栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

疑問:生物学的偽陽性はfollowすべきか?

生物学的偽陽性はfollowすべきか?

Uptodateで調べてみました。

”Some false positive nontreponemal test results are transitory and are related to an acute event, such as an acute febrile illness (eg, endocarditis, rickettsial disease) or recent immunization. Test abnormalities attributed to these conditions typically last for six months or less.

Other etiologies for false positive results of nontreponemal testing include a variety of chronic conditions, such as autoimmune disorders (particularly systemic lupus erythematosus), intravenous drug use, chronic liver disease, and perhaps underlying HIV disease.”

It is very important that each reactive nontreponemal test be followed with specific treponemal testing to determine if the result may be a false positive test or indicative of active syphilis.
UptoDate:Diagnostic testing for syphilis


とのことです。

生物学的偽陽性の原因は多数あるけど、陽性は6ヶ月程度続くみたいですね。
生物学的偽陽性の時に抗体価は低めとされていますが、HIVの時には高いこともあるみたい。
梅毒初期のこともあるし、念のためTPと一緒にfollowすることが大事。
だとすると、6ヶ月後再診・再検査という事でしょうか。
全くの無症状だと悩みますね。