読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

論文:RCT 複数回のインスリン注射を受けている1型糖尿病患者における持続血糖モニタリング vs 通常の血糖測定

インスリン複数回治療中の1型糖尿病患者における持続血糖モニタリング vs 通常の血糖測定Continuous Glucose Monitoring vs Conventional Therapy for Glycemic Control in Adults With Type 1 Diabetes Treated With Multiple Daily Insulin InjectionsThe …

LESS IS MORE:"説明可能な"体重減少 A teachable moment

高齢者の体重減少は日常的に関わることが多いですが、これも日々感じていることです。検査の組み立て自体も、侵襲度や期待度など加味しながらやりますよね。

今週のカンファ:漆喰腎/腸内細菌とビタミンK/線条体内包梗塞

カンファ今年もゆるりとやってきます。少しずつ知識を増やしていきたいですね!まだまだ不十分な事が多いですが・・・ 漆喰腎 Motar kidney みなさん、言葉は知っていますでしょうか?初めての方はこちらをご覧下さい。 (http://xn--o1qq22cjlllou16giuj.jp…

NEJM Knowledge+:72歳女性 発熱、皮疹、関節痛

NEJMのKnowledge+です。さあ、今週はギア全開でいかないとー! 症例:72歳女性 発熱、皮疹、関節痛 72歳女性が、2週間前から色のついた鼻汁と頭痛を伴う鼻閉を主訴に来院され、AMPC/CVA内服(875mg/125mg)2回/日が処方開始された。8日後に症状は悪化し、間…

地域医療ジャーナル 2月号 意味はあるのか

2月号発行されました。今月のテーマは「変えられないもの」です cmj.publishers.fm 今回もspitzibaraさんの記事は力作でした。集中治療学会のPOLSTに対する見解については、確かに話題にはなっていたのですが、そこもキャッチアップしてるんですねえ。それ…

ACPJC:Therapeutics 造影剤腎症を予防するための水分補給以外の薬剤

ACPJCまとめ。造影剤関連腎症の対応ですね。結構色々出てるんだなあ、と感心しました Comparative effectiveness of 12 treatment strategies for preventing contrast-induced acute kidney injury: a systematic review and Bayesian network meta-analysi…

Review:Lancet 梅毒

Cです。梅毒のレビューが出ており早速読みました。 梅毒は忘れた頃にぽろっとやってきますよね。 以前MSMのレビューも読んだので個人的には待ち構えているつもりなんですが いざ実際に見つけると慌ててしまいます。 皆様の日常診療のお役に立てれば幸いです。…

論文:RCT ICU患者でのビデオ喉頭鏡 vs 直視喉頭鏡の成功率

Video Laryngoscopy vs Direct Laryngoscopy on Successful First-Pass Orotracheal Intubation Among ICU Patients A Randomized Clinical TrialICU患者でのビデオ喉頭鏡 vs 直視喉頭鏡の成功率 JAMA. doi:10.1001/jama.2016.20603 Published online Januar…

LESS IS MORE: Van HalenのM&Mチョコレート A teachable moment

このタイトルであーあれね!となった人はまあ、オタクです。ならなかった人も是非読んでみて頂けると嬉しいです。M&Mチョコレートは何かに気付かせてくれるんですよね。さて、こういった視点は決して医師だけに必要な視点ではないのです。高齢者診療に携わる…

論文:Cross-Sectional 日本人高齢者の社会的繋がりと血糖コントロール

Association between Social Relationship and Glycemic Control among Older Japanese: JAGES Cross-Sectional Study日本人高齢者の社会的繋がりと血糖コントロール PLOS ONE DOI:10.1371/journal.pone.0169904 January 6, 2017【目的】 本研究は、社会的サ…

Review:BMJ 軽症高血圧

Cです。最近ガス欠気味でしたが久しぶりの投稿です。脂質異常症と同様、高血圧もCVDリスクを勘案し治療するべきとの事です。白人はフラミンガムなどCVDリスクを計算するシステムが有りますが我々日本人はどうしたらいいでしょうか?NIPPONDATA80/90を元に前…

NEJM Knowledge+:29歳女性 ピルください

NEJMのKnowledge+です。インフルエンザダウンなうという事態ですが、おかげさまで体調は回復気流に乗りました。しかしまあ、今回の設問は普段携わっていないと難しいですが、国家試験知識では解けるという・・・恐ろしや受験勉強な感じでした笑 症例:29歳女…

