大学の先生方のcase reportがたくさん出てきていました。すごいなあ。うちもclinical imageから挑戦していこうかなあ。 症例:43歳男性 臍の膿J Gen Intern Med 32(3):360 43歳男性が、1週間経過する腹痛と臍か…

ACPJC:治療 成人の黄色ブドウ球菌菌血症で通常治療にリファンピシンを追加してもアウトカムは改善しない

ACPJC紹介です。RFP併用、時折見受けられますよね。根拠の無い併用薬剤についてのネガティブデータは意外と重要かもしれません。 Thwaites GE, Scarborough M, Szubert A, et al; United Kingdom Clinical Infection Research Group (UKCIRG). Adjunctive ri…

お勧め漫画:プレイボール2

今月のお勧め漫画紹介します!これは結構個人的衝撃が走っています。プレイボールは”ちばあきお”がその昔に書いていた野球漫画です。私世代の野球漫画っていうと、県立海空高校野球部員山下たろー君とか、H2とか色々あるんですが、ちょっと前世代で、ドカベ…

症例:BMJ 59歳男性 頸部皮疹

case reportご紹介。一発診断か? 症例:59歳男性 頸部皮疹BMJ 2018 ; 360 doi:https ://doi.org/10.1136/bmj.k1189 59歳男性。顔面・頸部・前腕・大腿に有痛性の発疹を認め、発熱もあるとのことで受診された。発疹出現の1週間前に上気道感染があった。 診…

論文:Procohort 通常診療における急性期脳梗塞に対する血管内治療

近年の血管内治療のエビデンスはかなり蓄積されています。2015年に血管内治療界の黒い三連星こと、MR CLEAN・EXTEND-IA・ESCAPEの3論文がかのNEJMに立て続けに報告され、血管内治療すげーってなりました。さらに、8時間でも大丈夫というREVASCAT・t-PA単独…

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー 猩紅熱再び・・・ 他

ミネルバご紹介なり〜個人的には自動速度違反取締装置の費用対効果がツボでした。おもろいこと考えますなあ。①猩紅熱②移民の健康③自動速度違反取締装置④妊娠中のパラセタモール⑤ジカウイルスと小頭症⑥心不全の診断

CQ:外反母趾は変形性関節症でどの程度起こるか?

日常診療で持った疑問を解決していくシリーズ。レジデントが研修を開始して色々質問が来るので大変勉強させていただいています。今回の臨床疑問は、CQ:外反母趾は変形性関節症でどの程度起こるか? Background(疑問が生まれた背景): 手指関節の変形性関…

論文:質的研究 妊娠糖尿病に2型糖尿病のリスクを減らすために

質的研究に目を向けていこうと思っています。この辺りは自分はまだまだ勉強中なので、詳しい方々は是非色々ご指摘お願いします。 ひとまず妊娠糖尿病について。これは今私自身必要に迫られて取り組んでいる状態です。世の家庭医の皆さんはこのトピックにどの…

ACPJC:治療 SGLT-2阻害薬にDPP-4阻害薬を追加することは性感染症は減らすが泌尿器性感染症は減らさない

ACPJC紹介です。SGLT-2阻害薬について少しずつ知識を増やしているところです。皆様は結構使っているのでしょうか? Fadini GP, Bonora BM, Mayur S, Rigato M, Avogaro A. Dipeptidyl peptidase-4 inhibitors moderate the risk of genitourinary tract infe…

もやもや処方の処方箋:総合診療4月号 Case①「かぜ処方」に正解はあるか!?

さて、4月から実は連載を開始しています。医学書院の「総合診療」誌で1年間の連載予定ですので、是非皆様にもお手に取って頂ければと思います。 この企画は実際に症例を持ち寄って、処方カンファレンスを行った内容を元に、対談形式で処方箋を考えていこう…

症例:BMJ 24歳男性 膝の偶発的所見

case reportご紹介ですこの概念を知っているかどうかですが、そもそも名前として初めて聞きました。 症例:24歳男性 膝の偶発的所見BMJ 2018;361:k596 doi: 10.1136/bmj.k596 24歳男性、フットボールをでパスをインターセプトした際に、左膝外側の痛みが出現…

