読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

論文:握力と死亡の関係

握力と死亡の関係
Prognostic value of grip strength: findings from the prospective urban rural epidemiology(PURE) study

Lancet 2015;386:266-73

【背景】
 主に握力で測定される筋力減少は、全死亡と心血管死亡と関連すると言われている。握力は、シンプルで迅速かつ安価な方法で心血管死亡リスクを評価することができる方法である。しかし、握力の心血管死亡予測価値や、人種や交絡因子の影響は明らかになっていない。本研究の目的は、社会文化的・経済的に多様な国での握力測定が独立した予後となるかを検証することである。

【方法】
 本研究は、前向きの都市部・僻地部の疫学研究(PURE trial)で、社会文化的・経済的に様々な17ヵ国で縦断的に行われた。35-70歳の人がいる世帯でかつ4年以上定住予定の世帯が対象で、その世帯の中の35-70歳の人を抽出した。
 
参加者は、Jamar dynamometer(図参照)を用いて握力を評価された。平均4年間(2.9-5.1年)のfollow upで、全死亡と心血管死亡と、非心血管死亡、心筋梗塞脳卒中、糖尿病、癌、肺炎、肺炎やCOPDによる入院、全ての呼吸器疾患による入院、転倒外傷、骨折を評価した。地域の報告は地域の調査者によって調整され、最終的には中央の研究者がさらに調整を行った。

http://www.abledata.com/sites/default/files/product_images/006056.jpg

http://www.abledata.com/sites/default/files/product_images/006056.jpgより引用)
【結果】
 2003年1月から2009年12月まで合計142861人がPURE研究に組み入れられた。そのうち139681人のデータが利用可能だった。平均folow upは4年(2.9-5.1)で379/139691人(2%)が死亡した。
 調整後、握力と死亡との関係は、癌や呼吸器疾患による入院を除くと国の所得に関係なく同様の結果だった。握力と負の相関があるのは全死亡(5kg減少毎にHR 1.16:1.13-1.20)、心血管死亡(HR 1.17:1.11-1.24)、非心血管死亡(HR 1.17:1.12-1.21)、心筋梗塞(HR 1.07:1.02-1.11)、脳卒中(HR 1.09:1.05-1.15)だった。

f:id:tyabu7973:20150725074047j:plain
(本文より引用)

 握力は高血圧よりも全死亡と心血管死亡を予測した。握力と糖尿病、肺炎やCOPD入院、転倒外傷、骨折との間には相関関係は認めなかった。高所得国では握力は癌と正の相関が見られたが、中〜低所得国では関連は認めなかった。

【結論】
 本研究によると、シンプルで安価な握力測定という方法が、全死亡や心血管死亡、心血管疾患を予測することが考えられた。更なる研究で、筋力の強度の決定因子を同定し、筋力強化が死亡や心血管疾患を減少させるかを検討する必要がある。

【批判的吟味】
・今回もまずは論文のPECOTからまとめておきます。

P:35-70歳の4年以上その地域に住んでいると予測される139691人
  全17ヵ国で高所得国〜低所得国までヘテロな集団
E/C:握力測定による層別化
O:全死亡
T:前向き観察研究

因果関係と相関関係は違うということを実感できる分かりやすい研究と思います。具体的には、「握力が低いと死亡率が高い」けど、「握力を強化したら死亡が減る」かどうかはきちんと検証しないと分からないですよね。
・これは感覚的には分かりやすいのですが、糖尿病や高血圧・脂質異常・高尿酸血症などの薬物療法になるとこの論理が分からなくなってしまっている人達(医療者も患者さんも)に良く出くわします。
・平均年齢50歳、平均握力30kgです。男性は39kg、女性25kg
・参加国は、ジンバブエバングラディシュ・パキスタン・インド・中国・イラン・コロンビア・南アフリカ・マレーシア・トルコ・ブラジル・アルゼンチン・ポーランド・チリ・UAE・カナダ・スウェーデン

f:id:tyabu7973:20150725074124j:plain

(本文より、人種毎)
・まあ、ちょっと想像すれば握力が弱い人ってfrailityとの関連もあるのかもしれません。過去にも同様の報告があった様ですが、じゃあ「握力が低い」ということが何と関連しているかは分かっていませんでした。今回の調査で少なくとも糖尿病や癌との関連は無い事が分かってきました。
・骨格筋機能低下が加齢のマーカーの一つかもしれないとeditorialではコメントされています
・追跡期間は4年であり、もう少し長期データが必要かもしれません。

【個人的な意見】
 個人的には非常に興味深く読みました。血圧よりも死亡を予測するというのは衝撃でしたね。ただ、介入は微妙かなあ。これは、もう老化を見ているんじゃないかなあ?と思ってしまいました。年齢毎の層別化データが見つけられなかったのですが、若い人でも同様だとしたら介入の余地があるんでしょうか?今後も注目していきたいと思います。

✓ 握力低下は全死亡・心血管死亡・心血管疾患の発症と相関していた