栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

症例:NEJM 右手中指の痛み・アザ

case report。
これは本当に嬉しいです。
山本先生、尊敬です!
ということで一発診断!

症例:66歳女性 右手中指の痛み・アザ

n engl j med 376;26 nejm.org June 29, 2017

 生来健康な66歳女性が右手中指に突然発症した痛みとアザで外来を受診された。3週間前に同様のエピソードがあったが、数日以内に自然に改善していた。特に内服薬は無く、最近の外傷歴もなし。
 身体診察では、右手中指の皮下血腫・腫脹を認めたが、CRT正常、感覚正常だった。指の色は寒冷曝露でも変化しなかった。検査では血小板正常、凝固正常だった。

f:id:tyabu7973:20170712213318j:plain

(本文より引用)

質問. 診断は

 

回答:
診断:Auhenbach's syndrome

 

解説:

 臨床診断はAuhenbach症候群である。Auhenbach症候群は指および手の発作的で自然軽快する皮下出血を特徴とする症候群である。原因は不明だが、自然に改善する。患者は突然の痛みと出血による不安から医療機関を受診するので、適切に診断することで不安を軽減することができる。
 本患者の症状は1週間以内で治療無しで自然に軽快した。