栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

論文:RCT 糖尿病には至っていない肥満妊婦さんに対するメトホルミンの効果

糖尿病には至っていない肥満妊婦さんに対するメトホルミンの効果
Metformin versus placebo in obese pregnant women without diabetes mellitus*1

n engl j med 374;5 nejm.org February 4, 2016

【背景】
 肥満は世界的な問題で、英国女性の5人に1人、米国女性の3人に1人が肥満であり、世界的”流行”である。妊婦さんの不良な転帰のリスクになることが知られている。過去の臨床試験での生活習慣介入では転帰の改善が示されていない。メトホルミンはインスリン感受性を高める作用があり、妊娠糖尿病の患者で使用した場合、使用しない場合と比較して体重増加量が少ないことは報告されている。

【方法】
 二重盲検RCTでBMI>35の非糖尿病妊娠女性を組み入れ。妊娠12-18週から出産するまでメトホルミン 3000mg/日群とプラセボ群を各225例ランダムに割り付けた。BMIは試験登録時に算出。
 プライマリアウトカムは、新生児出生体重のz score中央値の0.3SD以下とした。これは、巨大児出生数の50%減少と等価。セカンダリアウトカムは、母親の妊娠中の体重増加量、妊娠糖尿病、子癇、新生児転帰不良の発生率などとした。ランダム化はコンピュータ制御で乱数を利用。ITT解析を行った。
【結果】
 最終的に試験期間中に50例が同意を撤回し、メトホルミン群は202例、プラセボ群は198例だった。新生児体重のz score中央値に両群間で有意差を認めなかった。メトホルミン群 0.05(-0.71 to 0.92)、プラセボ群 0.17(-0.62 to 0.89)。母親の妊娠中の体重増加量は、メトホルミン群 +4.6kg、プラセボ群 +6.3kgと有意にメトホルミン群が少なかった。子癇発症もメトホルミン群 3.0% vs プラセボ群 11.3%、OR 0.24:0.1-0.61と有意にメトホルミン群で少なかった。
 副作用発生率は、メトホルミン群の方がプラセボ群よりも有意に多かった。妊娠糖尿病・巨大児・新生児の不良転帰発生率は両群で差を認めなかった。

f:id:tyabu7973:20160213164359j:plain
(本文より引用)

【結論】
 BMI>35の非糖尿病妊娠女性では、メトホルミン投与により妊娠中の体重増加量は減少したが、新生児の出生体重は変化しなかった。

【批判的吟味】
・まずはいつも通り論文のPICOから
P:BMI>35の非糖尿病妊婦さん
I:メトホルミン 3000mg/日内服群
C:プラセボ
O:新生児の出生時体重
T:RCT/ITT解析あり
・平均年齢30-33歳、母胎体重 104-105kg!、平均BMI 38
・PCOS患者 9-13%くらい
メトホルミンの副作用は多くて、17.6%が途中で中止、41.8%が減量、全量継続は40.6%。まあ、そうだよねえ。なぜ3000mg/日でいった?
アドヒアランスは79.5%程度。
・イベント発生の絶対数が少ないため、この結果だけで確定的とは言えない
・ただ、過去の研究結果などからも子癇と妊娠中の体重増加が示唆されており、それを裏付ける結果
・50人の同意撤回は結果に影響を与える可能性はある

【個人的な意見】
 えーっと、まあ体重100kgオーバーですからね。なかなかその規模の妊婦さんには出会う機会は少ないです、はい。それにしてもこれだけ飲んでも大丈夫ならGDM治療も内服薬許可して欲しいです。正直毎回インスリン導入は手間です。

✓ 糖尿病のない肥満妊婦さんに対するメトホルミン内服は新生児体重には影響せず、母胎体重を減らす