ACPJC:Etiology 高齢COPD患者に新規にオピオイドを開始すると呼吸器関連および全死亡が増える

ACPJCまとめ。1月分がアップされました。楽しみ楽しみ。最近COPDばっかりですが、このあたりは在宅領域でとくに重要なエビデンスかと思います。 Incident opioid drug use and adverse respiratory outcomes among older adults with COPD. Vozoris NT, Wan…

症例:Lancet 黒い胸水

case report今回はLancetからです。なんかNEJMのはみんなが見てるからあんまり挙げてもなあ・・・という感じなんですよね。まあ、黒というか・・・という感じではありますが。 症例:56歳男性 胸水貯留 Lancet 2015; 386: e7 56歳男性、前立腺癌治療中だった…

LESS IS MORE:人工肛門を越えてゆけ! A teachable moment

ちょっと流行り物にかけてみました。結果としての診断は稀ですが、類似のことは起こりうるよなあと思って読みました。なかなか興味深い!

論文:RCT 非扁平上皮かつ非小細胞性進行肺癌に対するニボルマブ vs ドセタキセル

Nivolumab versus Docetaxel in Advanced Nonsquamous Non–Small-Cell Lung Cancer非扁平上皮かつ非小細胞性進行肺癌に対するニボルマブ vs ドセタキセル n engl j med 373;17 nejm.org October 22, 2015 【背景】 完全ヒト型IgG4プログラム細胞死1(PD-1)…

お勧めMV:「Bitter Sweet Symphony」The Verve

お勧めMVちょっと止まらなくなってます(笑)もう、このブログを全部そっちに持ってかれても良いんじゃないか?!という勢いですが・・・というかYoutubeのRandam再生が熱すぎるんですよ。 と言うわけで引っ張り出したのが、The Verveの「Bitter Sweet Symph…

NEJM Knowledge+:20歳男性 左精巣腫脹

NEJMのKnowledge+です。最近まあ忙しいこと。イベント目白押し!準備不足しまくり。そして、やりたいこと、足りないことだらけ。まあ、ゆっくりやりますかね。 症例:20歳男性 左精巣腫脹 20歳若年男性が、左精巣腫脹のフォローアップで1週間後に受診した。…

ACPJC:Therapeutics COPD患者でベクロメタゾン/フォルモテロールにグリコピロニウムを追加すると肺機能が改善するか

ACPJCまとめ。グリコピロニウム=シーブリⓇですね。フォルモテロール/ベクロメタゾンは本邦未承認の様ですが、要はICS/LABAですねえ。ICS/LABA+LAMAの効果か・・・ Single inhaler triple therapy versus inhaled corticosteroid plus long-acting beta2-ag…

MKSAP:HAST!/テノホビル/創部処置

今回は諸事情あり3問でのご奉仕です!HASTって何でしょう? Q1 72歳男性。Stage3のCOPDで運動耐容能は低下しており、心不全も持っている。ニュージャージー州に住んでおり、家族のいるアリゾナ州のフェニックスに飛行機で行きたい。常用薬はリシノプリル、ヒ…

症例:BMJ タトゥーが盛り上がってきた

case reportBMJです。一発診断・・・ですかねこれは以前も何かで診たことがありますね。 症例:40歳男性 タトゥーが盛り上がってきたBMJ 2017;356:i6324 40歳男性、多臓器のサルコイドーシスの既往のある男性。救急外来に、触知良好で疼痛のない丘疹がタトゥ…

LESS IS MORE:ペニシリンアレルギーを明らかにする A teachable moment

これは以前から思っていたことでした。きちんと言語化することが大事ですね。我々のコメントは本当に重要だと言うことです。安易な「アレルギーですね」にご注意を。

論文:SR 慢性腎臓病・心不全・慢性肝疾患患者へのメトホルミン使用と臨床アウトカム

慢性腎臓病・心不全・慢性肝疾患患者へのメトホルミン使用と臨床アウトカムClinical Outcomes of Metformin Use in Populations With Chronic Kidney Disease, Congestive Heart Failure, or Chronic Liver Disease Ann Intern Med. doi:10.7326/M16-1901 【…

今週のカンファ:餅による腸閉塞/気胸に合併する膿胸/テルビナフィン内服の副作用

カンファ今年もゆるりとやってきます。冬場はどうしてもintensityが下がりますが・・・ 餅による腸閉塞 Bowel obstruction due to rice cake この白いのは何でしょう??というのが問題ですが・・・ (http://www.qqct.jp/images/seminar/1102/a_13_1.jpgよ…

NEJM Knowledge+:9か月男児 乳児健診

NEJMのKnowledge+です〜。これは両親何も気にしなかったってことでしょうかねえ? 症例:9か月男児 乳児健診 9か月男児が乳児健診にやってきた。児と両親は最近州を越えて引っ越してきて、あなたのクリニックを受診した。両親は特に心配事はなく、生まれてか…