論文:RetroCohort 日本の単一医療機関の高齢外来患者における医療費免除とPIMsへの影響

日本の単一医療機関の高齢救急患者における医療費免除とPIMsへの影響Effect of total exemption from medical service co-payments on potentially inappropriate medication use among elderly ambulatory patients in a single center in Japan: a retrosp…

LESS IS MORE: 吐血?喀血?-医療的専門通訳の必要性- A teachable moment

この視点重要です。以前からモヤモヤしていたのですが、結構国内でも導入事例あるのでビックリしました。栃木はそれほど多くないのですが、だからこそですね・・・皆さんの施設ではどうしていますか?

論文:Cross-Sectional プライマリ・ケアにおける原発性アルドステロン症の頻度

プライマリ・ケアにおける原発性アルドステロン症の頻度Prevalence of primary aldosteronism in primary care Br J Gen Pract 2018; DOI: https://doi.org/10.3399/bjgp18X694589 【背景】 原発性アルドステロン症(PA)は、2次性高血圧の最も多い原因であ…

ACPJC:臨床予測ガイド:急性頭痛患者で、Ottawaくも膜下出血ルーツは感度100%、特異度14%だった

ACPJC紹介です。これはかなりしっかりとした追試ですね。感度100%は凄いなあ。 Perry JJ, Sivilotti ML, Sutherland J, et al. Validation of the Ottawa Subarachnoid Hemorrhage Rule in patients with acute headache. CMAJ. 2017;189:E1379-85. ガイドラ…

症例:BMJ 69歳男性 転倒後の膝痛

case reportなり。よーく見てみよう 症例:69歳女性 転倒後の膝痛 BMJ 2018;360:k775 doi: 10.1136/bmj.k775 69歳女性。雪道で滑り落ちて、左膝に腫脹と疼痛あり。診察では、膝の伸展が困難、大腿遠位部かつ膝蓋骨上部に目に見える陥没が触診できる。開放創…

論文:Retrocohort 蜂窩織炎評価における画像と血液培養の有用性

蜂窩織炎評価における画像と血液培養の有用性Clinical Usefulness of Imaging and Blood Cultures in Cellulitis Evaluation JAMA Internal Medicine Published online April 2, 2018 【背景】 蜂窩織炎は真皮および皮下組織に発症する急性細菌性皮膚感染症…

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー 薬研究の利益と害 他

ミネルバご紹介です。今回は比較的小粒かな乳癌と母乳育児は出てましたねえ。

CQ:心不全の症状として嘔気・嘔吐はどの程度あるか?

日常診療で持った疑問を解決していくシリーズ。いつかやりたいなと思いつつ、問いの立て方が上手な人達をうらやましく思ってた分けですが、少しずつ取り組んでいこうかなと思います。CQ:心不全の症状としての嘔気・嘔吐はどの程度あるか? Background(疑問…

読んだ本:あめいろぐ ホスピタリスト

献本感謝です!もうすでにあちこちで紹介されているあめいろぐ本です。ちなみに、あめいろぐとは、米国で働く日本人医療者の情報発信サイトとして共同運営されているブログなんだそうです。あめいろぐ(Ameilog)という名前は、アメリカ医療従事者ブログ(あ…

ACPJC:治療 atraumatic針は通常針と比べて腰椎穿刺後頭痛を減らす

ACPJC紹介です。これはかなりしっかりとした追試ですね。感度100%は凄いなあ。 Nath S, Koziarz A, Badhiwala JH, et al. Atraumatic versus conventional lumbar puncture needles: a systematic review and meta- analysis. Lancet. 2017. [Epub ahead of …

Review:胸膜疾患

Cです。胸膜疾患に関してです。宜しければどうぞ。 最近更新の速度が遅くなって来ています。1日が24時間では足りませんね。

症例:BMJ 26歳女性 下腿浮腫

case reportなり。これで一発診断いけるか? 症例:26歳女性 下腿浮腫 BMJ 2018;360:k945 doi: 10.1136/bmj.k945 26歳女性。Graves病とGraves眼症があるアジア女性が、3か月の経過で徐々に悪化する下腿浮腫を主訴に外来受診された。身体診察では、脛骨部の…