栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

論文:転倒リスクのある高齢女性への運動プログラム

転倒リスクのある高齢女性への運動プログラム
Effectiveness of two year balance training programme on prevention of fall induced injuries in at risk women aged 75-85 living in community : Ossebo randomised controlled trial

BMJ 2015;101h;3;2

【背景】
 地域社会で暮らしている転倒や怪我のリスクが高い75-85歳の女性に対して、2年間のバランス保持に関する積極的な運動プログラムの効果を評価する。

【デザイン】
 プラグマティックRCT/多施設・2群並行研究

【セッティング】
 フランス16都市の中規模から大規模都市の20カ所の医療機関 

【患者】
 それぞれの都市で自分の家に住んでいて、バランスや歩行機能が低下している75-85歳の706人の女性がランダムに運動プログラム群(n=352人)とコントロール群 (n=354人)に割り付けられた

【介入】
 2年間地域施設で週に1回の1時間程度のバランス保持に関する運動プログラムのグループセッションが行われ、更に個別に自宅での運動も指導された。

【アウトカム】
 グループの割り付けについては知らされていない老年科医が、身体損傷や医療ケアの内容から、転倒を(軽症、中等症、重症)の3群に分類した。プライマリアウトカムは有害な転倒(中等症・重症)の頻度。2群の有害な転倒頻度が比較された。他のアウトカムは、全ての転倒回数、身体機能(バランス・運動機能検査の結果)、転倒への恐怖感(FES-1)、身体活動度レベル、健康関連QOL指標(SF-36)が評価され、全ての評価はITT解析が行われた。

【結果】
 介入群では305回の有害な転倒があり、コントロール群では397回の有害な転倒が出現し、OR 0.81(0.67-0.99)だった。重症の転倒頻度は、介入群 68回、コントロール群 87回で統計学的には有意差がつかなかった(OR 0.83:0.60-1.16)。2年後の時点で、介入群はコントロール群と比較して全ての身体テストの結果が良好で、身体機能に関する良い認識を持っていた。介入を介した女性(n=294人)では、グループセッションの参加回数は53回(16-71回)だった。介入に起因すると考えられた転倒は5件あった。

f:id:tyabu7973:20150808224845j:plain
(本文より引用)

【結論】
 転倒リスクが高い75-85歳に対する、2年にわたるバランス保持の個別・集団運動プログラムは、有害な転倒を減らし、身体機能とその認識を改善した。

【批判的吟味】
・論文のPICOを記載しておきます
P:転倒リスクの高い75-85歳のフランス人女性
 ※全員に電話して招待し11%のみapply。神経・心疾患ある人は除外
 ※転倒リスク高いとは、①6m歩行 7-12.5秒、②tandem歩行 4回出来ないのどちらか一つを含む
I:週1回の集団バランスプログラムセッション+個別化した自宅運動指導
C:パンフレットのみ
O:介入2年間の有害な転倒の頻度
T:RCT
・平均80歳、BMI 27.0、前年転倒率 40%
プライマリアウトカムが途中で変更になっており、当初は重症の転倒(骨折もしくは入院等)だけだったのが、中等症(病院受診・怪我等)も含めるようにプロトコール変更しています。準備に戸惑ったと言う部分もあるようです。
・転倒評価は月に1回カードを送り転倒の度にチェックしてもらうことになっています。で、転倒があると老年医がそれを詳細に評価するという仕組み
介入群の16%が一回もプログラムに参加しておらず、この方々の結果がアウトカムに多少なりとも影響を与えた化膿性があります。

【個人的な意見】
・転倒への運動プログラムはなかなか効果が無いものも多かったのですが、最近少しずつpositive dataが出てきています。今回ずるいのはアウトカムの変更でしょうか。
・53回(週)参加してこの効果。53週ってほぼ一年毎回ですから、なかなかそんな真面目な人いないよなあ・・・と思います。これを実臨床に生かすのはどうしたら良いんだろうなあ・・・でも週1回1時間というのは現実的にはありですね。病院とか診療所で運動教室とかバランス教室を毎週開催して、2年間で半分参加したら転倒減るよ!って言えるか??

✓ 高齢女性に対する集団・個別運動プログラムは2年間の転倒頻度を減らす