栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

今週のカンファ:低カルシウム血症の鑑別/腐食性食道炎の原因/膀胱直腸障害に対する直腸診

カンファまとめ久々に。
相変わらず皆様色々ご経験が豊富でして・・・笑
それにしても色々来るなあ

低カルシウム血症の鑑別 DDx for hypocalcemia

 あとで調べるための備忘録的に・・・

f:id:tyabu7973:20170909233032j:plain

 ✓ 低カルシウム血症の原因は多彩
 

腐食性食道炎の原因 Cause of corrosive esophagitis

 何だか最近続いているので、その原因をおさらいしておきます。基本的にはアルカリ類の摂取が原因と言われていて、洗剤や洗浄剤、漂白剤などの化学物質が多いとおされています。
 おもしろ報告では、
・ウォッカ大量飲酒による症例報告

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjgs1969/40/10/40_10_1661/_pdf

・ピコスルファート

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4323436/

ホルマリン症例などもある様です。

 いやあ怖いですね。あと、意外と鑑別が難しいのが急性食道壊死があり、別名黒色食道とも言われています。この場合の原因は、広域抗菌薬、感染症(カンジダ・サイトメガロ・Klebsiella)、食道裂孔ヘルニア、糖尿病、DKA、繰り返す嘔吐の結果などに起こるそうです。この辺り疾患概念の整理が必要そうな印象があります。

✓ 腐食性食道炎と急性食道壊死(黒色食道)の原因整理

 

膀胱直腸障害に対する直腸診 Digital rectal examination for bladder and rectal disturbance

 膀胱直腸障害はある?ってカンファレンスで聞かれることはよくありますよね?で、「直腸診は大丈夫でした」みたいな返事になる事もあります。ただ、実は直腸診以外もきちんと見ないと不全型の膀胱直腸障害は見落としてしまう可能性があります。
 
 仙骨領域の病変による膀胱直腸障害があるかの評価として

 

  • 肛門周囲の感覚 Perineal sensation to light touch and pinprick
  • 球海綿体筋反射 Bulbocavernous reflex, S3 or S4
  • アナルウインク Anal wink, S5
  • 直腸の緊張 Rectal tone
  • 尿閉 Urine retention or incontinence
  • 持続勃起 Priapism

あたりも評価することは重要です。
アナルウインクは肛門周囲を引っ掻いた際に肛門が収縮するか、同時に肛門周囲の感覚低下がないかもチェックポイントです。この辺りは直腸診の際に一緒に評価します。直腸の緊張も随意・不随意両方評価が必要です。

仙骨領域の反射としては、球海綿体筋反射も含めると、ABC反射と呼ばれるマニアックな反射があり、
・肛門反射(anal reflex)
 直腸診の際に肛門を指で刺激すると肛門が収縮する
・球海綿体筋反射(bulbocavernous reflex)
 男性では亀頭部、女性ではクリトリスを刺激すると肛門括約筋が収縮する
・挙睾筋反射(cremasteric reflex)
 これは所謂精巣挙筋反射ですね。
が重要です。

 

  ✓ 膀胱直腸障害評価の際にチェックするポイントのおさらい