読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

論文:診療科別コーヒー消費量

診療科別コーヒー消費量
Black medicine: an observational study of doctors’ coffee purchasing patterns at work*1

BMJ 2015;351:h6446

【背景】
 医師のコーヒー消費量をその専門性や属性毎に評価する
【デザイン】
 単一施設の後ろ向き観察研究
【セッティング】
 スイスの大規模な教育病院
【患者】

 766人の有資格医師(425人が男性、341人が女性)
 各診療科から抽出(内科201人、一般外科 76人、麻酔科 67人、放射線科 54人、整形外科 48人、産婦人科 43人、神経科 36人、脳外科 23人、その他 96人)
【データ元】
 スタッフ用食堂に設置されている電子決済システムが個人データとリンクしており、スタッフ毎のコーヒー消費歴を確認できる
【メインアウトカム】
 1年間の個人毎のコーヒー消費量
【結果】
 医師の84%(644人)が、病院食堂でコーヒーを購入していた。2014年には、70722杯のコーヒーが医師によって消費されていた。診療科と年間コーヒー消費量の間には有意な相関があった(F=12.45;p<0.01)。整形外科医の平均消費量が最も多く、平均189杯だった。次いで、放射線科医 177杯、一般外科 167杯だった。麻酔科医のコーヒー消費は 39杯と最も少なかった。

f:id:tyabu7973:20151228012748j:plain
(本文より引用)

 男性は女性と比較して有意にコーヒーを摂取し(男性 128杯 vs 女性 86杯)、よりエスプレッソを消費した(男性 27杯 vs 女性 10杯)。

f:id:tyabu7973:20151228012818j:plain
(本文より引用)

 医師の階層もコーヒー消費に関連した。すなわち、指導医(5年以上)は、140杯/年と最もコーヒーを消費し、初期・後期の研修医は、95杯と少なかった。回診時に購入する傾向はやはり階層毎に違っていた。

f:id:tyabu7973:20151228012841j:plain
(本文より引用)

【結論】
 医師は刺激物としてのコーヒーをよく摂取している。ただ、診療科によってその実態は異なっていた。外科医は内科医よりもコーヒー摂取量が非常に多く、整形外科医が共有食堂で最もコーヒーを飲む診療科だった。これはカフェイン依存というよりは社会的な傾向と思われた。階層的な違いはコーヒー消費量と正の相関があり、ラウンド時にコーヒーをおごるという習性と関連していると考えられた。

 

【批判的吟味】
・なかなか興味深い研究です。
・論文のPECOは
P:スイスの教育病院で働く医師
E/C:専門診療科毎、男女毎、医師階層毎
O:コーヒー摂取量(コーヒーのサブグループ解析あり)
T:後ろ向き観察研究
・医師の平均年齢は 39歳、男性 56%、コーヒー摂取群 644人、非摂取群 122人
・研修医が45%、診療科では内科31-35%、一般外科7-12%程度
・サブグループ解析では、カプチーノ・カフェルンゴ(スイスタイプだそうです)・エスプレッソ・ファンシーコーヒーなどを検討しています。
・先輩医師が研修医よりもコーヒーを消費している理由は、若手より疲れやすく、より多くのカフェインを必要としているのか、ラウンド時におごっているのか、若者とのコミュニケーションに多くの時間を使っているのか、様々な理由が推察されます。
・医長・教授の消費量がやや少ないのは、彼らが自室に独自の機器と秘書を用意しているからに他ならないでしょう。
・やはり単一施設なのは限界があります。また、できれば前向きな調査をしたかったところです。
・また、調査場所が食堂共有部分であり、缶コーヒーや各診療科毎にエスプレッソマシーンが置いてあるような場合には、算出できていない可能性があります。これは特に麻酔科の様な引き籠もりがちな診療科が消費量が少なかったことの原因ではないかと推察されます。
・また、購入歴をみているだけなので、実際に消費されたかどうかは分かりません。
・整形外科医が最大の消費者だったのは、「work hard/play hard/drink hard」の原則を大事にしている診療科だからかもしれません。
・今回検証されたのは朝6:15〜夜8:15までのデータだったとのことで、夜中の消費量はカウントできていませんでした。
・更には、真のコーヒー愛好家は朝来院する前に自宅で一杯飲んできている可能性があり、この辺りはバイアスになります。

【個人的な意見】
 アホだね〜。超真面目(笑)。

✓ 病院の中で最もコーヒーを消費するのは整形外科医だった