栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

ACPJC:SR COPD増悪を予防する方法はインフルエンザワクチンと吸入療法

ACPJCアップします。ブログオンタイム目指していきます!

f:id:tyabu7973:20151004004845j:plain

Prevention of acute exacerbations of COPD: American College of Chest Physicians and Canadian Thoracic Society Guideline. 

Criner GJ, Bourbeau J, Diekemper RL, et al.
Chest. 2015;147:894-942.

臨床上の疑問:
慢性閉塞性肺疾患COPD)患者で、非薬物療法・吸入療法・内服療法はCOPD増悪を減らすか?

方法:
 ①組み入れ基準:40歳以上でスパイロメトリーでCOPDと診断され過去に喫煙歴がある成人患者で、非薬物療法・吸入療法・内服治療の効果を評価した研究
 ②除外基準:
記載なし
 ③アウトカム:
COPD増悪
 ④検索方法:
MEDLINE、Cochrane Central Register of Controlled Trials(Mar 2013)で2007-2013年に発表されたシステマティックレビューとガイドラインが検索された。
 ⑤検索結果:8個のガイドラインと53個のシステマティックレビューが組み入れ。
推奨Grade 1Aと1B
アブストラクトから抽出。

結果:

f:id:tyabu7973:20151004004855j:plain

(本文より引用)

結論:
 COPD患者では、インフルエンザワクチンと吸入療法がCOPD増悪を予防する。

 多くのガイドラインCOPD全体を取り扱いますが、今回のChestのガイドラインアウトカムをCOPD増悪に絞ってガイドライン作成をしています。これはある意味今までにはなかった形態で、本文のコメントでもatypicalと評されていました。今後は、こういった特色を持って評価するというのも一つの方法になるかもしれません。
 もちろん通常のガイドラインもGRADE systemなどを用いれば、アウトカム毎のエビデンスボード作成という流れにはなるでしょうが。

ポケット呼吸器診療2015

ポケット呼吸器診療2015