読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

論文:Prospective cohort 妊娠中のアセトアミノフェン使用と小児期の行動異常との関連

妊娠中のアセトアミノフェン使用と小児期の行動異常との関連
Association of Acetaminophen use during pregnancy with behavioral problems in childhood

JAMA Pediatr. 2016;170(10):964-970.

【背景】
 アセトアミノフェンは妊娠中の多くの女性に使用されている薬剤である。研究では、妊娠中のアセトアミノフェン使用は胎児の神経発達異常と関連している事が示唆されている。しかし、この可憐はアセトアミノフェン使用者における未測定の行動における交絡因子が存在する可能性がある
【目的】
 子供の行動異常とアセトアミノフェンの関係を評価する。具体的には、
①出生前アセトアミノフェン使用
②出生後アセトアミノフェン使用
③パートナーのアセトアミノフェン使用
の3つの時期を評価する。
【デザイン・セッティング・患者】
 2015年2月から2016年3月までにAvon Longitudinal Study of Parents and Children(ALSPAC)という前向きの出生コホートを利用した。ALSPACに組み入れられた7796人のお母さんが対象で、1991-1992年に出生した子供とパートナーも調査対象となった。
【曝露】
 アセトアミノフェン使用は妊娠18週・32週時点および出産後61か月(5歳1か月)で質問紙標を用いて評価された。
【メインアウトカム】
 小児が7歳になった時点で、行動異常に対する母親の報告であるStrength and Difficulties Questionnarie(SDQ)を測定した。小児の行動異常のリスク比(RR)は、出産前・出産後・派トナーのアセトアミノフェン使用毎に交絡因子を調整して推定された。
【結果】
 妊娠18週(n=4415人;53%)および32週(n=3381人;38%)時点でのアセトアミノフェン使用は、行為障害(RR 1.42:1.25-1.62)や多動障害(RR 1.31:1.16-1.49)と関連していた。また、32週時点でのアセトアミノフェン使用は、感情的な症状(RR 1.29:1.09-1.53)や全体的な評価(Total difficulty)(RR 1.46:1.21-1.77)とも関連していた。

f:id:tyabu7973:20161016152511j:plain

(本文より引用)
 出生後(n=6916人;89%)やパートナーの使用(n=3454人;84%)のアセトアミノフェン使用では関連なし。出生前の母胎アセトアミノフェン使用は、SDQの全ての項目と関連しており、出生後やパートナーでの使用も調整しても結果は変わらなかった。
【結論】
 出生時期にアセトアミノフェンに曝露した小児は、複数の行動障害のリスクが増加し、アセトアミノフェン使用と関連した未知の社会的要因や行動要因によっては説明できないと考えられた。
 この結果は、公衆衛生上のアドバイスという意味合いもあるが、更なる研究によってこれらの結果が再現され、機序が明らかになることも必要とされている。

【批判的吟味】
・まずは論文のPECOから
P:1991-1992年に出生した小児7796人
E:母胎へのアセトアミノフェン投与(妊娠18週・32週)
C:コントロール群
O:7歳時点でのSDQ
T:前向き観察研究
・SDQは厚生労働省のHPに掲載されていました。情緒・行為・多動・仲間関係・向社会性などで評価されるんですね。

Strengths and Difficulties Questionnaire|厚生労働省

・批判としては、アセトアミノフェンの適応が何だったかが不明であることだそうです。最も多いのは頭痛・筋骨格系問題・感染症等。
・アセトアミノフェンの用量や治療期間は不明。妊娠3か月中に毎日使用していた患者は0.3%だったというデータはある。

【個人的な意見】
 結構衝撃でした。そして、周産期トラブルではなく、7歳時点の行動異常に関連するとは・・・周産期の薬剤投与の影響がこんなに先だと本当に難しいですね。
 確かに機序の解明は必要だけどなあ。

✓ 妊娠中のアセトアミノフェン使用は、小児期の行動異常と関連する