読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

ACPJC:Therapeutics 80歳以上のNSTEMIや不安定狭心症患者で、侵襲的な治療戦略は心血管アウトカムを改善する

ACPJC Lancet 論文 高齢者 循環器

ACPJCです。
80歳以上のエビデンスが少しずつ出てきていますね。
なんといってもこの研究グループの名前が「After Eighty study investigators」ですからねえ(笑)

f:id:tyabu7973:20160523055705j:plain

Invasive versus conservative strategy in patients aged 80 years or older with non-ST-elevation myocardial infarction or unstable angina pectoris (After Eighty study): an open-label randomised controlled trial. 

Tegn N, Abdelnoor M, Aaberge L, et al; After Eighty study investigators. 

Lancet. 2016;387:1057-65.


臨床上の疑問:
 80歳以上のNSTEMIや不安定狭心症患者で、侵襲的治療戦略は保存的治療戦略と比較して心血管アウトカムを改善するか


方法:
①デザイン:ランダム化比較試験(RCT)
。After Eighty study。

②割り付け:隠蔽化

③盲検:非盲検

④フォローアップ:平均1.5年

⑤セッティングノルウェイ南西部の16箇所の教育病院

⑥患者457人の80歳以上の高齢者(平均85歳、51%女性)でNSTEMIもしくは不安定狭心症患者が組み入れられた。心電図のST低下はある症例とない症例があり、トロポニンTやIも上昇も正常もいた
 除外基準は、胸痛や虚血症状が持続し臨床的に不安定な患者や心原性ショック、持続的出血、直近12ヶ月以内の致死的合併症のある方、精神疾患患者。

⑦介入侵襲的治療戦略とは、早期の冠動脈造影で緊急でPCIやCABGが必要かを評価しさらに適切な内科治療(Optimum medical treatment:OMT)を提供する群(n=229人)で、保存的治療戦略は適切な内科治療(OMT)のみを提供する群(n=228人)だった。

⑧アウトカム:プライマリアウトカムは複合アウトカムで、心筋梗塞・緊急血行再建の必要性、脳卒中、死亡を複合した。セカンダリアウトカムは、プライマリアウトカムの各コンポネント。

⑨フォロー率:100%(ITT解析)

結果:
 侵襲的治療戦略群が有意に複合アウトカムを減らした(RRR 35%、NNT 5:4-8)。
 それぞれのアウトカムでは、心筋梗塞や緊急血行再建は減らすが、脳卒中や全死亡は統計学有意には減らさなかった。

f:id:tyabu7973:20160523055713j:plain

(本文より引用)

結論:
 80歳以上のNSTEMIや不安定狭心症患者で、侵襲的治療戦略は保存的治療戦略と比較して心血管アウトカムを改善する

 興味深いですね。そしてNNTすごすぎ!。5ってあなた。ただ複合アウトカムマジックは健在なので、心筋梗塞や血行再建を減らしているのが全体に効いているということですよね。
 侵襲的治療群の82%に1つ以上の狭窄病変があり、63%が侵襲的治療(PCI 107件、CABG 6件)を受けたのだそうです。ちなみにサブ解析で90歳以上も解析され、そちらでは有意差が出なかった模様で、年齢毎にさらに層別化してリスク評価を行うべきでしょうとのことでした。