栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

地域医療ジャーナル 10月号:冷酷なエビデンス

10月号発行です。
今月は企画特集「冷酷なエビデンスです。
多彩な記者が様々な視点からエビデンスの冷酷性を触れています。

 

cmj.publishers.fm


以下Editorialより一部引用します
 高齢化社会を迎え、医療に対する過度な期待が蔓延している現代。
 それを裏切るかのように、医療の効果が乏しいという医学論文が次々と発表されています。
 そんな「冷酷な」エビデンスについて、ふりかえって考えてみようという企画です。

 期待の治療に効果がないとわかった時、人はどうするのか。
 医療者の真価が問われる場面なのかもしれません。

 本当に冷酷なのはエビデンスか、それとも医療者か。


 まさに最後の言葉が心に響きます。
 エビデンスはあくまでも利用するもの。
 医療者の真価を発揮したいですね!


 私は大変懐かしい薬を取り上げてみました。
 皆様覚えてますかね? 

cmj.publishers.fm



その他の記事として
・音楽療法士の視点から考える、エビデンスと倫理の問題
・「母乳かミルクか」問題と化学的エビデンスと「幸せ」を考えてみた
・冷酷なエビデンスからあたたかな医療へ〜曖昧性、不平等性、個別性〜
・化学療法によるしびれに牛車腎気丸は有効?
・うつ病治療の希望はどこから生まれるか?〜抗うつ薬のエビデンス再考〜
・熱狂のあとに

 などが取り扱われております。

興味のある方は是非ご購読くださいませ。
それではまた来月お楽しみに。