読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

メモ:鉄剤投与時の原則

血液 メモ

鉄剤投与時の原則
”Iron salts should not be given with food because phosphates, phytates, and tannates in food bind the iron and impair its absorption.”
 ついつい食後に投与しやすいですが、食事中の種々の成分によって吸収が阻害されます。厳密には空腹時投与ですね。

”A number of other factors can inhibit the absorption of iron salts, including antacids, H2 receptor blockers, proton pump inhibitors, calcium-containing foods and beverages, calcium supplements, certain antibiotics (eg, quinolones, tetracycline), and the ingestion of iron along with cereals, dietary fiber, tea, coffee, eggs, or milk.”
 鉄分吸収を阻害する物質は様々。H2拮抗薬やPPIは有名ですが、Ca含有物質や抗菌薬、果てはお茶だの繊維だのコーヒーだの牛乳だの、色々だめなんですね。