ACPJC:Therapeutics 慢性の重症機能性便秘に対する電気鍼は自発排便を改善する

ACPJCまとめ。今年も宜しくお願いします! Acupuncture for chronic severe functional constipation: a randomized, controlled trial. Liu Z, Yan S, Wu J, et al. Ann Intern Med. 2016 Sep 13. 臨床上の疑問: 慢性の重症機能性便秘に対する電気鍼はアウ…

お勧めMV:「Wonderwall」Oasis

お勧めMV今月は月1くらいで挙げてく予定です。ちょっと懐古主義に入ろうかと思いまして(笑)記念すべき懐古第一弾は、Oasis「Wonderwall」です。とりあえず、この印象的なギターリフ!そして延々繰り返す、リフ一発。 Oasis - Wonderwall 最初はでもこれ弾…

LESS IS MORE: 超高用量オピオイドの不十分な効果と重篤な害 A teachable moment

新年最初のLESS IS MORE流石に日本でこんな症例はほとんど無いとは思いますが、今後増えてくるかもしれませんねえ。何人か慢性疼痛の長期処方例を見ていますが、すべからく面倒なことになっています。 ただ、ネガティブイメージだけで対応しないようにしない…

論文:RCT 転移性骨腫瘍患者に対するゾレンドロン酸の長時間間隔 vs 通常間隔の効果比較

転移性骨腫瘍患者に対するゾレンドロン酸の長時間間隔 vs 通常間隔の効果比較Effect of Longer-Interval vs Standard Dosing of Zoledronic Acid on Skeletal Events in Patients With Bone Metastases JAMA. 2017;317(1):48-58. 【背景】 第3世代のアミノビ…

Review:BMJ 尿管結石の内科的治療

あけましておめでとうございます。Cです。 昨年読んだ総説を出すのを忘れていました。 尿管結石は当直の終盤にであう「明け方の病気」という印象でしたが 内科的疾患というか身体的な不安定さを表す疾患という見方が出来ると思いました。 塩分、動物性蛋白に…

Dトレ(ポリファーマシー連載1月号):痒みをなんとかしてください!

連載第10回目です。新年第1回目ということで、冬に多い掻痒感を取り上げています。今回は抗ヒスタミン薬がテーマです。 ご興味ある方は「治療」か「薬局」どちらかに掲載されておりますので是非本文をお読み下さい。 薬局では、毎年恒例のEvidence Uptodate…

NEJM Knowledge+:87歳男性 頻脈性心房細動

NEJMのKnowledge+です〜。今年も宜しくお願いします!早速仕事始まりです・・・ 症例:87歳男性 頻脈性心房細動 87歳男性が憩室炎で入院した。重症COPDとStage4のCDKの既往がある。 入院期間中、心室レート112の絶対不整頻脈を認めた。血圧は147/86mmHg、RR …

お勧め漫画:NARUTO

お勧め漫画。年末年始で一気読み。大人買いしました。NARUTOは正直読まず嫌いだったんですが、まあ読んだらグイグイ持ってかれましたね。伏線が本当にたくさんありましたが、見事に全て回収。あんまり悪者を作りたくないんだろうなあ、と思いながら読みまし…

地域医療ジャーナル 1月号 変えられないもの

1月号発行されました。新年第1号です。なんやかんやでこちらの連載は二年間続いております。他の方々と違って私はだいぶ気楽な感じで書かせて頂いているのが良いのかもしれません。今回のテーマは「変えられないもの」です。 cmj.publishers.fm ブロガーも…

新年の抱負

あけましておめでとうございます!今年も本ブログを宜しくお願いいたします。昨年はブログ内容を少し刷新しました。新たな記事として、「Review」や「症例報告」「MINERVA」などの項目を新設しました。取り上げて欲しいテーマなどあれば是非お知らせ下さい。…

2016年まとめ③ 振り返り

2016年の振り返りです。皆様はFBなどにあげているようですが、私はこちらにまとめてみようと思います。主に”医師として”頑張ってみようと思います。 ■できたこと <院内>・内科診療体制 当院内科に赴任して6年目になりました。内科医が徐々に増え、現在総合…

2016年まとめ② 2016年論文ベスト5

2016年まとめ第二弾。独断と偏見で選ぶ今年の論文ベスト5です。 今年も一年間なんやかんやで多くの論文に目を通させて頂きました。偏りはあるかと思いますが、是非お付き合い下さいませ。ショートサマリーはつけますが、興味があれば是非本文までアクセスし…

