読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

読んだ本:治療2月号 「読む 書く 話す」

読んだ本

最近執筆本紹介ばかりで申し訳ないですが、ご依頼をたくさん頂くのはうれしい限りです。 
今回はちょっと異色ネタ。
治療2016年2月号で題して「読む 書く 話す」です。

なんと「SNS・ブログの書き方」とかいう大それたテーマで書いています。
まあ別に好きに書けば良いんちゃうの?とかも思いますが(笑) 

治療 2016年 02 月号 [雑誌]

治療 2016年 02 月号 [雑誌]

 

 個人的には他の皆様の記事が読み応えがあります。
目次を載せておきます〜。興味のある方は是非!

■総論
医師にとっての“Representation”(表象)としての書字(尾藤誠司)
■書く:臨床
総合診療専門医らしいカルテの書き方(佐藤健太)
紹介状(齋木啓子)
診断書の書き方(白川千恵)
介護保険主治医意見書・訪問看護指示書(石川美緒)
■書く:学術
学会抄録の書き方(渡邉隆将)
学会ポスター(金子 惇)
総説(Review)(青木拓也)
■書く:非臨床
患者向けパンフレットの書き方(清田実穂)
ビジネスメール・文書(遠井敬大)
履歴書(CV)の書き方(増山由紀子)
SNS・ブログの書き方(矢吹 拓)
■読む
インターネット記事の読み方(古堅高之)
医療に関する記事の読み方(武田京子)
Star Wars:フォースで読む製薬会社の製品説明パンフレット(南郷栄秀)
■話す
多職種と話す(山田康介)
医療者と非医療者のコミュニケーション(孫 大輔)
発表する(藤谷直明,他)
ビジネススキルとしての意見の伝え方(齊藤裕之)
座長としての議論の仕切り方(大橋博樹)