読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

論文:Cross-Sectional 脂質測定は空腹時に行うべきか?

Fasting time and lipid levels in acommunity-based population A cross-sectional study

Arch Intern Med. 2012;172(22):1707-1710.

【背景】
 現在のガイドラインでは脂質測定は空腹時(最終食事から8時間はあけて)に行うように推奨しているが、最近の研究では非空腹時の脂質は食事の影響はほとんどうけないどころか、随時の方が心血管アウトカムを予測するのではないかと考えられている。この研究の目的は空腹時間と脂質測定値の関係を調査することである。

【方法】
 空腹期間(時間単位)と脂質測定値を含んだ検査値を調査したCross-sectional研究が、2011年中の6ヶ月間に大規模な住民レベルのコホートで行われた。データは、カナダのカルガリーにある人口140万人を包括する検査データセンターで抽出された。
 プライマリアウトカムは、HDLコレステロール値とLDLコレステロール値、総コレステロール中性脂肪の測定値で空腹後1時間から16時間までが調査された。個別の年齢調整などは行い、それぞれの空腹時間毎に平均脂質測定値が評価され線型モデルを用いて評価した。

【結果】
 合計20万9180人(11万1048人が男性、98132人が女性)が組み入れられた。平均のT-Cho・HDL-Cは空腹時間によっても差はほとんど見られなかった。平均の算出LDL値はグループ間で10%程度異なっており、平均中性脂肪は20%程度の差を認めた。

f:id:tyabu7973:20160501090451j:plain

(本文より引用)
【結論】
 住民レベルの横断研究では、空腹時血糖と脂質測定値にはほとんど差は認められなかった。おそらく脂質測定をルーチンで空腹時に行う必要は無いだろう
 
【批判的吟味】
・平均年齢 52.8歳、女性53.1%、T-Cho平均 183.4、平均HDL 55.2、平均LDL 103.3、平均TG 127.6だった。
・住民レベルの大規模検証であり、十分なサンプルサイズがあると言える。
・今回集団での検証にしたため、個別の基礎疾患や合併症の交絡を完全に排除できているかは不明です。それぞれの空腹時間の患者の背景データは本当はpropensity matchするなどして交絡排除に努めるべきかもしれません。
・TG>400mg/dLでLDLを計算算出していない。

【個人的な意見】
 コメントでも書いてありましたが、空腹を要求されるということは存外面倒なことです。また、意外と患者さんや検査室の技師さん、栄養士さんなどは気にしています。あまりこだわりすぎると、通院アドヒアランスが下がると言われ、本末転倒です。
 

✓ 脂質値測定の際にルーチンで空腹にする必要なし