栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

論文:喫煙者へのニコチン減量タバコ

喫煙者へのニコチン減量タバコ
Randomized trial of reduced-nicotine standards for cigarettes*1

n engl j med 373;14 nejm.org October 1, 2015

【背景】
 FDAはタバコのニコチン含有量を減らす基準を設定することができる
【方法】
 二重盲検ランダム化比較試験が2013年6月から2014年7月まで10カ所で行われた。組み入れ基準は18歳以上、一日5本以上の喫煙状態、喫煙意思がないだった。被験者はランダムに、いつも喫煙しているタバコを6週間喫煙する群と、無料で提供される試験用の6種類の煙草を吸う群に割り付けられた。試験用タバコのニコチン含有量は、15.8mg/本(通常のタバコ)から0.4mg/本まで用意した。プライマリアウトカムは、6週間後の喫煙本数/日だった。
【結果】
 840人の被験者がランダム割り付けされ、780人が6週間の試験期間を終了した。6週間後の平均喫煙本数は、2,4mg・1.3mg・0.4mg各群のニコチン含有タバコでは16.5本・16.3本・14.9本で、通常のタバコ・15.8mg各群と比べて有意に少ない結果だった(22.2本・21.3本)。5.2mg含有タバコ群は20.8本で、コントロールのタバコ喫煙者と有意差は認めなかった。コントロールと比較すると、ニコチン含有が少ないタバコほど、ニコチンへの暴露と依存、喫煙制限中のニコチン欲求が少なかった。一方、呼気一酸化炭素濃度、総喫煙量に有意な増加はなく、代償作用は最小限だった。有害事象は軽度であり、それぞれの群間で同程度だった。

f:id:tyabu7973:20151010224238j:plain

(本文より引用)

【結論】
 6週間の試験において、ニコチン含有量を減らしたタバコは、通常のニコチン含有量のタバコと比較すると、ニコチン曝露・ニコチン依存、喫煙本数を減らした。

【批判的吟味】
・なかなか興味深いstudyです。まずはいつも通り論文のPICOから見ていきます。
P:18歳以上の現在喫煙中の840人
  5本/日以上吸っていて、30日以内に禁煙する意思がない
I:①ニコチン15.8mg/本、②ニコチン 5.2mg/本、③ニコチン 2.4mg/本、④ニコチン 1.3mg/本、⑤ニコチン 0.4mg/本、⑥ニコチン 0.4mg/本+高タール
C:普段吸っているタバコ
O:6週間後の喫煙本数(自己申告)
T:RCT
・平均42歳、男性57%、平均喫煙本数 15本/日
アブストラクトに乗っていませんが、ニコチン依存度評価もスコアを用いて評価しています。
0.4mg/日群ではタバコを止めようとした人は34%で、15.8mgの17%の2倍多かった。
・興味深かったのは、ニコチン含有量が少ない人の方がタバコ本数が少なくなり、トータルのニコチン量は通常ニコチン量と比べるとかなり差が出ると言うことです。本数は、試験の提供タバコ以外に自分でも自由に吸えるという形なので、ニコチン含有量が少ないので本数が増えるということはないみたいですね。

【個人的な意見】
 結構良いデータ。もともと禁煙意思の無い人におこなったのが凄いです。そしてこうゆうのは国策に反映して欲しいです。患者さんの満足度が高いのであれば、ニコチン含有量の規制をかけて、ある程度吸いたい方々にも健康にそれほど害の出ないタバコとすれば良いのかなと思いました。もちろん、そのニコチン含有量が少ないタバコで本当に癌や血管イベントなどが減らせるかを検証する必要はありますが。

✓ ニコチン含有量の少ないタバコを提供すると通常量のタバコを提供するのに比べて、ニコチン曝露・依存・喫煙本数が少なくなる