2016年まとめ① 人気記事ベスト5

年末年始恒例の、年間人気記事をまとめておきます。2016年に書いた記事の中から掲載しています。今年も色々試行錯誤しながらブログ記事を作成させて頂きました。 それでは、2016年一年間の人気記事ベスト5をお届けいたします。 第5位 tyabu7973.hatenablog…

NEJM Knowledge+:82歳 発熱・意識障害

NEJMのKnowledge+です〜。今年も一年お世話になりました! 症例:82歳男性 発熱・意識障害 82歳男性が娘に連れられて救急外来に連れてこられた。2日間で増悪傾向の重度の頭痛があり、嘔気や嘔吐を伴った。娘が言うには、今朝本人は起き上がることも出来なか…

ACPJC:Therapeutics 成人喘息患者におけるビタミンD3は重症の増悪は減らすが症状は改善しない

ACPJCまとめ。年内最後という形で。 Vitamin D for the management of asthma. Martineau AR, Cates CJ, Urashima M, et al. Cochrane Database Syst Rev. 2016;9: CD011511. 臨床上の疑問: 小児と成人の喘息患者では、ビタミンD3製剤のサプリメントを追加…

MKSAP:高血圧前症/無月経/汎血球減少/中毒

MKSAPリアルタイムで参加できませんでしたがどうぞ! Q1 50歳男性。高血圧の経過について相談。6週間前に血圧138/82で受診。その他、検査異常なく2週間後の外来では血圧136/85。喫煙、飲酒、内服薬はなく、家族歴として母が高血圧である。本日、血圧135/84、…

Review:Lancet クローン病

クローン病の総説です。UCは外来にちらほらいますがCDは専門医にお願いしてしまっているので治療経験がなく興味を持って読めました。 ・・・やはり専門医に送るべき疾患だというのが読んだ率直な感想です。 医療過疎で通院困難な地域ではどうしているんでし…

MINERVA:おもしろ論文紹介コーナー お前の虫垂はなくなった、帰れ!

ミネルバです。虫垂炎の手術って海外ではエライことになってるみたいですね。そのうち白内障的に行われることが出てくるんでしょうか・・・

論文:RetroCohort メディケア患者に対する男女医師による入院死亡率・再入院率の比較

メディケア患者に対する男女医師による入院死亡率・再入院率の比較Comparison of hospital mortality and readmission rates for medicare patients treated by male vs female physicians JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2016.7875 Published …

今週のカンファ:食道ウェブ/視床下部機能障害/蓄尿Cペプチドの有用性

カンファネタ年越ししましたが・・・元に戻してみますね。 食道ウェブ Esophageal web and esophageal ring 意外といる様ですね。今回初顔合わせ。相撲みたいですが・・・笑。日本ではあまりringという言い方はしないみたいで、多くの症例が食道webとされて…

NEJM Knowledge+:40歳男性 嘔気・発熱・関節痛

NEJMのKnowledge+です〜。今日は外来カンファしながらで。 症例:40歳男性 嘔気・発熱・関節痛 40歳男性が救急外来に嘔気・発熱・関節痛で受診された。12日前に上腹部痛で受診して、血液検査でH.pyroli感染症と診断されていた。その後、オメプラゾール・アモ…

ACPJC:Therapeutics 腎動脈狭窄症に対する経皮的腎動脈形成術と内科治療の効果は同等である

ACPJCまとめ。これは以前読んだ気がしますが、一応確認。 Comparative effectiveness of management strategies for renal artery stenosis: an updated systematic review. Raman G, Adam GP, Halladay CW, et al. Ann Intern Med. 2016;165:635-49. 臨床上…

MKSAP:高Ca血症/両手の皮疹/体内異物感染/静脈血栓予防

書き方をシンプルにしてみました。MKSAPです。 Q1 57歳女性。採血と身体診察を受けて帰宅。既往に高血圧があり、リシノプリルで治療されている。他に既往はなく、ビタミン剤やサプリメントも飲んでいない。血圧129/84、脈拍86、BMI 26。身体所見異常なし。骨…

症例:BMJ 胸背部痛の高齢男性

case report今回もBMJ。なかなか印象的なX線画像ですね。 症例:76歳男性 胸背部痛BMJ 2016;355:i5786 76歳男性、前立腺癌既往があり、かかりつけ医に軽度の胸背部痛を主訴に受診。胸椎X線写真は下記の通り。 (本文より引用) 質問. 診断は?

LESS IS MORE:胸痛と酸素投与 A teachable moment

少しレイアウトが変わりましたね。この辺りは、少しずつ現場のプラクティスが変わっている感じはありますよね。