読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

Dトレ(ポリファーマシー連載5月号):これがないと眠れないんです・・・

新連載第2回目です。
なんとか頑張って書いていこうと思います。
ご興味ありましたら是非。「治療」か「薬局」どちらかに掲載されております。

1)症例  88歳男性

 88歳男性。1ヵ月前に尻餅をついて腰椎圧迫骨折の診断で入院となった。入院後、鎮痛薬投与とコルセット装着で徐々にリハビリを行い、現在は歩行訓練中。腰痛は入院時と比べるとかなり軽減されてきている。病状が落ち着いてきたところ、今まで内服していた薬剤を見直したいということで内科の外来を受診された。
 外来には家族も同伴。本人は認知症になるのを心配している。夜はよく眠れている。 血圧は98/56mmHg、脈拍 62回/分、整、胸腹部に異常所見なし。長谷川式知能スケールは23点。 既往歴は、30年ほど前から高血圧、胃潰瘍で近医に通院している。胃潰瘍は出血性ではなく、繰り返してもいない。基本的には一人で受診しているため、内服薬の処方経緯は不明。過去に脳梗塞心筋梗塞はない。
 内服薬は、かかりつけA病院と当院の整形外科からそれぞれ処方されている。当院の処方は今回の入院から。最近変わったクスリは1ヵ月前に精神的に不安定でデパスの内服が開始となっていた。 

かかりつけA病院より
アムロジンⓇ 錠10mg 1錠/分1朝食後 81.6円
・ブロプレスⓇ錠8mg 1錠/分1朝食後 135.6円
ガスターⓇOD錠20mg 1錠/分1朝食後 46.4円
レンドルミンⓇ錠0.25mg 1錠/分1眠前 26.4円
デパスⓇ錠1mg 3錠/分3毎食後 39円
・リピトールⓇ錠5mg 1錠/分1朝食後 56.5円
アリセプトⓇ錠5mg 1錠/分1朝食後 334.7円
・サアミオンⓇ錠5mg 2錠/分2朝夕食後 64.6円
・アレグラⓇ錠60mg 2錠/分2朝夕食後 143.8円
当院整形外科より
・セレコックスⓇ錠100mg 2錠/分2朝夕食後 137.4円
ムコスタⓇ錠100mg 2錠/分2朝夕食後 32.8円
・アルファロールⓇCap 0.5μg 1C/分1朝食後 42.1円
・ボナロンⓇ錠35mg 1錠/分1起床時 週1回 646.5円
合計 1233.3円/日

 

質問)本症例および内服している薬剤について正しいのは以下のどれでしょうか?1つ選びなさい。

A.ベンゾジアゼピン系薬剤は長期間飲んでいても同等の薬効がある。
B.転倒リスクになる薬剤はベンゾジアゼピン系薬剤のみである。
C.ベンゾジアゼピン系薬剤の長期処方の害が出ており、必ず中止するべきである。
D.デパスⓇ内服は開始後1ヵ月程度でも依存症状は出る。
E.レンドルミンⓇは転倒リスクが高いため、Z-drugであるマイスリーⓇに変更すれば安全である。 

Key Learning Points!)

ベンゾジアゼピン系薬剤の問題点は耐性と依存性と離脱症状
ベンゾジアゼピン系薬剤の効果と主な副作用を整理しよう!
・長期内服している患者さんでは、継続について患者さん・ご家族とよく相談


興味のある方は続きを雑誌をご確認ください! 

治療 2016年 05 月号 [雑誌]

治療 2016年 05 月号 [雑誌]

 

 

薬局 2016年 05 月号 [雑誌]

薬局 2016年 05 月号 [雑誌]