栃木県の総合内科医のブログ

栃木県内の総合病院内科の日々のカンファレンス内容や論文抄読会の内容をお届けします。内容については、できる限り吟味しますが、間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

身体所見:Hutchinson徴候

さて、身体所見シリーズ。今週は"H"です!
これもメジャー。そしてHutchinson先生凄すぎです。

Hutchinson's sign ハッチンソン徴候

【方法】鼻を見る。
【判定法】鼻の先端部に小水疱があるかを確認する。

f:id:tyabu7973:20171110212140p:plain

https://en.wikipedia.org/wiki/Gowers%27_sign#/media/File:Gower%27s_Sign.pngより引用)【疾患・病態】
 Hutchinson徴候の存在は、三叉神経領域の帯状疱疹感染を示唆し、帯状疱疹による眼合併症を示唆する所見と言われている
 一般的には、三叉神経第1枝領域の帯状疱疹が問題になる。三叉神経第1枝の文枝である滑車上神経は結膜に、鼻毛様体神経が鼻尖部に分布しており、同じ神経であることから、鼻尖部が眼合併症と関連すると言われます。
 注意すべきは、三叉神経第2枝は眼窩下神経を介して、鼻翼部に枝を出しており、同じ鼻でも鼻尖部と鼻翼部で支配神経が異なることに注意が必要です。

f:id:tyabu7973:20171110234731p:plain

三叉神経 - Wikipedia


【発見者と契機】
 Jonathan Hutchinson先生が1863年にこの所見を報告し、「帯状疱疹で皮疹が鼻尖部に生じた場合、眼合併症の頻度が高い」としています。Hutchinson先生は、1823-1913年に活躍したイギリスの外科医でした。先日のGowers先生とほぼ同時期です。Hutchinsonせんせいはの凄いのは、外科領域だけでなく、眼科・皮膚科・性感染症・病理の各領域でも活躍し、功績を残したことです。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/ec/Jonathan_Hutchinson_2.jpg/460px-Jonathan_Hutchinson_2.jpg

Jonathan Hutchinson - Wikipedia

 今回ご紹介したHutchinson徴候以外にも多くのHutchinson先生が報告した徴候が存在します。
 そのいくつかをザックリ紹介していきます。

①Hutchinson爪徴候
 爪に黒褐色斑が認められ、それが爪上皮や爪郭部分まで染みだしている徴候。悪性黒色腫を疑う所見。

http://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMicm1009305

②Hutchinson歯
 Hutchinson歯は先天性梅毒で見られる切歯の形成不全によるノッチ。歯冠が小さく先端細りなども特徴。ちなみに臼歯部の形成不全はフルニエ歯という様です。

③Hutchinson瞳孔
 Hutchinson瞳孔は、頭蓋内の占拠性病変によって同側の瞳孔が拡張し、対光反射が消失する所見。これは同側の眼球運動神経の圧迫が原因

④Hutchinsonの3徴
 これは上記先天性梅毒の3徴で、間質性角膜炎・Hutchinson歯牙・第8神経障害を指す

【エビデンス】

 帯状疱疹のHutchinson徴候については、結構過去の研究で報告されております。当初と最近とで少し意味合いが変わりつつあります。

①ある観察研究では、83名の免疫性上患者の急性眼科領域帯状疱疹患者において、Hutchinson徴候と眼の炎症および角膜退化との関係を調べた結果、Hutchinson徴候は、眼の炎症リスクがRR 3.35(1.82-6.15)、角膜退化リスクがRR 4.02(1.55-10.42)と強力な予測因子だと報告されている
 2003 Mar;241(3):187-91. Epub 2003 Feb 11.
 

②米国2001年1月から2010年12月までの帯状疱疹入院患者1911人のレビューでは、三叉神経領域の帯状疱疹は848人(44.4%)で、そのうち実際に眼の合併症を来していた患者は237/848人(27.9%)だった。 
 Hutchinson徴候を呈したのは52/848人(6.1%)であり、37/52人(71.1%)に眼合併症を認めた。一方、眼合併症患者237人のうち、Hutchinson徴候陽性が15.6%だった。
 この文献で見ると、Hutchinson徴候があったとしても3割は眼合併症がないことになりますし、眼合併症全体で見ると15%しかHutchinson徴候が出ないという結果であり、それほど有用な所見とは言えない模様です。

 2017 May;15(5):563-564. doi: 10.1111/ddg.13227. Epub 2017 Apr 18.