読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

ACPJC:Therapeutics バレニクリン/ニコチン置換療法の組み合わせ/ニコチンパッチは6ヶ月後の禁煙率に差が無い

ACPJC 論文 薬剤 禁煙

ACPJCです。
禁煙も薬の効果は玉石混淆といったところでしょうか。
今年から少しずつ禁煙外来の経験を積んでいますが、なかなか興味深いです。

f:id:tyabu7973:20160531064317j:plain

Effects of nicotine patch vs varenicline vs combination nicotine replacement therapy on smoking cessation at 26 weeks: a randomized clinical trial.

Baker TB, Piper ME, Stein JH, et al.

JAMA. 2016; 315:371-9.

 

臨床上の疑問:
 成人喫煙者でバレニクリン・ニコチン置換療法の組み合わせ・ニコチンパッチの6ヶ月後の禁煙率という効果の比較は


方法:
①デザイン:ランダム化比較試験(RCT)

②割り付け:隠蔽化

③盲検:非盲検

④フォローアップ:終了後6か月および1年

⑤セッティング:米国ウイスコンシン州、ミルウォーキー・マディソン

⑥患者1086人の18歳以上(平均48歳、52%女性)で、5本/日以上喫煙しており、禁煙したいと思っていて、禁煙治療を受けておらず、電子タバコは使用していない患者が組み入れられた。
 除外基準は、呼気CO濃度<4ppm、無治療高血圧>200/100mmHg、透析中の末期腎不全、中等度〜重度のうつ、過去10年以内の精神病、5年以内の自殺企図や希死念慮、過去に脳卒中心筋梗塞心不全、糖尿病での入院歴、ブプロピオン使用中、2種類以上のタイプのタバコ使用

⑦介入バレニクリン 1mg2錠/日群(424人)、ニコチンパッチ毎日群(14mg-21mg/8週、14mg/2週、7mg/2週)+ニコチン飴 2-4mgを5個/日の置換療法組み合わせ群(421人)、連日ニコチンパッチのみ群(241人)を12週使用した。

⑧アウトカム:プライマリアウトカムは6ヶ月後の禁煙率(自己申告およびCO<5ppmで確認)。セカンダリアウトカムは、治療開始1週間の24時間以上の禁煙率、1年後の禁煙率とした。
 6ヶ月後の禁煙率の増加(ニコチンパッチが24%、バレニクリンやニコチン置換組み合わせが34%)を認めるために1001人の患者が必要だった。(80%検出率、両側検定、α=0.05)

⑨フォロー率:84%(ITT解析)

結果:
 結果は下記の通りで、バレニクリン・ニコチン置換療法組み合わせ・ニコチンパッチのみで、禁煙効果に有意差を認めなかった。

f:id:tyabu7973:20160531064327j:plain

(本文より引用)

結論:
 成人喫煙者でバレニクリン・ニコチン置換療法の組み合わせ・ニコチンパッチの6ヶ月後の禁煙率は差を認めなかった

 あまり効果に差は無いのはなかなか興味深いですね。ブプロピオンをちゃんと比較したら?とコメントされてましたが、日本では使用できないですよね。もし、効果に差がないのであれば選択する基準として、副作用は考慮すべきです。例えばバレニクリンはニコチン置換療法よりも有意に嘔気の頻度が多いです(37% vs 9.7%)。また費用も馬鹿には出来ません。

【指定第2類医薬品】ニコレット 96個

【指定第2類医薬品】ニコレット 96個